« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

2009年5月

Screening report 16.05.2009

I had a screening on last Saturday in my home town, Hachioji, Tokyo. The screening was held in Mt. Takao.

Mt. Takao was rated by the French Michelin Red Guide, and it got  three stars along with the famous tourist spots like Mt. Fuji and Kyoto. You can enjoy the nature and the beautiful scenery unlike the other places in Tokyo. However, there has been a big government project since 20 years ago to build a long motorway which goes right through Mt. Takao. Local people have been protesting against the project to protect the nature of Mt. Takao.

Screening on 16th May was organised by the Mt. Takao's environmental NGO, Kenjyu-no-kai. I met the Kenjyu-no-kai members at the peace demo against G8 summit in Sapporo, 2008. I had been familiar with the British/European style demonstartion, but I was fascinated by the Japanese style protest. Because there were bout 5,000 people with very colourful style joined the peace walk. I could see the Kimono ladies, paper origami cranes, costumed people, and Chin-don-ya (a banc of musical sandwichmen)! I thought it was a collective of Japanese culture! I spoke to the Chin-don-ya people, then I knew they were the member of Kenjyu-no-kai.

I think there are a lot of different styles of protest on many different issues like anti-war, climate change, human rights, and so on. Brian's protest is just one of them. But I assume the reason why I was fascineted by the Parliament Square peace campaign and Kenjyu-no-kai is their colourfulness and unique style even they are facing very serious issue. I was impressed to see their musical sandwichmen style, and also, I was intrigued by their tree house they built in Mt. Takao for their demonstration! So I asked Sakata-san if I could have a screening at the tree house.

I had never seen a tree house before. I just looked it at their website. But the picture was small and not clear, so I wondered how they put the house on a tree.....

On the screening day, the weather forecast was cloudy/rainy. I was a bit worried about the weather and arrived at Takao station.

The sign of Takao station
Dsc03028_re_2

Takao is famous for Tengu (long-nosed goblin)
Dsc03027_re_2

We got off the bus at "Hikage" station. There was a trout fishing place. The liver was beautiful!
Dsc03030_re_2

We walked along the road and wondered where the tree house located. Suddenly, my friend said "Is this tree house?!", we looked up.

Yes!!! It must be a tree house!!!!
Dsc03052_re_2

We walked through the gate and arrived at the small office. I said hello to Sakata-san. Normally, when I have a screening, I have a little meeting with the organiser before the screening. But on the day, we were already very excited about the tree house, so we ran into the tree house!! I took so many pictures and climbed onto the roof, and.....I'm sure I didn't look like the film director.....!!!!

The bridge to the tree house
Dsc03036_re_2

The tree house was hold tightly by the 80-year-old tree. The tree house was made by the staffs. It took a year to build it! (They had weekly workshop to build it with specialists.)
Dsc03056_re_2

The holes for plants.
Dsc03055_re_2

Opening the little window on top, you can go to the roof! (Up to 5 people)
Dsc03044_re_2

Full view of the tree house
Dsc03051_re_2

After enjoying the tree house, the sun was going down. It was my first time to show Brian & Co. outdoors. Behind the screen, there were beautiful green... it was so nice!
Dsc03058_re_2

Staff people prepared the foods and drinks.
Dsc03037_re_2

About 15 people came to the screening. The weather was OK. But I thought Mt. Takao was definitely colder than city of Hachioji. I regretted I only wore normal clothes. During the screening, the foods were delivered, so it was very good timing to warm up.

After the screening and the food, Sakata-san, me and audiences joined the talk. We talked about how we could protest effectively. Demonstration? Petitions? Strike? There are many ways of protest which we and our ancestors have tried. Kenjyu-no-kai also has been trying every possible ways of protests to stop the motorway project. However, like other protests, they are struglling with government pressure, and the government is going to start destroying the Mt. Takao to make the motorway tunnel.... People talked about Brian's protest, and we exchanged the ideas if we did the same thing in Japan, or the cultural and social differences between UK and Japan.

I made the film about the Parliament Square peace campaign, but I do not think the Japanese people can import the style as it is. Because our situation and culture is different from UK. But I think the Japanese people can share the spirit of British style protest, especially their sence of humour. (Also there are things which British people can share the Japanese demonstration style). In practical way, I still don't know how we can protest effectively though....

