« [jp] イギリス写真その10 | トップページ | [jp] 森住卓さんの福島第一原発・双葉町レポート »

[jp] イギリス写真その11

多分これがイギリスの報告の最後になるでしょうか? ブログを書く際に”カテゴリー”を選べるようになっていて、この報告をずっと”新作制作状況”というカテゴリで書いてきたのですが、振り返ってみると、チラシとウェブサイトの制作以外、新作についてはあまり関係なくて、ほとんど観光だよなぁ・・・と思いました。まぁ、いいか・・・

イギリスでお土産を買おうとすると、この時期「イースター」関連のものが沢山お店に並んでいます。卵の形をしたチョコレートなど。
Dsc09779

包みを取る
Dsc09780

中は、以前は卵に似せて白身と黄身の色付けをした砂糖味のものが入っているものが多かったそうですが、マジパンに似てあまり好きではないという人も多く、最近は中身はさまざまです。この中身はキャラメルでした。
Dsc09782

イギリス滞在ラストの2日間は、ウェブサイト作りに専念。なんと、2日間でほぼサイトを完成させました!! 私は横であれこれリクエストするだけなんですが・・・
Dsc09783

イギリスのチョコレートもいろいろブランドがあり、それなりにおいしいですが、私が個人的に好きなのはHotel Chocolatのものです。
Dsc09790

他にもあれこれ買いました。
Dsc09789

そのほかにもティービスケットや、紅茶、チョコレートなどなど買いましたが、写真を撮る前に散逸・・・

ビッグイッシューを支援しているという名古屋の方に、ビッグイシュー発祥の地、イギリスのものを。
Dsc09792

イギリスの刑務所に関する記事がこの号の特集記事のひとつでした
Dsc09793

イギリスのビッグイシューを見て、日本との違いとしてまず思うのは、広告の多さです。半分、もしくは少なくとも3分の1は広告。以前、日本のビッグイシュー代表の佐野さんにインタビューでお話をお聞きしたとき、「雑誌の理念として消費者金融やエステの広告などは断っている」と言われていましたが、イギリスのビッグイシューの場合、出会い系や怪しげな広告も普通に載っています。かなり海千山千な状態。
Dsc09794

それらの広告の掲載に対して是非はあると思いますが、一方でビッグイシューが特別な雑誌ではなく、普通の雑誌の一部として扱われ、普通に広告が集まってくる、読者数も多く、効果が見込まれると思ってありとあらゆる業種の広告が集まってくるのだともいえるかもしれません。

ちなみに、ロンドンの夕刊紙「イブニング・スタンダード」が、以前は50ペンスで販売されていましたが、今は無料に。その成果、それまで他の無料夕刊紙がいくつかありましたが、それらはいなくなってしまったようです。どの新聞も連日ロイヤルウェディング関連の記事を掲載。
Dsc09797

フリージャーナリストのフリオからもらった、ガーディアン紙の「ウィキペディア後の世界」特集。ウィキリークスが英米マスメディアに与えた影響について書かれています。時間が出来たらきちんと読みたい。
Dsc09798

Dsc09799

最後に空港で撮った写真を。次いつ会えるのか分かりませんが、みんなが元気でいることを願います。
Dsc09788

・・・と、これでイギリスで撮った写真の紹介は終了です。もし全部読んでくれた方がいらっしゃったら、どうもありがとうございます&お疲れ様でした。

今まだ3時だから、今日はこれから(やっと)翻訳に着手します!!

では、良い一日を!

|

« [jp] イギリス写真その10 | トップページ | [jp] 森住卓さんの福島第一原発・双葉町レポート »

新作制作状況」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« [jp] イギリス写真その10 | トップページ | [jp] 森住卓さんの福島第一原発・双葉町レポート »