« 強引ながらスケジュール | トップページ | 本組み立て »

いよいよ自作に挑戦!

  月曜日の朝、早くに起きてパソコンを組み立てる準備をしました。マニュアル本を片手にいざ始めます! 組み立てっていったいどれぐらい時間がかかるんだろう・・・見当がつきません。
Dsc08842_2

組み立ての前にまず部屋の中にスペースを用意します。
Dsc08843

パソコンのパーツは内部組み立てのため、基盤がむき出しのものも多く、それらは静電気にとても弱い。組み立てのために、静電気防止手袋を購入しました。組み立て自体は、プラスドライバーでほとんど大丈夫。
Dsc08845

マニュアル本によると、最初に最小限のパーツのみで仮組み立てをして、初期不良がないか検証する、とあったので、必要最小限のパーツを用意します。
Dsc08846_2

これが私のパソコンの脳にあたるマザーボードとCPU。
Dsc08847

マザーボードの上にCPUとCPUクーラーを載せました。ここまでは本に書いてあるとおりで楽勝!
Dsc08849  

次にメモリーを挿します。私はウィンドウズ7の64bitをインストールするので、4GB以上のメモリを使えるので、メモリは4GBを購入。マザーボードがデュアル・チャンネルを推奨しているので、2GBのメモリを2枚の合計4GBでの動作となります。
Dsc08850

メモリをマザーボード上に挿しました!
Dsc08851

次は画像を処理するグラフィックカード(ビデオカードともいう)。私のは出たばかりのRadeon 6850。3Dのゲームなどを激しくやる人向きなので、パッケージもそんな感じ。
Dsc08852

かなりデカいです! ビデオカードを購入する際は、PCケースに納まってほかのパーツと干渉しないか注意が必要です。
Dsc08853

ビデオカードをマザーボードに挿します。かなりの存在感。
Dsc08854

一応マニュアルらしきものが各パーツごとについてきますが、もともと自作をやるための最低限の知識は持ち合わせている人向けなので、かなり不親切。これらの付属品は何のために使うのか?!
Dsc08855

キーボードをつなぎます。キーボードは、店頭で実際の使用感を確かめてからネットで買いました。
Dsc08856

PCケースを開梱します。ここから電源スイッチを取るため。
Dsc08857

PCケースのサイドパネルは開ける頻度が高いので、大抵手で回せるねじタイプとなっています。なくさないようにしまいます。
Dsc08858

PCケースから出ている電源スイッチなどをつなぐケーブル。重要なパーツであるにもかかわらず、驚くほど小さく、細いです。
Dsc08863

電源スイッチ(緑と黒のケーブル)をマザーボードにつなぎました。
Dsc08864

今度はディスプレイです。私はハイビジョンの編集のために、フルハイビジョン対応の、ワイドスクリーン、大きさはあまり大きくなりすぎないように21.5インチ、そして目が疲れないようにノングレア(非光沢)のものを選びました。同じスペックや解像度でも、メーカーによってかなり色味が違います。店頭に行っていろいろ見比べ、気に入ったものをネットで購入しました。

台座を取り付けます。
Dsc08867

ディスプレイは正面から見るとこんな感じ。ちなみにLG製です。
Dsc08869

電源タップも新たに購入しました。雷から守るタイプで、8口。電源をオン・オフするスイッチが1つついています。これでも満足はしていますが、今から思うと、各差込口の間隔がもう少し広めに取ってあって(パソコン関係の電源プラグはごついものが多いので、間隔の狭いものでは干渉してさせない場合があります)、電源オン・オフスイッチが全体で1つではなく、各スイッチごとについているほうがよいと思います。(物によってはずっとつないだり、そのときだけだったりするので)
Dsc08870

ディスプレイをDVIケーブル(デジタル)でビデオカードと接続します。ビデオカードで処理された画像がディスプレイに表示される、という仕組みです。

Dsc08871

最後に電源をつなぎます。PCケースには電源つきのものもありますが、それではパワーが足りなかったり、電源ケーブルが少なかったりします。電源はケチらないほうがよい、と聞いたので1万円以上、650W以上を目安に探しました。
Dsc08873

取り出して、電源ケーブル類の太さにびっくり。メッシュでケーブルが覆われていて、なんか蛇のような感じ・・・。PCケースの電源スイッチは縫い針程度の太さと強度だったことを思うと、かなりアンバランスな気がします。
Dsc08875

電源ケーブルを、マザーボード、ビデオカード、CPUファンなどにつなぎます。形状がそれぞれはっきりしているので、何とかわかる感じ。

すべてつなぎ終えました!
Dsc08879

さて、すべてつないだら後はいよいよ電源を入れて動くかどうかのチェックです!

電源を入れます!!happy02

・・・な、何も動きません・・・・!!!!!

ピクリともしないのです。マニュアル本によると、CPUクーラーが回転して、ディスプレイにはBIOS設定の画面が出て来るそうなのですが、ディスプレイは真っ暗だし、CPUクーラーをはじめすべてのパーツがひっそりとしているではありませんか!!!