Many of Japanese people have a negative image against the protest. Some people think the protests (or the protesters) are dangerous, dark, etc. But through the screenings, I met so many Japanese protesters who are very positive and enjoying their act. Kenjyu-no-kai is definitely one of the example!

On this weekend, 23rd May, Kenjyu-no-kai has an even "Jyo-mon Calling" at Hikage-sawa camp site, near Mt. Takao. There are workshops and live music and talk.
http://homepage2.nifty.com/kenju/htm/event.html#event_20090523
(Sorry, it is written in Japanese. But the event is open for everyone:-)

| | コメント (0)

ツリーハウスに夢中!(上映会報告2009/5/16)

一昨日は、私の地元・八王子で初めての上映会がありました。なんと、会場は高尾山です! 

富士山や京都などの超有名観光地と並び、ミシュランで三ツ星に輝いた高尾山。ここには、東京とは思えない大自然が広がっています。しかし、20年以上前から、この高尾山を貫通して走る道路・圏央道の計画があり、地域住民を中心とした人々が、高尾山の自然保護のために活動しています。今回の上映会は、高尾の自然を守る環境NGO、虔十(けんじゅう)の会さんに、私がお願いして実現しました。

圏央道についてはもちろん子どもの頃から知っていましたが、私が虔十の会を知ったキッカケは、昨夏の北海道、G8サミットに反対するピースウォークでした。イギリス、ヨーロッパスタイルのデモしか知らない私は、札幌に全国から集まったカラフルなデモ行進に圧倒されてしまったのです。そこには5,000人以上の人々が思い思いの出で立ちで参加していて、ハッピ、浴衣、千羽鶴、コスプレ、着ぐるみ・・・と、日本文化がそこに集結していたのです! 中でもひときわ目を引いたのが、チンドン屋! 思わず駆け寄り、話しかけると、「高尾山の自然を守る・・・」と言っているではありませんか! こうして私は虔十の会を知ったのでした。

反戦、環境、人権など、様々なテーマについて、色んな活動のスタイルがあると思います。ブライアンのやり方はその中のひとつに過ぎませんが、私がブライアンたちに魅かれたのと、虔十の会に魅かれるのの共通性をあげるとしたら、見た目のカラフルさや活動のユニークさが、問題のシリアスさを超えて(なんだか面白そう!)と思わせてしまうところにあるのだと思います。ピースウォークでチンドン屋に衝撃を受け、さらに彼らのウェブサイトで「高尾山にツリーハウス(木の上の小屋)を建てた」と知った私は、「ツリーハウスで映画を上映してもらえませんか?!」と代表の坂田さんにお願いして、上映ができることに。

自分から頼んだにもかかわらず、ツリーハウスを見たことがない私。ウェブサイトには一応写真が載っていますが、一体これがどう高尾山のなかに存在するのかは、まったくの未知でした。

そして迎えた上映会当日。天気予報は曇りのち雨。確かに朝からどんよりとしたうす曇。天気を心配しつつ、高尾駅につきました。

高尾駅
Dsc03028_re

高尾といえば天狗
Dsc03027_re

「日影」というバス停で降りました。近くに国際マス釣り場があり、川の水はとても澄んでいてキレイ!
Dsc03030_re

指示されたとおりに歩き、少し山道に入ります。ツリーハウスらしきものはなし。・・・果たしてツリーハウスは見つかるのか?!そう思いながら歩いていると、突然友達が「あれじゃない?!」と上を見上げました。

確かに!!!木立の中に、ツリーハウスらしきものがあります!ひゃー。
Dsc03052_re

ツリーハウスへ通じる扉をくぐり、上り坂を少し歩きます。すると事務所のような建物があり、代表の坂田さんと初対面! 挨拶をして、普通上映会前は打ち合わせ風のことをやったりしますが、私たちは挨拶もそこそこに、ツリーハウスを見せてもらうことになりました。もう、上映会の当事者なんて立場を忘れて、写真撮りまくったり、ツリーハウスの屋根に上ったり・・・大興奮!

