« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2009年6月

Screening report 20.6.2009

I had a screening on Saturday at MediR (citizen media centre) in Takada-no-baba. The screening was organised by Video Act.

I arrived at the centre half an hour before the screening. Then I met Video Act members. I only contacted with the organiser via e-mail, so it was my first time to see Tsuchiya Tokachi san. He is also a director of the film; A Normal Life, Please).

The screening started at 4pm. There were 10 to 13 people at the screening.

After the screening, I did a post-screening talk with Tsuchiya-san.
Dsc03355_re

"Why did you make the film?" - I think this is the most popular question for me so far. I was asked this time, too. Then I answered as usual, "I got my video camera for fun before studying abroad in the UK, the I learnt how to make films through uploading videos on YouTube. Normally, people don't seem to be impressed by this answer, but this time people were interested in the fact I'm the filmmaker from YouTube!

I think that YouTube (or other internet media) is popular than TV or film, so I am not surprised there are new filmmakers from YouTube. But when I saw their reaction, I changed my idea, probably there are not so many YouTube-based filmmakers in the professional field yet.
Dsc03359_re

I learnt a lot from making YouTube videos. I repeated filming, editing, and uploading videos from Brian to my flatmates. Looking at the videos, then I realised I needed to film buildings or other different scenes when I go to film some events or something. I was thinking "I need to film the event from beginning to the end!", and I didn't think about the entrance scene or audiences. So, now I have to be careful to film everything related to the event. Another example, I used to chat a lot when I interview someone. But when I looked at the footage, I really hated I spoke to the interviewee and talking my opinions!!

Audiences asked me "How did you make relationship with Brian and other protesters?", "How about toilet?", "Did you interview withy pro-war people?", "How did Brian decide to start the 24/7 protest?", etc.

The post screening talk was finished around 6pm, then we had a mini-party in the same venue. Tsuchiya-san bought some beers and snacks. Video Act members, MediR people, and three audiences joined the drink.
Dsc03367_re

People started talking more frankly than the post-screening talk. Since I made the film, I have a lot of opportunities to meet Japanese peace campaigner and independent filmmakers. When talking with them, I realise I don't have that background. This is good and bad. Some peace campaigner said my film looked unique, because most of anti-war films they had seen were dark and negative.

I started to be interested in peace campaign and making film through Brian. Before going to UK, I had never joined any peace activities in Japan, of course I was against wars though.

At the drinking party, some people started to talk about the Japanese flag I used in my film. I used the image when I talk about Japan and Japanese protesters. I used the flag with the image of mass people walking the Shibuya crossing. I intended to express Japanese society's oppression. But the Japanese flag is very controversial background.

The Japanese flag and the national anthem are considered a controversial symbol of the militaristic past of the country.
http://en.wikipedia.org/wiki/Hinomaru

I edited my film in the UK. Because the history of Parliament Square is very long and complicated, and I had to understand all the dialogues in the footage, so I needed the help from Paul and other people. I was the only Japanese who watched the film before its made. When I was making the Japanese part and the flag, I was thinking about the shape of the red circle (it was a bit ellipse in the beginning, so modified it to the perfect circle), but not about the background history!!!!

I think of myself, I am the person who prefer not to reveal the story until it done. I don't want to show the procedure of the making. But I started to think it may be a good thing to show the un-completed film to different people who are familiar to the issue and get advise from them. I have seen my film well over 100 times, but lots of things I didn't realise until I showed to other people! I'm sure I would not realise even watching it over 1,000 times by myself!!!

Director Kamanaka Hitomi san has a style of making video letters and showing them before completeing her final films. I think it is a good idea. Because she can get people's comment and reaction, then continue her filming on the issue. I think there are not so many filmmakers who can have a long-term filming budget, but I definitely think I want to get a lot of advise during making a film in future!!

About Video Act (English page)
http://www.videoact.jp/english/index-e.html

| | コメント (0)

丸か楕円か?(上映会報告2009/6/20)

土曜日は、高田馬場の市民メディアセンターMediRでの上映会でした。この会場で上映をするのは2度目ですが、今回の上映会を主催してくれたのはビデオアクトさんです。

上映会が始まる30分ぐらい前に会場に到着し、ビデオアクトのメンバーの方々に挨拶しました。今日の上映会を担当してくれた土屋トカチさんは、これまでメールだけで連絡を取り合っていたので初対面でした。土屋さんはドキュメンタリー映画「フツーの仕事がしたい」の監督さんでもあります!