あせって、マニュアル本を読み返し、トラブルシューティングを読みます。考えられる原因として、電源コードなどがきっちりとささっていない、挿し場所が間違っている・・・などがあげられていて、私はそれらを丹念に調べていきます。

うーーーーん、でも大丈夫そうなんだけど・・・・

どこをいじっても同じ結果。

すでに時間はもうお昼近くになっています。どうしよう。。。これじゃあ夕方までに終われそうにありません。

困った挙句、いつもお世話になっている寺沢さんに電話をしました。「電源入れたのに動かないんです!」と。寺沢さんもパソコンを自作していて、自作歴は10年近くになるそうです。でも、電話で「電源入れたのに動かない」って言われても分かりようがないと思ったのですが、あれこれと説明しました。電源を入れて唯一の変化は、マザーボード上のLEDランプが緑色に光ることだけでした。そう伝えると、ランプが光るなら電源ユニットからマザーボードには電源は送られているということだ、と言われました。でも、マザーボードの電源は24ピンでかなりがっしりしており、かなり力を入れないと刺さらないので、もしかして電源は刺さっているけれど、十分に電気が送られていないから動かないのかも、とのこと。

電話を切り、24ピンの電源をいったんはずして、固いところの上でもう一度力を入れて差し込みます。

でも、やっぱり動かない・・・!

また電話をして「24ピンの電源を挿し直しても動かない」と言いました。すると今度は「電源はつながっているから緑のLEDが光っている、ちゃんと挿しなおしたのに動かないとなると、PCケースから持ってくる電源スイッチではないか?」と言われました。スイッチにはプラスとマイナスがあって、間違えると動かないから方向をあれこれ試してみて、と。

私はパソコンケースから伸びる電源スイッチに小さなピンが2本あり、マザーボード上でPOWER SWと書いてあるところのピン配列が縦に1つと、その隣にまた縦に2つ並んでいるのが気になっていました。POWER SWという表示はこのどちらにもまたがるようなのですが、片方は1ピンしかないので、最初は2ピンのほうにつなぎました。でも、つなぎ方にプラス・マイナスとあるのは知らなくて、マザーボード上にもマニュアル本にも、ただ「挿す」としか書いてなかったので、ではプラス・マイナスを間違えたのだろうと、言われたとおりに方向を変えてみました。

・・・でもやっぱり何の変化もなし・・・

マザーボードに付属しているクイック・スタートガイドは日本語ですが、基盤の配列など詳しいことは載っていません。付属してくる英文のマニュアルで、該当箇所を探して読みますが、挿し方なんて超初歩のことまでは書いていないのです・・・

また電話で「やっぱり動きません」と報告。こんなところで躓いて、先に進めないなんて・・・と気持ちも落ち込んでいました。たかがパソコンかもしれないけれど、症状を説明する私の声はもう泣きそうでした、ほんとに。気がついたら1時間以上、ここで止まったままです。

相変わらずパソコンは動かないままでしたが、電話ではニコニコ動画の話になりました。寺沢さんはその前の日にニコニコ動画の生中継に出演して、その番組は私も見ていましたが、4万人以上の人が見て、コメントも4万件以上あったのです!すごい盛り上がりぶりでした。ニコニコ~の人たちも、社会問題系の番組でここまでアクセスがあるのは珍しいと驚いていたとのこと。既存のマスメディアや報道スタイル、映画業界などとは全く別の方法で、個人やフリーランスが情報発信をしていくべきだと考え、行動している私にとっては(←巨大メディアからは相手にされていないと言うのもあるかもしれませんがcoldsweats01)、まさに願ったりの環境です。

「これからは早川さんたちのような人たちの時代なんですよ!」と寺沢さんに言われましたが、私はふと今自分が置かれている状況に気がついて「そんな時代が来たって、パソコンの電源入らなかったらどうしようもないんです!!!!」と逆切れ! だってそうでしょう? パソコンが出来上がらないのですもの。

でも、とにかく、ここまできてあきらめるわけには行きません。電話を切った後、またしばらく怪しい電源スイッチのあたりをまじまじと見つめていました。何でこれ、動いてくれないんだろ。。。

しばらく眺めていて、ふと、もしかして縦方向に挿すのではなく、横方向なのか???と思いました。ずっと、POWER SWが2行にまたがって書かれていたのが気になっていたからです。そうすると1つピンが余ってしまうのですが、とりあえずそれで挿してみました。

すると・・・動いたのです!!!!!

CPUクーラーが2秒ほどの間をおいて回りだし、つないだディスプレイにはマニュアル本に出てくる設定画面が現れました! やったぁーーーー!

Dsc08880

この挿し方のせいでいったいどれだけ時間を費やしたでしょうか??? でも、とりあえず動いてほっとしました。無事動いたことを電話で報告すると、いきなりお腹がすいてきました。もう2時近くになっています。

でも、これはまだ検証が終わっただけの状態。これからが組み立ての本番です。お昼ごはんは卵かけご飯ですませました。作業部屋はあらゆるものを広げた状態であるので、台所で立ったまま手早く済ませました。

散らかった作業場
Dsc08881

卵かけご飯(栄養バランスは悪いですが仕方がない)
Dsc08882

続きはまた明日。

|

« 強引ながらスケジュール | トップページ | 本組み立て »

新作制作状況」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 強引ながらスケジュール | トップページ | 本組み立て »