« Screening report 10.05.2009 | トップページ | 13.04.2009 People's comments from the Mintaru (Sapporo) screening »

2009年4月13日 札幌・みんたる上映会の感想

去る、4月13日(月)に札幌・みんたるでの上映会でいただいた感想です。ありがとうございました!(すべて原文のまま。日本語・英語)
英語でいただいた分は、英語版ページにも記載しています。

========
イギリスが平和活動に対して、あれほど規制的であることにびっくりした。
それに加えて、日本人の女の子(学生の子)が、学校で通報されるなんてことに、なんて世の中だ、全然戦後じゃないなって思った。
戦争のない世の中を望んでいる人のほうが圧倒的に多いとは思うけど、無関心が戦争したい人をのさばらせるのだと思う。
無関心でいられないことになる前に、なんとかしなくっちゃ。
戦争や原発やめなくっちゃ。
(Yurippe. Gogenさん)
========
すばらしい映画でした!
いっぱい色々なことを思いました。
英国と米国、そして日本。民主主義をうたっていても、実現してはいませんね。
まだまだまだまだ道なかば。
早川さんのような活動が、気づきをうながすキッカケやパワーを与えてくれると思います。
ありがとうございました!
(フジワラトシカズさん)
========
ストーリーの構成がアンバランスだったので、もうエンディングかと思う場面が2度あった。
もう少しブライアン本人の話や映像があった方が良かった。
ナレーションが遅すぎて間延びしていた。
2時間は長すぎる。1時間ぐらいでまとめた方が良いのでは?
(お名前なし)
========
I can't support Brian directly, but I will work on my own field in Japan. I am very encouraged with their activity itself and community of the people. I imagine the cold wind strongly blow them, but support of surrounding people will warm them.
(Koharu Ryuさん)
========
Your protest is great!!
大変良かったです。ブライアンさんがこういう活動をするようになった背景を知りたいなと思いました。
(S・Mさん)
========
オックスフォードユニオンの場面がとても印象的でした。
賛成・反対の議論は、今の日本の現状と比べるとうらやましく思えましたが、ブライアンさんが発言した後は、全てが机上の議論に見えてしまい、先進国の頭でっかちなやり取りが印象的でした。
ブライアンさんの行動や声が本当の人間の想いであると感じました。
ありがとうございます。
(N・Hさん)
========
We have to realize what's going on in the world.
I want to choose love words.
We can change!!
(T・Jさん)
========

|

« Screening report 10.05.2009 | トップページ | 13.04.2009 People's comments from the Mintaru (Sapporo) screening »

映画を観てくれた人々の感想」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Screening report 10.05.2009 | トップページ | 13.04.2009 People's comments from the Mintaru (Sapporo) screening »