« [jp] ブライアン速報 | トップページ | [jp] 3月21日集会の内容(最新版)を掲載します »

[jp] 新ウェブサイト立ち上げました

2月より準備していた新ウェブサイトですが、今日正式オープンしました!

アドレスはこちらです! ぜひ覗いて見てくださいね。
www.petiteadventurefilms.com

レイアウトや本文など、微修正しなければならないものが少し残っていますが、ほぼ完成したのでオープンとしました。

(※サイトではメールマガジンの購読登録(もちろん無料)も出来るようになっています。ぜひ購読をお願いします~。)

前作を作ったときはそれだけで精一杯で、今後映画を作り続けていくのかどうかなど、そういったことを考える発想自体がなく、「ブライアンと仲間たち」名義でアドレスを取得したのですが、今回新作を作るにあたり、(今後も作り続けていきたい)という思いと自信(←必ずしも作品の質と比例しているわけではありません!)が芽生え、作品名で作品名ごとにウェブサイトを持つのではなく、プロダクションとしてウェブサイトを立ち上げました。

プロダクションの名前をどうしようとずっと考えていて、当初、思いついた名前があったのですが、残念ながらインドの映画会社がすでに使用していたのでした!!

名前を考えるにあたり、「自分の名前.com」も一般的ですが、それはある意味「品質保証の証」でもあるかもしれませんが、何か、自分を前面に出している感(私のこと見て!)を自分は自分に対して感じてしまい(注:「自分の名前.com」をつけている人がそういう人という意味ではなく)、私はそれ以外の何か控えめながらもポジティブさを感じさせるような響きのものがないかしら?と考えていました。

自分はどういうことに関心を持ち、どういう人に対して興味を持って映画を作っているんだろう?と考えたときに、私は何か特別の人や物事ではなく、一般の、フツーの人が、何かの問題をきっかけに立ち上がる姿に、とても共感を覚えるのだと思いました。

ブライアンたち然り、そして高幡台の住民の方たち然り。彼らが戦っている相手は、国や大企業だったり、途方もなく大きな存在ですが、それらに対して、一般市民が、普通に考えておかしい!という素朴な疑問から立ち上がり、立ち向かっている姿に、勇気と希望をもらえている思いがするのです。そして、社会はそのような方法でしか、良くなっていく道はないと思うのです。(為政者や、エラい人が、私たちの社会を変えてくれるということはありえない。)

将来、どんなテーマで自分が映画を作っていくのかわかりませんが、その時々で(表面的な)テーマは違っても、私のこの思いは変わることはないと思っています。

そんなわけで、プロダクションの名前として、小さなものと大きなものを組み合わせたいと思いました。本来小さなもの、弱いもの、かわいらしいものと考えられている単語と、大きなもの、雄雄しいものを連想させる単語を結びつける・・・。その組み合わせから来る響きが、ささやかながら着実な変化を期待させてくれるもの・・・。

そして、名前は英語名が良いとも思っていました。日本だけではなく、海外でも映画を作ったり、見せたりしたいと思うから、ウェブサイトもバイリンガルにするし(英語サイトはこれから制作ですが)、名前も、どこの国の人でも覚えやすいものにしたいと思いました。英語名ではあるけれども、ネイティブでない人たちも知っている単語を選ぶというのもポイントでした。

以前、ドラムンベースを愛好する友人がウェブサイトを立ち上げたのですが、URLのなかに「シーン」という英単語を入れたそうです(新たな音楽シーンを作り上げるという思いをこめて)。

しかし、この「シーン」という単語、日本語でもカタカナ語ですっかり定着している単語ですが、つづりには「C」が入りますよね、sceneと。このような、発音とつづりがネイティブ話者以外には覚えにくいものは、誤入力してサイトにアクセスできず、結果としてあまり広がらない・・・ということにもなるわけです。

そんなわけで、ささやかではあるがポジティブ、非ネイティブ以外にも覚えやすい英語名・・・ということで昨年から考えた結果、「プチ・アドベンチャー・フィルムズ」としました! 直訳すると「小さな冒険映画社」です。

普通の人、一人ひとりのちょっとした勇気や冒険が、この社会を変えていく・・・。そんな気持ちをこめました。綴りがきちんと綴ってもらえるものかどうかは、かなり微秒なんですが・・・coldsweats01(ちなみに「小さな」の「petite」は英語ではなく、英語圏でも英語として定着しているフランス語の「petite」です)

ところで、3月21日(月・祝)の「さようならUR」初上映会ですが、予定通り行います。「住まいの貧困に取り組むネットワーク」の設立2周年記念集会内で、午前10時半からの上映です。午後のシンポジウムは、今回の地震を受け、急遽「震災と公共住宅」をテーマにした内容に変更になりました。

もしご都合の合う方はいらっしゃってくださればうれしいです!

とはいえ、交通機関が正常に機能しておりませんので、ご来場は無理をなさらずに。
映画は今後上映を続けていくつもりですので、また別の機会でご覧いただけることもあると思います!

|

« [jp] ブライアン速報 | トップページ | [jp] 3月21日集会の内容(最新版)を掲載します »

新作制作状況」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« [jp] ブライアン速報 | トップページ | [jp] 3月21日集会の内容(最新版)を掲載します »