16時を過ぎ、上映が始まりました。大体お客さんは10~13人ぐらいでしょうか(←いつもちゃんと数えたいと思いつつ、数えたことがありません・・・)。上映は無事終わり、小休憩のあとは土屋トカチさんが進行役となり、トークをしました。
Dsc03355_re

「どういうキッカケでこの映画を作るようになったのか?」というのは大体どこでも聞かれる基本的な質問ですが、「趣味のつもりでビデオカメラを買って、YouTubeへの投稿を繰り返してやり方を学んでいった」というのに、「へえ~、YouTubeで!」という反応があったのは、今回が初めてでした。

YouTube全盛の世の中ですからこんな人はたくさんいるんじゃないかと思うのですが、それでもまだ映画作りに関わるプロの人たちの間では「YouTubeが出発点」という人は少ないのでしょうか? 私は自分が撮影→編集→YouTubeへの投稿を通じて、例えば「何かのイベントを撮りにいくとしたら、イベントだけじゃなくて会場の建物や他の映像も撮っておかなきゃいけないんだ」とか、「インタビューのときに、話を聞いている自分の相槌がうるさいなあ~。人の話は黙って撮影しなくちゃ」など気がついていったのです。

会場の方からの質問では、「どうやってブライアンたちに受け入れられるようにしたのか?」、「ブライアンたちのトイレは?」、「戦争賛成の人たちにインタビューをしたか?」、「ブライアンはどんなキッカケでパーラメントスクエアに留まって抗議活動をすることになったのか?」などがあり、私は相変わらず1の質問に対して5も10も話してしまい、時間がだいぶ押してしまいました・・・!
Dsc03359_re

18時ごろに上映会は一旦お開きとなり、会場はそのままで懇親会を開いていただきました。ビデオアクトのメンバーの方に、メディアールスタッフの方、そしてお客さんも3人ほど混じり、ビールで乾杯!
Dsc03367_re  

上映会よりも懇親会のほうが打ち解けて色んな話が飛び交いました。私は、この映画を作ってから、自主映像作家の方や平和活動に関わっている方に会う機会が増えましたが、そういう方たちとお話していて思うのは、ずっと平和活動や自主映像製作に関わってきた方々とは、自分の出発点はずいぶん違うんじゃないかなということです。それがプラス効果を生む場合もあれば(新鮮な感覚に映ったり、反戦映画なのにポジティブな雰囲気が流れているとか)、マイナス効果となる場合もあります。

私はイギリスに行ってブライアンたちと偶然知り合ったことがキッカケで、平和活動と映像製作に興味を持ちました。なので、日本の平和活動や映像製作の実情をほとんど知らないわけです。だからこそ、しがらみなく、怖いもの知らずで映画を作ってみようと思えた反面、日本の平和活動の人からみたら驚かれるような映像も入れてしまったりするのです。

懇親会では、私の映画の中で登場する「日の丸」の話題になりました。映画で、日本を語るシーンがあり、そこに日の丸映像が入っています。私としては、日の丸と渋谷の交差点映像を重ねることで「抑圧された日本のイメージ」としたわけですが、でも、日本で平和活動をやっている人たちからは「ぎょっとした」とか「何であんなの入っているの?」と言われることもあります。私は映画の全体の構成の流れから考えれば、私がプラスイメージで使っていることでないことは明らかと考えていたのですが、あれは自分が思っていた以上にすごいものなのだ、と自分の認識の甘さを感じました。

私はこの映画をイギリスで編集しました。というのも、ブライアンをめぐる状況というのは、法律のグレーゾーンを多く含んでいて、非常に複雑だからです。インタビュー内容、法律共にきちんと理解しないと映画が作れないため、半年の観光ビザでイギリスに再入国し、イギリス人に協力してもらいながら映画の編集作業をしました。なので、この映画は完成するまで日本人は私以外誰も観ませんでした。日の丸について、イギリス人から唯一あったコメントは「赤い部分がちょっと楕円じゃない? フォトショップで修正しないと」というグラフィック的なものだけです!!!!!!! これじゃあマズイ! そしてナレーションの録音もイギリス人に手伝ってもらいましたが、かろうじて「コンニチハ」が言える位の彼らにとって、私のナレーション原稿の長さや句読点、読み方のスピードなんて、判断のしようがありません。「日本語って歌みたいだね」って言われたぐらいです! そんなわけで、この映画の製作過程において、日本人の目、さらには日本で平和活動や映像製作に関わる人の意見は皆無だったのです。

私は、性格的なものか、なんとなく完成するまで秘密主義にしていたいと思う気持ちがあります。製作過程を人に見せたくない、みたいな。しかし、信頼できる映像製作者などに製作途中を見せてコメントをもらったり、議論することはとても大事なのではないかと思うようになりました。映画はテレビのニュース番組ではないのだから、新鮮さが売りなのではなくより良い質のものを目指すためにも、意見してもらい多方面から考えることが必要です。これまで私は自分の映画を多分100回以上見たと思いますが、他人にみせて言われて初めて気がつくということは多くありました。自分ひとりでは、多分1000回観たって気がつかなかったでしょう!

鎌仲ひとみさんなどは、本編の完成前に製作途中のものをビデオレターとして上映会をするスタイルをとっていますが、あれ、すごく良いアイデアじゃないかと思います。そこで意見をもらったり、人の反応を見ながら、更に取材を続ける・・・。それだけ長い製作スタンスと途中上映ができる恵まれた環境にいられる監督は少ないかもしれませんが、今後私が何か作るときは、他人の目を必ず入れたいです。丸か楕円かレベルではないコメントを・・・!!

そんなことを考えた上映会でした。上映会を開いてくださったビデオアクトの皆さま、そして会場に観に来てくださった方々、どうもありがとうございました!

追記:

ビデオアクトについて
http://www.videoact.jp/
 
自主ビデオの普及・流通プロジェクト
今まで、自主映像制作者ならおそらく誰もが頭を抱えていた"普及・流通"の問題を解決するために立ち上げられたプロジェクトが、このビデオアクトです。自主制作映像作品が、"作るから拡げる"という段階に入った現在、ビデオアクトはもうひとつの映像ネットワークとして、様々な映像作品の普及・流通を一手に引き受けます。作った人から見たい人へスムーズに映像を手渡せるシステムを整えることによって、インディペンデント・メディアの状況もより活性化することでしょう。そして、「あそこに聞けば自主制作映像のことは何でもわかる! 」と言われるような自主映像制作者のコミュニティー・センター的な役割を果たせるようになれば、と思っています。(VIDEO ACT!ウェブサイトより抜粋)

現在、ビデオカタログ第7号発行のため、掲載作品を募集中だそうです♪
http://www.videoact.jp/catalog/ca7boshu.html

私も自分のウェブサイト上や上映会場でDVDを販売していますが、”知る人ぞ知る”のかなりマニアックな販売網に留まっていますので、掲載してもらおうと思っています~。

| | コメント (0)

Screening report 6.6.2009

I left my flat on Friday night for the screening in Kyoto. I got on a highway bus from Shinjyuku, then I arrived in Kyoto station on the next morning.

On the bus, I felt very hot, so I couldn't get much sleep. I was very tired when I got off the bus. It was still very early in the morning. I had an appointement at noon to interview some people at Kyoto University, then screening would start at 6, so I wondered how I could kill my free time. There were no 24hour restaurants, so I walked around carring my heavy luggage.

I found a shrine, and laid on the stone bench. Then I slept for three hours!!! When I woke up, it was already 10, then I jumped out from the stone bench. I felt very good because of the sleep, but I thought it was not safe sleeping in the public space with all my belongings!!

I had a breakfast, then I headed to Kyoto University. I heard the weather forecast was cloudy/rainy, but the weather was very good and fairy hot. On the way to the university, I bought a bag of rice for the people I was going to see.

The symbolic clock tower and the camphor tree of Kyoto University.
Dsc03134_re

Well, why did I come to the uni? Because I was going to interview 'Union Extasy' (cool name!!)' members. Union Extasy was formed in 2007 in order to against the university admin's regulation of "5 year rule".

The university made the rule for temporary workers, their annual contract would renew up to 5 years. Half of the university employees are "temporary" workers (over 2,600 people!!). But their job and responsibility are not "temporary" at all, they are just employed as "temporary" to reduce personnel cost.

University admin explains why they have 5 year rule, because if they renew the contract so many times, employees "expect" to be hired like full time workers, so they stop hiring person 5 years later whether the person is very able or not.

Union Extasy's blog (Japanese only)
http://extasy07.exblog.jp/

Ex Kyoto University's temporary workers, Inoue-san and Ogawa-san are the main member of Union Extasy. They are against the 5 year rule and squatting the place under the uni's symbolic camphor tree until university admin agree with having meeting with Extasy Union. They also opened  "Kubi Kubi cafe" (lay-off cafe) under the tree!

The sign of Kubi Kubi cafe
Dsc03117_re

Inoue-san recently vacated his flat and he brought all his household effects to the cafe and living here. He used to work in the uni's library, so he likes books. Most of his household effects are tons of books!! So, he started to sell his book collections when the weather is good.
Dsc03119_re_2

The day I visited them, the weather was very hot, but under the camphor tree, I felt very cool and comfortable. They explained to me why I could feel good under the tree, because the camphor tree has essential oil in it and used to aromatic products. I see!!
Dsc03118_re

Cafe's menu is several kinds of coffee (they roast here!), tea, cocoa, herb tea, etc. Customers pay the fee as donation. But price of the drink depends on customer's income (if his/her annual salary is 2,000,000 yen (10,000 pounds), the price of the coffee is 200 yen (1 pound). Inoue-san and Ogawa-san  are unemployed since April, so Union Extasy's activities are supported mainly by the danation from the cafe.

Roasting coffee beans!!
Dsc03137_re

I heard 2,600 people are employed as temporary workers to Kyoto University. So, I thought it must be very powerful if all of them go on strike for a day. Kyoto University would go panic so easily because half of the employees go on strike. I asked Union Extasy about the idea. They said "We started the union and the strike without thinking carefully. Now I think we should have planned carefully before starting."

Most of the other temporary workers have sympathy with Extasy Union, but they worry about their contract renewal stopped by joining the union. So, they are not satisfied by the situation, but they can't do anything about it. Some temporary workers visited them at night and gave cold remedy, left very quickly...

I can understand both situations. But if we don't protest, our rights are neglected by the authorities. If someone stand up with courage, but he/she can't get support from people, the movement will not get bigger... What I can do about this? I don't know, but one thing I can do is letting people know problems and report their activities to get support... I'm still trying to do many different ways.

University admin still not having meeting with Union Extasy. Addition to that, they sued the union for squatting the university premise!! They even said "the tent is eyesore", "cause damage to the camphor tree".....!!!! It reminds me the infamous London GLA!!!!

Union Extasy has been squatting over three month now. If you have a chance to go to Kyoto, please visit their Kubi Kubi cafe. You will get very delicious coffee :-)

I realised the time was already 4 pm, so I headed to the screening venue, Hito-machi Koryu-kan.

Outside of Hito-machi Koryu-kan Kyoto.
Dsc03142_re

Today's event board
Dsc03144_re

The screening room was on the third floor. I met the today's organiser, Peace Movie-ment. It was my first time to see them face-to-face!

The screening room....too big!!
Dsc03146_re

I was told that I had to post-screening talk by myself. It was kind of a lecture-style talk, but I had never tried. The talk was 30 minutes, the questions from audiences were 30 minutes.

I was a bit nervous about the lecture-style talk, because normally I had post-screening talks with someone who ask questions to me and lead the conversation. But if I have to talk by myself, I don't know about the peace movement in Kyoto, so I don't know what subjects attract audiences!

On the other hand, I was interested in having talk by myself, too. I found myself quite enthusiastic about making film and telling British peace movement to Japanese people. So, I thought I wanted to try. I don't believe there will be miracle without effort. So, I wrote down all topics I wanted to talk. It became 3 pages on A4 paper.
Dsc03152_re

After the screening, I did my first lecture-style talk! I talked about how I met Brian, why I wanted to make a film, inside story of Brian & Co, freedom of speech in Britain, other British famous protest groups, etc. These topics I chose were the questions I was often asked from audiences.
Dsc03155_re

When I started talking, I realised my way of talking changed along with the audiences' response. I was the only person who spoke, but I felt audience reaction and it decided me to talk more in details!! Especially, I felt Kyoto audiences were interested in protest, so I talked a lot about the topic.

When I talked half of my list, I looked at the clock and I found I had only 5 minutes! So, I couldn7t talk all of the topics I prepared. I have to  care about time procession.

In the Q & A session, I got a lot of questions, comments and advises from audiences. For example, "Does British media report war better than Japanese media?", "Are you going to film Brian in future, too? I hope so!", "Have your life changed after making this film?", "Does Brian have trouble with other people?", "You should appeal more about it is your first film, it will encourage others to make film, too!" etc.

Time was up, so the screening ended. After the screening, me and the staff members, and audiences went to the Japanese style restaurant/bar.
Dsc03156_re

In the restaurant, I was happy to listen what other people do in their daily lives. One guy said, he graduated Kyoto university. He explained the rough and unrefined character of the uni, student dormitory (some dormitory was functioned like sanctuary; some exile people are living over decades, they are nothing to do with the uni!!). My university in Tokyo was not politically active, so I was very surprised to hear those stories!

The party finished around midnight, then I stayed at the hotel near Kyoto station.

On the next day, I had still enought time to look around Kyoto city because my highway bus was goint to depart at 10:30 pm. I went to Gion town where it is famous for Maiko (apprentice geisha).

It is like feeding frenzy!! What!!??
Dsc03173_re

It reminded me of the chaos at London demonstration! They tried to take photos of Miko!
Dsc03172_re

I could take a photo, too :-)
Dsc03166_re

I went to Yasaka shrine.
Dsc03183_re

I had a Kyoto-style lunch. Customers can choose their favourite mini dishes (Obanzai) from counter table. Kyoto is also famous for vegetable pickles. There are even pickles of asparagus, pumpkin, etc. They were all tasty!
Dsc03193_re

Dsc03196_re

After lunch, I was walking around the Gion town, then I found a very old temple. It was "Yasui-Konpira" shrine.

These wooden pieces are called "Ema". You can write down your wish on a wooden piece. For example, good health, love, money, longevity, passing the exam, and so on.
Dsc03226_re

When I looked at some Ema, I was so surprised at their wishes!!!
Dsc03220_re

It says; "I have been putting up with my wife for ten years, but it is enough. I want to divorce as soon as possible!"

I realised all of Emas here were like that! I didn't know the shrine was famous for "breaking off" until I got there. So people wish divorce, quite a job, smoking, relationship, some people even want to good-bye to their fat!!

The shrine also sell "breaking off" papers along with Ema. People can write down wishes on the piece of paper (it costs 2 pounds per paper!) then stick to the object. There were already too many papers, so I didn't know how the original object looked like. I thought "breaking off" business was free from this global financial crisis!!!
Dsc03232_re

After sightseeing Gion, I got on the highway bus from Kyoto station, then came back to Tokyo.
I really enjoyed my first Kyoto screening :-)

| | コメント (0)

「ブライアンと仲間たち」関西へ行く!(上映会報告2009/6/6)

関西で初めての上映会のため、金曜日の夜に新宿から夜行バスに乗りました。乗ること約7時間で、早朝に京都へ到着。車内がなぜか暑くあまり眠れなかったので、疲れ気味でした。まだ朝の6時半。上映会は夕方からで、その前にお昼頃から京都大学で取材をさせてもらうことになっていました。まだずいぶん時間があります。近辺のお店では、24時間営業の牛丼チェーン店がありましたが、ここでは10分ぐらいで追い出されてしまいそうだし・・・。あぁ、ファミレスみたいなところを調べておけばよかった・・・と少し後悔。

バス停を離れ、うろうろ歩いていたら、神社を発見。神社の敷地内に、石で出来た長いベンチがあり、そこで気がついたら横になって3時間近くも熟睡してしまいました!!

熟睡したおかげで、バスの中での寝不足が解消されましたが、公共の場所で、貴重品も合わせた全ての荷物を持ったまま熟睡するのは、ちょっと危険かもしれません。今後はファミレスとかそういうところに行かなければ、と思いました。

さて、もう時間は10時を回り、ぽつぽつお店がオープンし始めました。私は腹ごしらえをして、京都大学へ向かいます。JR、私鉄と乗り換えて、「出町柳」駅へ。天気予報は雨→うす曇と聞いていましたが、晴天で、しかもかなり暑いです。大学へ向かう途中で、差し入れ用のお米を1袋買い、15分ほど歩きます。

やっと、大学の前につきました♪ 京大名物の時計台と大きなクスの木です。↓
Dsc03134_re

さて、なぜ私が京都大学までやってきたかというと、それは京都大学の「非常勤職員を5年で雇い止めにする」(つまり1年契約で更新は4回まで)という規定に対して反対する、ユニオン・エクスタシーを取材するためでした。以下、ユニオン・エクスタシーの配布チラシより、何が問題となっているのか簡単に説明します。(詳しくは、ユニオンエクスタシーのブログをご覧ください。 http://extasy07.exblog.jp/ )。

京都大学は、2004年の法人化のときに、今後雇う非常勤職員は5年で自動的に雇い止めを行うと決めたそうですが、なぜ”5年”なのかというと、「有期雇用契約であっても、長期に反復更新すると解雇規制法理が働く。5年条項はそれを防ぐものである」と大学側は説明しています。つまり、1年契約でも何年も更新すると、来年も雇用されることを期待する権利(期待権)が生じる。そうなると、雇い止めをする場合は、一般の正規職員の場合と同様に解雇の4要件(合理的理由等)が必要となってしまう。5年条項は、それを防ぐためのもの・・・

しかしながら、非常勤職員といいつつ、その職務内容は臨時的でも、補助的でもなく、常勤職員となんら変わらない専門的な仕事を任されている人も多いそうで、なんと、京都大学の全職員の半数に当たる2600名が非常勤職員として雇われているそうです! 常勤職員と同じ仕事をしながら、身分を「非常勤」とすることで、低賃金に抑えられている・・・。

元非常勤職員の井上さんと小川さんが結成したユニオン・エクスタシーは、この5年条項に反対し、京大のくすのき下を占拠して、大学当局に団体交渉を求めているのです。

私は、この不況で注目を浴びた「派遣切り」で問題となったのと同じようなことが、大学で働く人々の中でも起こっているのだと知り、話を聞いてみたいと思いました。そして、更に私の興味を引いたのは、彼らが占拠しているくすのきの下で、「くびくびカフェ」なるカフェをやっているということでした!

くびくびカフェの看板
Dsc03117_re

アパートを引き払い、くすのき下のテントに全家財道具を運んできた井上さん。中でも一番の荷物は本! 一体何十箱あるのでしょうか?! カフェの前で、天気の良い日に売っています。京大生は”目利き”が多いそうで、良いものからどんどん売れていくそう。
Dsc03119_re

この日はとても暑かったですが、大きなクスノキの木陰はとてもひんやり。風通しも良く、気持ちが良かったです。(それもそのはず、クスノキは古来から芳香剤や防虫剤として使われてきたので、良い香がするのだそうです!)

メニューは、自分たちで焙煎したというコーヒーや、紅茶、ココア、ハーブティーなど。コーヒーだけでも結構種類があります。代金はカンパ制で、その目安は「年収÷万」。例えば年収200万円の人だったら、代金は200円ということ。この代金や、コーヒー豆の寄付などが、4月から失業者となった井上さんと小川さんたちの活動を支えます。

テーブル席には大体6~8人ぐらい座れるでしょうか? 先日は映画の上映会も開催されたそうで、スクリーンは布団のシーツだったそうです!
Dsc03139_re

自家焙煎中~ ^^
Dsc03137_re

焙煎は30分近くかけて、ひたすら豆をかき回します。薄皮がはがれてくるので、それを吹き飛ばしながら。焙煎具合によって味が変わるので、その作業は真剣そのもの!! ちなみに焙煎方法をプロから伝授したそうで、味も本格的でした。

さて、非常勤職員が2600名もいるということは、彼らが一丸となってストライキを起こせば、学校運営は一日で麻痺するはず。ユニオン・エクスタシーのお二人にそのことを聞いてみると、「とりあえず自分は組合結成→ストライキと考えて行動したけれど、今から考えると、色々根回ししておくべきだった」とのことでした。彼らの活動に対し、心情的には共感するけれども、表立って行動することで来年の契約が更新されなかったらどうしよう・・・そういう心配から、現状を不満と思いつつも、行動には移せない人も多いわけです。中には、こっそりと風邪薬を差し入れに来て、さっと帰る人もいるのだとか・・・。

どちらの立場もよく分かります。でも、主張しなかったら、自分たちの権利は無視され続けます。声を上げる人に対して、もっと周囲から参加、サポートや協力が起こりやすくならない限り、勇気を持って立ち上がる人が、かえって吊るし上げに遭うという現状はなかなか変わらないでしょう。これまでブライアンの活動を通して直面した課題を、ここでも感じました。ではどうやって・・・?というと難しいですが、私がまず出来ることは、こういう活動をしている人を取り上げて、色んな人に知らせていくこと・・・。でも、もっと根本的に、どうやってこの状況を変えて行けば良いのだろう? しかも、日本社会でも可能なやり方は・・・? 私自身が、まだ模索中です。 

現在の状況は、いまだ大学側は団体交渉には応じず、そればかりか、くすのきの下を不法占拠しているとして、ユニオン・エクスタシーの二人を提訴したそうです。不法占拠に加えて、「美観を損ねる」とか、「クスノキの生育に深刻な危害を及ぼす」とも言っているらしい・・・。

既に3ヶ月を超えた座り込み活動。もし関西方面に行く機会のある方は、ぜひ立ち寄ってみてください。行く機会のない方も、カンパも歓迎だそうです!
口座: 京都中央信用金庫 百万遍支店 0955268 ユニオンエクスタシー

さて、気がついたらもう16時を過ぎていて、私は今日の上映会の会場である、ひとまち交流館京都へ向かいました。

ひとまち交流館京都・外観↓
Dsc03142_re

館内には、本日のイベントのお知らせが!
Dsc03144_re

会場は3階の会議室。エレベーターで上がると、折りこみ作業をしている人たちがいたので声を掛けてみたら、今日の上映会の主催者のピースムービーメント実行委員会の方々でした。これまでメールだけのやり取りでしたので、初めてお会いできました! 

会場となる会議室。ひ、広すぎる~↓
Dsc03146_re

簡単に当日の流れについて打ち合わせをしました。上映後のトークは約30分で、その後質疑応答が30分。質問がそんなに出なければ、司会の方からいくつか質問したり、私の方でまだ話し足りないことがあれば話す、という段取りでした。

今回の上映会に関しては、いつもより緊張していました。なぜなら、これまでの上映会は東京が中心で、お客さんの中には自分の友達や知り合いが常に少なくとも1人はいて、上映後のトークは、トーク慣れした進行役の方に導かれる形で、私が自由に話せばよかったのです。しかし、今回は、初めてお会いする方ばかりの中で、京都という地での平和活動がどんなものかも知らない私が、しかも、相手役もなく独りで話し続けるのです。「映画について話す」と一言で言っても、それをどのような切り口から、どう話すかは、観客層によっても、トークの進行役の方によっても変わります。でも、どんな人がいるのかもわからないのに、独りで話し続けることなんて出来るのか?? そう思っていました。

その一方で、これまで何度かトークをやってきて、”意外によく話す”と自己発見した私は、独りでのトークはどんなものだろう?という興味も持ち始めました。それで、「独りでお願いします」と言われたときに、やってみようと思ったのです。

とはいえ、初めてなのですから、準備もなくうまく出来ることはありえません。出発前、半日かけて、トークの原稿を作りました。これまでのトークで、いつも必ず質問されるようなベーシックなトピック(例えば、どういうキッカケで映画を作り始めたのか?といったようなもの)を中心に、そのときのお客さんを見た印象から、もしハードコア(?)に活動されている方が多いようだったら、イギリスのデモの現場についても詳しく話そうとか、自分なりに観客像を想定してトピックを書き連ねていき、A4で3枚ほどにまとめました。

上映中! 一体どんな気持ちでお客さんは見てくれているのでしょうか・・・?
Dsc03152_re

上映後、5分ほどの休憩を挟んで、いよいよ独りトークです! 原稿を手に着席し、挨拶をしたあと、話し始めました。話した内容は、ブライアンとの出会い、なぜ映画にしようと思ったか、撮影の裏話的なこと、イギリスの表現の自由、ブライアン以外のイギリスの有名な抗議活動・・・などなどです。話し始めてみて、確かに話しているのは私一人ですが、でも、なんでしょう、観客の方の表情やら、反応で、私自身の話している内容が変わっていくのです! それは、自分にとってちょっとした発見とも言えるべきものでした。反応から、平和活動についてかなり積極的に活動されている方が多いという印象を受け、その心意気が私にも伝わってきたので、イギリスのデモについて、日本・イギリス共に制限されていく表現の自由についてなど、重点的に話しました。

Dsc03155_re

予定した原稿の半分を過ぎたところで時計を見たら、私の持ち時間が後5分しかありません! これはやばいと思い、後半はややはしょりました。私は時間を気にしながら話すという経験が普段ないので、ずら~っと並んだトピックを見て(この内容なら大体これ位で話せる)みたいな目安をつける技はないのです。お客さんが熱心に聴いてくれていたので、思わずこちらも一つ一つのトピックに時間をかけすぎてしまったかもしれません。この辺は、私にとって今後の課題です。

トーク後の質疑応答では、たくさん興味深い質問や感想、そしてアドバイスをいただきました。例えば、「イギリスの戦争報道は日本よりマシか?」、「資料にはブライアンはこれまでの人生で周囲との軋轢があったと書かれているが、映画にはそういう描写はない。それは意図的にか?」、「ブライアンをこれからも撮り続けるか。撮り続けて欲しい」、「映画を作り始めたことで、あなたの人生はずいぶん変わったのでは?」、「”初めて映画を作った”ということをもっとアピールすべきだ。そうすれば、自分もやってみようという人が増える」などなど。

時間一杯となり、上映会は終了し、その後の打ち上げ会場へと向かいました。静かな小川沿いにある、和料理やさんのお座敷です。

Dsc03156_re

上映会場では一人でしゃべり続けた私ですが、打ち上げの席では、ピースムービーメントのスタッフの方や、観客としてこられた方などのお話が聞けたのがとても興味深かったです。京大出身の方がいらしたのですが、京大生の”バンカラ”っぷりを示す逸話や、在学生とは全く関係ない人がずっと暮らしていたりする学生寮、さらに学生寮ごとのカラーの違いなど、政治活動や学生自治とはまるで無縁な某私大に通っていた私にとっては、衝撃とも言えるエピソードの数々でした。

また、スタッフの方々は、「京都行動」という活動を毎週土曜日17時~18時半の間、三条河原町の商店街前でされているそうです。これは、沖縄の辺野古の新基地建設を止め、普天間基地の撤去を求めるための活動で、ビラまきや、署名活動などを行っています。(詳しくは京都行動のブログをご覧ください。 http://kyoto-action.jugem.jp )。団体でも、組織でもなんでもなく、個人の集まりとして活動を何年も続けているのだとか!すごい!! 不定期で沖縄からのゲストを呼んだ講演会や上映会などを行っているそうなので、ぜひチェックしてみてください。

ところで、今回の上映会はピースムービーメントの方が、偶然どこかのメーリングリストで私の映画を知り連絡をくださったのですが、初めてお会いして色々お話して、共通の知り合いが何人もいることにびっくりしました! 私はユニオン・エクスタシーの活動をなぜ知ったかというと、それは沖縄・高江で座り込みをされている方と連絡をする機会があり、その方が送ってくださった資料の中に「くびくび通信」が入っていたからなのです。そして、その高江の方は、先週ちょうど京都に来られたそうで、ユニオン・エクスタシーに行き、さらに、ピースムービーメントさんたちと交流会をされたそうなのです! これにはびっくり!!

常々、反戦も貧困も、あらゆる問題の根っこは一緒と思い、昨年のG8反対活動で、それを再確認した私ですが、今回の京都訪問で、日本全国で様々な活動をされている方たちが有機的につながっていることを知って、とてもうれしく、頼もしく思ったのでした。

12時近くになって、打ち上げがお開きとなり、お店の外に出ました。すると、店の外の小川で、ホタルが光っているではありませんか! しかも大量に!! ホタルはキレイな水にしか生息しない、静かなところにしか棲まないと聞いた事があるのですが、こんな京都のど真ん中に、なぜホタルがいるのですか??!! 東京は、私の実家のほうなんて、かなり田舎にも関わらず、ホタルを見ることは出来ません。不思議です!

すみません、ブログのボリュームがすごいことになってきましたが、まだ書き続けます。

打ち上げ後は、京都駅近くのホテルに宿泊し、翌日は東京へ戻ることになっていました。ですが、復路も夜行バスなので、夜10時ごろまで自由時間があり、京都市内の観光をすることにしました。舞妓さんで有名な祇園エリアへ行って見ます。

なにやらすごい人だかり。これは一体???
Dsc03173_re

押すな押すなの大混雑で、その様子は混乱したロンドンのデモのようです! 彼等は舞妓さんの写真を撮ろうとしているのです。いやいや、それにしても危ない・・・!
Dsc03172_re_2

押しつぶされそうになりながら、何とか私も1枚撮りました(汗)。舞妓さん専門のカメラマンをされているという方によると、舞妓さんの髪飾りは毎月変わるそうで、今月は柳。舞妓さんが一番美しく見えるのは5月の藤の花のとき、と言っていました。
Dsc03166_re

八坂神社にも行って見ました↓
Dsc03183_re

お昼は祇園にある京料理の定食屋で。カウンター上に並べられた”おばんざい”(おかず)の中から好きなものを選ぶという形式。私はそれに京漬物がついたお茶漬けセットを注文してみました。漬物が本当に美味しい~(特に浅漬け)。
Dsc03196_re

食べたあとも、また祇園近辺を歩いて回りました。周囲の観光案内のような看板があって、神社や寺がこの周りにいくつか載っていたので、それらに行ってみようと思いました。

花見小路を通って、禅寺の「建仁寺」へ。そこを過ぎてしばらく歩くと、舞妓さんの街からラブホ街のような景色に変わりました。ホテルが立ち並ぶ中にひっそりと「安井金毘羅宮」がありました。入り口である鳥居はだいぶ老朽化が進んで、あまり手入れされていない感じでしたが、中は結構な人がいて盛況。意外です。

願い事が書かれたたくさんの絵馬↓
Dsc03226_re

何気なく、絵馬を見てみて、それらの内容にびっくり!!
Dsc03220_re

「十年間辛抱したが、もうガマンも限界。悪妻と一日も早く離婚できますように」とか、そんな内容のオンパレードなのです! それもそのはず、着いてみて知ったのですが、ここは悪縁を切り、良縁を結ぶことで知られる金毘羅さんなのだそうです。それにしても、恋愛から、会社、禁煙祈願・・・ありとあらゆる「やめたい」、「切れたい」祈願がそこに集結・・・。

絵馬だけではなく、悪縁切りのお札も販売されていて、それに断ち切りたい内容を書き、ノリで貼り付けることも出来るようになっています。たくさん貼られた短冊で既に山のようになっています!
Dsc03232_re

一体何人がここで絵馬や短冊を買うのでしょうか? 「悪縁切り」ビジネスは不況とは無縁のようです!!!

祇園観光を終え、夕飯を食べたりしていたら、バスの乗車時刻となり、京都駅へ向かいました。夜行バスに乗って、無事東京へ戻りました。

一度もお会いしたことがないにもかかわらず、上映会を企画してくださって、京都まで呼んでくださったピースムービーメントの皆様、本当にどうもありがとうございました。そして、取材に応じていただいたユニオン・エクスタシーの皆さまも、どうもありがとうございました!!

最後に、上映会場でアンケートに記入したいただいた方々の映画の感想をご紹介します。

========

「水俣での厚生省座り込み」、「豊前海岸テント村」、「大阪市大C生※」。日本でも昔はこういう形のものが多くありました。今は「辺野古」の方もそうでしょうが、久しぶりに思い出しました。問題は「AKY(あえて空気を読まない)」な人が、若い人から出てこないことでしょうか。
(浦辻 宏昌さん、ドキュメンタリーフィルムライブラリー)

※作者註:”C生”ではないかもしれません。文字がきちんと読み取れませんでした。すみません。

========

平和活動をしている人たちの考え方や、こうした人々が直面している苦労など、映画を通して触れることが出来ました。この映画に出会っていなければ、ブライアンという人たちの存在を知ることが出来なかったかもしれないと思うと、とても有意義な「出会い」だったと思います。この映画に登場する人たちと直接人間関係を築いてきた早川さんのお話も、興味深く聞かせていただきました。質疑の中で早川さんがおっしゃっていた、早川さんの目標(他人と共感すること、自分の意見を言いやすくすること)にはとても共感しましたし、これからの早川さんの活動にも期待していきたいと思いました。
(ホリベさん)

========

しっかりしたつくりだったので、「初めて」の作品と聞き、驚きました。多くの人が支える形式での、長年の闘いに感動するとともに、ロンドン警察・当局には怒りをおぼえました。
(N.K.さん)

========

| | コメント (0)

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »