« 記者クラブの閉鎖性 | トップページ | 全長のメドがつきました »

自治の芽生え

今日も、編集ソフトを使っての編集作業をしました。昨日、2シーケンス目を少し遣り残していたので、2シーケンス目の最後の部分から。

インタビューや色んな話題満載の2シーケンス目は、最終的に32分ぐらいになってしまいました^^; まぁ、後で調整するとしましょう。

午前中に3シーケンス目にも突入。この3シーケンス目というのは、事業仕分けや裁判ネタなども入ってくる、いかにも”バラバラ”感に溢れてしまいそうなシーケンス。

しかし、実際やってみると、途中で色んなアイデアや工夫が浮かんできたりして、それなりの統一感が出たようなので、ちょっと安心。

なんと、夕方4時ごろまでに3シーケンス目を終えてしまいました!!(ちなみに3シーケンス目の合計時間は18分ほどに収めることが出来ました) もしかして、私作業がかなり早くなってきている???

そうだと言えるかもしれません。なぜなら、私はこれまで編集環境を自前で持っていなかったので、前作の編集作業終了時(2009年の2月)以降、長い作品の編集作業をやっていなかったからです。なので、今日が本格的に長時間触り始めて3日目で、この新しい編集ソフトの扱いにもなれ、編集のカンのようなものも戻ってきて、そう実感し始めた頃(今日の午後2時ごろ)から、今度は楽しくなってきてしまいました!

だって(これは合わないでしょう)とあきらめていたシーンが、つなぎ場所を変えたり、何か工夫をすることによって、いきなりすばらしくマッチしたシーンに変わって行ったりとか、そういう変化を目の前で体験するのですから!

とはいえ、自分ひとりでやっていることなので、そうドラスティックな発想の転換は、実際には起こっていないのかもしれません。やはり、他人の目と言うのが必要ですよね。

残るは、4シーケンスのみです。きっと明日中には終わるはず。そうしたら、この3連休中で、今回タイムライン上にざっくり並べただけの素材を通しで観て見て、存続・追加・削除すべきところを検討したいと思います。それで(これでいける)という確信が持てたら、連休明けからは細かく編集をやって行きたいと思います。

ところで、現在私は住民の方々のミーティングはお休みしているところなのですが、毎週ミーティング後にメールで内容を報告してもらっています。現在、たった7世帯しか残っておらず(解約することを決め、引越しを待っている人を除く)、全員の契約が終了し、供託手続きに入っています(機構が家賃を受け取らないので、法務局に家賃を供託しています)。

契約が打ち切られたと言うことは、それまで受けていたサービスが受けられなくなることでもあります。さすがに、電気やガス、水道などのライフラインを止めることは大きな人道問題になるのでやらないと思いますが(←100%ないとは言い切れませんが)、例えば清掃、メンテナンスのサービスなどは、なくなってしまう可能性があります。(エレベーターの保守管理がどうなるのかも心配です。11階建てなので・・・)

ポストが荒れ放題で、”見るからに廃墟”となってしまった建物には、犬の散歩をする人たちがおしっこをさせても平気に感じたり、粗大ごみを捨てていく人がいたり・・・と、時々訪れる私でも、荒れていく様子を実感していました。

そういった状況に対し、住民の方たちは、自主的に棟の見回りをしたり、犬の飼い主に注意したりということを始めました。これまでは何かあったら管理事務所に言っておけば対応してもらえましたが、今は自分たちでやるしかないのです。

また、先月には80代の一人暮らしの住民の方が脳梗塞で倒れてしまいました。幸い軽くてすみ、すでに退院しているのですが、この件をきっかけに住民の間で「鍵の預けあいをしよう」という提案が出たそうです。一人暮らしで、いざ自分に何かあったときに不安、と言う人が、自分の家の鍵と親戚の連絡先、かかりつけの医者などを書いて密封した封筒を、自分が託したい人に預ける、というシステム(但しこれは強制ではなく、あくまでも希望者のみ)。

(ちなみに機構では何かあったときに親戚などに知らせるサービスを行っていますが、契約を打ち切られた住民に対してはおそらくやらないと思います。)

私は、特に供託が始まって以降のここ数ヶ月、住民の方々の意識がものすごく変わってきたと感じていました。やはり供託をするという行為は、その先の裁判を否が応でも意識させるのかもしれません。機構には頼らず、自分たちで必要なことが何かを話し合い、それを自らやっていく・・・という意識とプロセスが確かに芽生えているのです。

住民の方から毎週送られてくるミーティングの報告を見ながら、”自治の芽生え”と言っても大げさではないものを感じています。

|

« 記者クラブの閉鎖性 | トップページ | 全長のメドがつきました »

新作制作状況」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 記者クラブの閉鎖性 | トップページ | 全長のメドがつきました »