« インターナショナル・ウィーク(上映会報告2009/11/7) | トップページ | どちらがハードル高い?(上映会報告2009/11/21) »

ビラ配りは市民活動の基本(上映会報告2009/11/8)

11月8日の日曜日も前日に引き続いて早起きをした私は、千葉県習志野市の津田沼へ向かいました。今日は、京成津田沼駅に隣接するサンロード津田沼で午前中にトークショーを行うのです。主催してくださったのは、NGO団体の「言論・表現の自由を守る会」でした。

サンロード津田沼
Dsc06184

11月7日~8日の2日間、習志野を拠点に活動する市民団体が中心となり、「みんなでまちづくり」というイベントを開催しました。そのイベントで、11月7日に映画を上映していただき、翌8日は映画の試写会(前半30分)とトークショーを行うことになっていました。
Dsc06185

「言論・表現の自由を守る会」の垣内さんとは、夏のJCJ授賞式で初めてお会いしました。言論弾圧事件の無罪を求めるなどの活動をされています。

「言論・表現の自由を守る会」ブログ
http://blogs.yahoo.co.jp/jrfs20040729

垣内さんは、守る会の活動の他に8年前から毎月1回、子どもと保護者を対象にした「わくわくクッキング」という料理のイベントも開催しています。開催回数はこれまでに80回を超えるのだとか。

この日はわくわくクッキングのブースもありました。
Dsc06211
手作りクッキー
Dsc06212
ラスク(シナモンシュガーとガーリックの2種類)
Dsc06213

11時半になり、まず垣内さんから映画の紹介がありました。
Dsc06189

映画は前半の約30分。マリアのパートまで上映しました。
Dsc06191

上映の後は垣内さんの司会でトークショーが始まりました。映画を作ったキッカケ、ジャーナリストを志すに至った経緯、先日の沖縄・高江の訪問のことなど、話題は多岐に及びました。
Dsc06199

その後はお客さんからの感想や質問もいただきました。前日に引き続き映画を観に来ていただいた方からは、「この映画のことは渋谷の宮下公園のサマーフェスティバルで知った。宮下公園とは何かつながりがあるのか?」と質問がありました。その他には、「アメリカの活動は割りと知っているけど、イギリスについてはあまり知る機会がなかった」などの意見がありました。

映画の後は、垣内さんと昨日も映画を観に来てくれた方とでお話をしました。年齢も近く、高円寺の素人の乱などにも詳しいその方とは色んなお話で盛り上がりました。昨日の上映会のときに「明日は監督が来ますよ」と垣内さんに誘われて、今日も来てくれたそうです。とにかく垣内さんの行動力、特に物怖じせず誰にでも話しかける積極性がすごいのです。それで彼女の周りにはいろんな人が集まり、ネットワークが出来ていきます。

私もそんなに人見知りするほうではありませんが、「人見知りは全くしないんですか?」と聞いてみました。垣内さんは「看護師として働いていたから、全然しない」と言っていました。確かに看護士さんという職業は、患者さんに自分から積極的に声を掛けていくのですからね。なるほど、と思いました。

垣内さんは10年ほど前に習志野に引っ越してきたそうです。それまでは看護師の仕事がハードなため、休みの日は寝て過ごしていたそうですが、知り合いのお子さんが踏み切り事故で亡くなったときに、街づくりで防げたはずだという思いで立ち上がり、安全なまちづくりのために活動し始めたのだとか。いざ活動を始めると、街の中が安全やバリアフリーとは程遠いような状態であることに驚いたそうです。

街づくりの活動から始まって、今は「言論・表現の自由を守る会」の活動。どうして表現の自由を守る活動に至ったのかを聞いてみました。キッカケは2004年におきた堀越事件でした。社会保険庁の堀越さんが、休日に政治的なビラを配ったことが「国家公務員の政治活動を禁止している国家公務員法・人事院規則に違反する」として逮捕・起訴された事件です。

堀越事件について、詳しくは「国公法弾圧を許さず言論表現の自由を守る会」のホームページをご覧ください。
http://www.geocities.jp/kokkou_horikoshi/index.html

この事件を知った垣内さんは、市民活動をする上でビラ撒きは当然認められるべき行為と考え、表現の自由を守るために仲間とともにNGOを立ち上げたそうです。

垣内さんは守る会の活動の他に、地域の人々から相談も受けています。最近は特に高齢者の生活不安の相談がとても多いそう。一体どうやってこれらの活動を切り盛りしているのか、想像するだけで大変そうですが、垣内さんは更に映画祭まで立ち上げてしまったのです!!

その名も「第1回わくわくならしの映画祭」。来る11月21日(土)から三日間、習志野市民会館で開催します。初日は「ブライアンと仲間たち」、2日目(日)は「つくられる自白~志布志の悲劇~」、3日目(月・祝)は「フツーの仕事がしたい」が上映されます。各日、映画の上映とともにトークも予定されていますので、ご都合のつく方は是非!!

映画の上映会をたった1日でも企画するのはとても大変なこと。それを3日間、しかも”映画祭”を立ち上げるなんて、それはもう、ものすごいパワーのいることです。でも、「まだまだやりたいことが沢山あるけど、とりあえず出来ることから」と言ってのける垣内さん・・・すごいです。映画祭が今から楽しみhappy01

「みんなでまちづくり」イベントは上の階でもやっていると聞き、6階に上がってみることにしました。6階へと続く階段の踊り場では、習志野市原爆被爆者の会の原爆展がありました。
Dsc06216

6階には「言論・表現の自由を守る会」の展示
Dsc06221

大会議室では、様々なワークショップも行われていました。
Dsc06222

私は松ぼっくりのクリスマスツリー作りに挑戦! 

まず、好きな形の松ぼっくりをひとつ選びます。
Dsc06224

ペットボトルのキャップに綿をボンドで貼り付け、その綿を台座にして松ぼっくりをボンドで固定します。乾くまで輪ゴムで押さえます。
Dsc06225

白のスプレー缶で”雪”を表現することも出来ます。
Dsc06230

ポスカペンで色を塗っていき、ボンドでビーズなども付けます。
Dsc06227
完成!!
Dsc06232

イベントは4時に閉会となりました。昨年の来場者は800人近くあったそうですが、今年はインフルエンザ流行のため外出を控える親子が多く、今年の入場者数はどれぐらいになるだろうと話していました。このインフルエンザ、きっと色んなイベントで影響しているのでしょうね・・・。

帰りに、わくわくクッキングの手作りお菓子と、垣内さんのご兄弟が信州で作られているというリンゴをいただきました! とても大きくて甘いリンゴでした。どうもありがとうございます!!
Dsc06239

今回の上映会を企画してくださった垣内さん、上映会、トークショーと来て頂いた皆さま、ありがとうございました!また「わくわくならしの映画祭」でお世話になりますが、よろしくお願いします!!

|

« インターナショナル・ウィーク(上映会報告2009/11/7) | トップページ | どちらがハードル高い?(上映会報告2009/11/21) »

上映会報告(日本語)」カテゴリの記事

コメント

I read a few topics. I respect your work and added blog to favorites.

投稿: Crasty | 2009年11月17日 (火) 19時08分

Crasty-san,
Thank you for your comment! I haven't updated the English version of the reports, but I will do...!

投稿: yumiko | 2009年11月27日 (金) 17時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« インターナショナル・ウィーク(上映会報告2009/11/7) | トップページ | どちらがハードル高い?(上映会報告2009/11/21) »