ツリーハウスへ向かう吊り橋を恐る恐る渡ります。
Dsc03036_re

ツリーハウスは、樹齢80年の木にしっかりと支えられています。しかも、びっくりなのが、このツリーハウス、メンバーの皆さんで週1回1年間、専門家の人に教わりながらのワークショップで作り上げたのだそうです!
Dsc03056_re

木々の成長を配慮して、穴があけられている↓
Dsc03055_re

ツリーハウス内の天井の窓を開けると、屋根に出られます。(5人ぐらいまで大丈夫らしい)
Dsc03044_re

ツリーハウス全景
Dsc03051_re

ツリーハウスを観た後は、段々日が沈み始め、あたりは薄暗くなってきました。映画にとって初めての屋外上映会。スクリーンの後ろには緑・・・かなりいい感じです!
Dsc03058_re

お食事、飲み物を準備してくださったスタッフの方。
Dsc03037_re

開始時間より少し遅れて上映会が始まりました。大体15人ぐらい来て頂いたでしょうか? 心配していた雨も、本降りにはならずに一安心。

映画の途中で、(やっぱり高尾山は気温が低い)と実感。普段着+1枚ぐらいでは、じっと映画を観るのはちょっと厳しいです。・・・が、映画の途中で、お食事が配られました。これはグッド・タイミングです! カレー風味のじゃがいもと、塩味ベースのリゾット。美味しい~~~。さすがに、映画の上映中に監督自ら写真をぱちりと撮るのはひんしゅくを買うと思い、料理の写真は撮影できませんでした。残念!

上映、お食事の後は、坂田さんと私、そして映画を観てくれた方々とのトークです。効果的な抗議活動をやるにはどうしたらよいのか?をメインテーマに話が進みました。デモ? 署名? 座り込み?・・・世界中で色んなスタイルが試されています。高尾山の圏央道も、これまでに署名や座り込みなども試してきたそうですが、状況は厳しく、なんとか工事を始めさせないために何が出来るのか、待ったなしの状況です。ブライアンの抗議活動のスタイルについて、日本で同じことをやったらどうなるのか、その文化的・社会的背景の違いなどについて意見が出ました。

私自身、この映画を作りはしましたが、ブライアンそのままの抗議活動が日本で可能か、という点については、懐疑的です。日本には日本の事情があります。でも、その心意気というか、精神(特にユーモアを持った精神)については、参考になるところがあるかもしれない、と思っています。でも、それではどうすれば・・・という面では、まだまだ模索中です。

抗議活動というと、なんとなく暗そう、辛そう、怖い・・・などのイメージを持っている人は多いかもしれません。でも、私は上映会の開催を通じて、日本にも、楽しみながら、かつ真剣に抗議活動をしている人も多くいるのだということを知って、とても励まされます。虔十の会は、まさにその例です。

5月23日(土)には、虔十の会主催のイベント「縄文Calling」が高尾の日影沢キャンプ場で開催されるそうですので、興味のある方はぜひ!! ワークショップ、ミュージシャンたちを招いたトークなど、盛りだくさんです。
http://homepage2.nifty.com/kenju/htm/event.html#event_20090523

今回の上映会を開催してくださった坂田さんを始めとする虔十の会の皆さま、上映会に来てくださった方々、どうもありがとうございました!!

| | コメント (0)

13.04.2009 People's comments from the Mintaru (Sapporo) screening

I got comments from people who watched Brian & Co. at Mintaru, Sapporo on 13th April 2009. Some people wrote comments in English, so I will introduce them below.

========
I can't support Brian directly, but I will work on my own field in Japan. I am very encouraged with their activity itself and community of the people. I imagine the cold wind strongly blow them, but support of surrounding people will warm them.
(Koharu Ryu)
========
Your protest is great!!
(S.M)
========
We have to realize what's going on in the world. I want to choose love words. We can change!!
(T.J)
========

| | コメント (0)

2009年4月13日 札幌・みんたる上映会の感想

去る、4月13日(月)に札幌・みんたるでの上映会でいただいた感想です。ありがとうございました!(すべて原文のまま。日本語・英語)
英語でいただいた分は、英語版ページにも記載しています。

