« 編集ソフトは悩みどころ | トップページ | 全パーツ到着! »

久しぶりに床が・・・

自作パソコンを迎え入れるためには、まず部屋の中にスペースを確保!ということで、ここ2日間ばかりは、ずっと部屋の掃除をしていました。

掃除を始める前の部屋の様子。基本的に物は床に直置き。これじゃ大型のデスクトップパソコンを置くスペースはどこにも見当たりません。
Dsc08791

今まで部屋中央のちゃぶ台で、ノートパソコンは使うたびに置いていましたが、これからは机と椅子でデスクトップを常設というので、実家にある使っていない折りたたみ机を借りました。・・・って、手持ちで最寄り駅まで持ってきてもらったのです!! ウチは車が無いので。トロリーのようなものに載せて帰りましたが、これがめちゃくちゃ重い!!! 手がちぎれそうになりましたcrying
Dsc08793

かなりのものを捨て、収納を工夫して、何とか部屋の中にパソコンのスペースを確保しました。向かって右側に苦労して運んだ机を置きました。それにしても、机と洗濯干しがずいぶん近いなぁ・・・。久しぶりに床が見えましたcoldsweats01

Dsc08814

Dsc08815

掃除が終わったので、次は映画に関する資料の整理です。半年の取材の中で集めた資料はダンボール半分程度。これでも、通常の映画作りにしてはずいぶん少ないほうでしょうね。
Dsc08821

無造作に保管していたこれらの書類をカテゴリーごとに分類し、更に日付順にそろえました。
Dsc08816

機構から住民に対して送られた書類のコピー
Dsc08819

関連する報道資料
Dsc08817

私の取材メモ、インタビュー原稿など
Dsc08818

持っている書類をクリアファイルに分類したあとは、全ての書類を読んで、映画制作に必要なものとそうでないものに分けました。本当に必要な書類、参考になる書類だけを残して、あとはどんどん「見なくて良い書類」としてまとめ、ボリュームを減らしていきます。

インタビューについては、多少事実と異なる部分があったとしても、それは本人の弁ということで許容される範囲があると思いますが(内容にもよりますし、特に誰かを批判するような内容であれば、それは個人のインタビューであっても、私のほうでも事実の裏づけが必要だと思います。でも、例えば、個人が自分の人生を振り返って、その年月日が多少ずれていても、それは実害が無いだろう、ということです)、しかし、インタビューではなく、私の方で用意する部分(テロップやナレーション原稿)に関しては、正確でなくてはなりません。特に年月日や固有名詞など。これらを間違えることは、社会批判系の映画では訴えられる事だって大いにありえます。なので、年月日や、金額(予算規模)などは、拠り所となる書類を集め、しかもその書類の出所も把握します。基本的に機構自身が発表した公の書類であれば、年月日や固有名詞はそこから使えますし、もし機構自身が間違っていたとしても、それを私が引用して訴えられることは無いでしょう。それに、訴えられる、られない以前に、事実関係を間違って作成するというのは、作り手の信用性を大いに低下させるでしょう。なので、やはり事実関係の正確さは非常に重要だと思います。

書類を全て読んで選別した結果、だいぶコンパクトになりました! 必要箇所にはマーキングもしていきます。
Dsc08823

更にこれを今度は、クリアポケットファイルに収めます。
Dsc08824

なぜなら、クリアファイルではパラパラとめくることが出来ないからです。せっかく書類を分類しても、その中の全ての書類が簡単に見られるようになっていないと、書類を有効活用できません。クリアポケットに入れることで、どの資料もつねに表紙が見られるようになり、すぐに見つけられますし、何度も見返すことで自分の記憶にもどの書類を保管しているのか焼きつきます。

パソコンのパーツは、今日もいくつか届きました。でもまだ全てではありません。今日、ショップから届いたメールには、明日、明後日ごろには全てのパーツが届くようです。・・・いよいよ来週の始めはパソコン組み立てか?!

現在、届いたパーツはクローゼットに収納。これに、パソコンケース、CPU、マザーボード、メモリー、キーボード、マウス、ブルーレイディスクドライブが届く予定です。さすがに溢れるだろうなぁgawk
Dsc08825

|

« 編集ソフトは悩みどころ | トップページ | 全パーツ到着! »

新作制作状況」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 編集ソフトは悩みどころ | トップページ | 全パーツ到着! »