========
イギリスが平和活動に対して、あれほど規制的であることにびっくりした。
それに加えて、日本人の女の子(学生の子)が、学校で通報されるなんてことに、なんて世の中だ、全然戦後じゃないなって思った。
戦争のない世の中を望んでいる人のほうが圧倒的に多いとは思うけど、無関心が戦争したい人をのさばらせるのだと思う。
無関心でいられないことになる前に、なんとかしなくっちゃ。
戦争や原発やめなくっちゃ。
(Yurippe. Gogenさん)
========
すばらしい映画でした!
いっぱい色々なことを思いました。
英国と米国、そして日本。民主主義をうたっていても、実現してはいませんね。
まだまだまだまだ道なかば。
早川さんのような活動が、気づきをうながすキッカケやパワーを与えてくれると思います。
ありがとうございました!
(フジワラトシカズさん)
========
ストーリーの構成がアンバランスだったので、もうエンディングかと思う場面が2度あった。
もう少しブライアン本人の話や映像があった方が良かった。
ナレーションが遅すぎて間延びしていた。
2時間は長すぎる。1時間ぐらいでまとめた方が良いのでは?
(お名前なし)
========
I can't support Brian directly, but I will work on my own field in Japan. I am very encouraged with their activity itself and community of the people. I imagine the cold wind strongly blow them, but support of surrounding people will warm them.
(Koharu Ryuさん)
========
Your protest is great!!
大変良かったです。ブライアンさんがこういう活動をするようになった背景を知りたいなと思いました。
(S・Mさん)
========
オックスフォードユニオンの場面がとても印象的でした。
賛成・反対の議論は、今の日本の現状と比べるとうらやましく思えましたが、ブライアンさんが発言した後は、全てが机上の議論に見えてしまい、先進国の頭でっかちなやり取りが印象的でした。
ブライアンさんの行動や声が本当の人間の想いであると感じました。
ありがとうございます。
(N・Hさん)
========
We have to realize what's going on in the world.
I want to choose love words.
We can change!!
(T・Jさん)
========

| | コメント (0)

Screening report 10.05.2009

I had a screening on last Sunday at Kiryuu-sha, Shimokitazawa, Tokyo. Kiryuu-sha is a second-handbook shop and cafe. The screening was organised by Masa-san who watched my film at Naked Loft.

The owner of Kiryuu-sha decorated the shop by himself. I've heard it took for a year to make it. The outside and inside of the shop are made from woods. The atmosphere is very relaxing.

The outside of Kiryuu-sha
Dsc03019_re

When opening the door, you can find loads of books in the shop. They are not just a collection of random books. This shop's sheme is "counter culture", so you can find many interesting rare books here!
Dsc03021_re

The owner put the white cloth over the books, then the venue turned into the theatre!
Dsc03020_re

Also, this shop has a loft. It's shame I don't have a picture. Five or six people were on the loft because there was a study event before the screening.

When the screening starts, over 20 people came to see the film. People sat on the chairs, floor, and even on the loft!

After the screening, Masa-san and I started the post-screening talk. Normally, the post-screening talk is about an hour includes some Q&A from audiences. My film itself is 97 minutes, so this is the moderate length of the talk.

However, on the day, so many people joined the talk, and almost everyone spoke about the film, questions, their activities, their concerns, and so on! And the talk continued over two hours!!! Topics are from the difference between the impact of being arrested in Japan and UK, anti-war movement, war and poverty, Food in UK, student union, Korean conscription, etc.

I think, if you say "post-screening talk", people would imagine the director or actors speak about the film. But for me, I wasn't familiar to the peace movement before making the film, and I still don't know much about the peace campaign in Japan. So, I really appreciated people told me about it after the screening. I think "film" is just a tool to communicate/unite people and it is good.

We finished the post-screening talk about 11pm, then about 10 people went to the pub. We had a very good time there for drinking and eating. Then, someone asked "What time is the last train?"

....I didn't care about the time at all. But the day was Sunday and I'm living a bit far away from Shimokitazawa. Someone said the last train for Shinjyuku was coming in minutes, and my train (for other direction) was already over!!!!!!!!!!!!

I was still optimistic, and I thought there was a train from Shinjyuku. So, then I went to Shinjyuku with other people. But I realised there was no way for me to go home from Shinjyuku!! The last train terminated at Musashi-Koganei which was still very far from my flat....

When I lived in London, there was 24h bus service, so I didn't have to care about missing the last train...but now I have to adapt myself to the Japanese system!

I arrived at Musashi-Koganei and went to the 24h restaurant there. I had to stay until the first train at 4.30 am. I was completely worn out in the end!!
Dsc03022_re

| | コメント (0)

まさかの三次会(上映会報告2009/5/10)

日曜日は、下北沢の古本カフェ気流舎で上映会でした。先月、Naked Loftで上映をしたときに観に来られたMASAさんが、気流舎での上映会を計画してくれたのです。夕方19時からの上映にあわせ、少し早めに家を出たつもりでしたが、電車が人身事故で遅れ、さらに下北沢で道に迷い、その辺の買い物客に連れられて15分 遅れで会場入り。

気流舎は、オーナーさんが約1年かけてお店を手作りしたそうで、外観、内装ともに、木の暖かい雰囲気がステキなお店です。

気流舎の外観↓
Dsc03019_re

お店のドアを開けると、壁一面に本がずらり! しかも、セレクトする本のテーマは「対抗文化(=カウンター・カルチャー)」専門。なかなか普通の本屋ではお目にかかれないようなタイトルの本ばかりが並んでいます。
Dsc03021_re

そして、そこに白い布をつるすことで、上映会場に早変わり!
Dsc03020_re

残念ながら写真は撮れませんでしたが、このお店には、中にロフトがついているのです!ちょうどこの日は映画の上映会の前にフランスの抗議活動などについて研究するイベントがあり、イベントに参加された人たちが、ロフトに5~6人登っているではありませんか!

結局上映会は、椅子席、ロフト席ともに満員状態の、約20名ほどとなりました。来てくださった方々、ありがとうございました!

映画の上映後、少し休憩を挟んで、MASAさんとのトーク。通常、これまでの上映会では、私の映画自体が97分と長編なので、トークはせいぜい小1時間が相場です。トークの相手をしてくれる人と大体45~50分ぐらい話して、あとは会場から2~3質問を受け付ける・・・そういうのが、こういったイベントでの暗黙(?)の了解なのだと思います。

しかし! この日のトークは、私とMASAさんが話しているときから、どんどんいろんな人がトークに参加してくれて、なんとトークが2時間以上にも及んだのです!!! ほとんど全ての人が、映画に関する話題から、感想、質問、普段気になっていることなど、話してくれました。話題は本当に多岐にわたり、例えば、日本とイギリスの”逮捕の重み”の違い、反戦運動の根底にある思想は今のままでよいのか、反戦と貧困問題などがもっとつながっていくべきではないのか、イギリスの食生活、学生の自治体、韓国の徴兵制・・・などなど、書ききれないぐらいです。

トークというと、製作者が話すイメージが強いですが、私はこの映画を作るまで平和活動に関わったことはなかったし、イギリスの平和活動についてある程度事情は知っていても、日本については余り詳しくない、という状態。なので、今回のように日本やそれ以外の国で、色んなテーマで活動されている人たちの声を聞けたのは、とても貴重な体験でした。

23時過ぎにトークが終わり、参加してくれた人たちと雑談したあと、餃子の王将に行こうという話しになりました。何しろ19時から23時までの長丁場だったのですから、皆おなかがすいています。私も上映会が終わって安心したら、とたんに何かがっつりと食べたくなってきました。10人ほどで王将へ向かいます。

日曜の23時半頃だというのに、王将は超満員で空席なし。これはちょっと意外でしたが、餃子をあきらめ、近くの居酒屋へ。普通にのんだり食べたりしていたら、「そういえば終電何時?」と誰かが言いました。・・・確かに。私は時計を持ってないので、全く気にしていませんでしたが、日曜日はもともと終電の早い路線も多いですし、下北沢からは一本では帰れません。

新宿行きの最終がもうあと数分で、しかも、私の方面(吉祥寺行き)は5分前に終わってしまったとの事!!(でも、新宿から下りの中央線はあるだろう)と楽観的に考え、新宿行きの人々についていったら、武蔵小金井どまりの電車しか、私には残されてなかったのです・・・!! 武蔵小金井からタクシーに乗るには、ずいぶんありそうな距離で・・・。

ロンドンで生活していたときは、路線バスが24時間運行していたので、終電を気にする必要がありませんでした・・・というのは言い訳にはなりませんが、私はずいぶんゆっくりしてしまったようです。

私以外の人は、新宿、中野近辺だったので、電車がなくなった人は私だけ。「武蔵小金井にはジョナサンがある」と聞き、私は武蔵小金井で下車してジョナサンへ行きました。

まさかの三次会会場、武蔵小金井のジョナサン↓
Dsc03022_re

ここで、始発の4時半までの約3時間を、ドリンク・バーで過ごしました。最初の1時間は余裕でしたが、最後の1時間は時間が止まったように長かったです。やっぱり、ちゃんと終電は調べておかないと、ですね! (いや、でも、日曜の19時からの上映会で、普通は終電気にしないよなぁ・・・)

| | コメント (0)

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »