« [jp] イギリス写真その5 | トップページ | [jp] イギリス写真その7 »

[jp] イギリス写真その6

2月24日からは1泊2日で、ハンプシャーのNew Forestに旅行に行きました。今は完全オフシーズンなので、四ッ星とかの良いホテルが夕・朝食付きで1泊一人1万円、などの割安パックを販売しています。

ロンドンのウォータールー駅から電車で約2時間。ちょうど、学校の冬の中休み(1週間)だったため、電車も街も子供が沢山いました。

休暇中にもかかわらず、仕事先から電話がかかってきて対応するポール。本当に日本人のよう。
Dsc00653

宿泊したホテル
Dsc09546

天蓋つきのベッドです!
Dsc00655

魚眼レンズで撮ってみましたhappy01
Dsc00667

なんか、マルコビッチの穴、みたいだなぁ・・・
Dsc00669

何かと理由をつけてお茶タイム。私の居候先の両親は一日に10杯ほど飲みます。
Dsc00673

バスルーム
Dsc00745_2

とても天気が良かったので、ホテルで自転車をレンタルし、サイクリングに出かけました。
Dsc09547

Dsc09551

Dsc09552

Dsc09559

Dsc09561

自転車だけではなく、乗馬で森の中を楽しむ人も多いんですって!
Dsc09566

Dsc09570

Dsc09579

Dsc09584

Dsc00677

似たような写真が続いてすみません、選びきれず・・・
Dsc00678_2

Dsc00682

Dsc00686

Dsc00695

グリーンのフィルターをつけて撮影したらこんな感じに。

Dsc00698

Dsc00702

Dsc00703

この写真は、新ウェブサイトのトップページに使ってみました。
Dsc00708

Dsc00710

Dsc00713

夕暮れもすごくきれい…!
Dsc09585

Dsc00716

Dsc00724

オフシーズンでこんなにきれいなら、新緑や真夏はもっときれいなんでしょうね。出来れば、コテージとかで1週間ぐらい滞在するのが理想。
Dsc00728

Dsc00729

Dsc00730

Dsc00732

Dsc00740

夕食つきのプランだったので、ホテルで夕食を食べました。

前菜にはラビオリをチョイス
Dsc09597

ポールのメインはチキンのグリル
Dsc09599

私は魚(カレイ)のグリル。でかい!
Dsc09603

デザートは、チョコ尽くし! フォンダンショコラに、チョコチップの入ったチョコレートアイス、それにチョコレートソースまで。飾りにはほおずきが飾られています。チョコレートばかりで、鼻血が出るかと思いました。
Dsc09604

ポールのデザートはチーズケーキ
Dsc09606

Dsc09607

夜のホテル外観はこんな感じ。星がすごくきれいでした。
Dsc09609

翌朝。ホテルの前は、クリケットが出来るスペース。
Dsc09611

ホテルの階段
Dsc09612_2

これ、何だと思いますか? この地域では、どこの建物の前も、このようになっています。
Dsc09613

実は、野生の馬が生息しているので、馬が入ってこれないようにしてあるのです!
Dsc09614

ホテル遠景
Dsc09615

街中にも「馬に注意!」の看板が
Dsc09616

Dsc09618

野生の馬を発見! 普通にそこらじゅうにいます
Dsc09621

おとなしく草を食べているようですが、実は強暴だそうなので、これ以上は近づけませんでした。
Dsc09623

電車に乗り、サウサンプトンで下車
Dsc09628

サウサンプトンの地図
Dsc09631

レイと共に、サウサンプトンの大学に通っていたポールは、以前この学生寮(後ろのオレンジの建物)に住んでいたそうです。
Dsc09632

サウサンプトン市内の中心部に、面白い銅像が。昔のサウサンプトン市長だそうです
Dsc09635

中心部の町並み。ショッピングセンター
Dsc09637

Dsc09640

Dsc09641

一部古い石垣も残されています
Dsc09642

ここも昔住んでいたアパートだそうです
Dsc09644

ヨットの係留所
Dsc09645

いわゆるハイ・ストリート
Dsc09646

Dsc09647

ショッピングセンター。ケント州同様、どれも似たチェーン店ばかり。大抵どこのショッピングセンターも、マークス&スペンサー、スターバックス(もしくはコスタ・コーヒー)、ピザハット、H&Mなどが入っています。
Dsc09649

毎日食べ過ぎて、おなかが相当張ってきました・・・
Dsc00750

サウサンプトンは、タイタニック号の出発地だそうで、その記念碑があります。
Dsc09652

Dsc09653

ロンドンに戻ってきました。ウォータールー駅から、歩いてパーラメント・スクエア方面に向かいました。

ロンドンの観光名所「ロンドン・アイ」
Dsc09654_2

これまで気がつきませんでしたが、ひとつだけ空のものを発見!
Dsc09655

真偽のほどは分かりませんが、イギリスでは13という数字が不吉な数字とされているため、13番目の乗り物を空にした、と教えてもらいました。

夕方のパーラメント
Dsc09656

この日は、7時にトッテナム・コート・ロードで待ち合わせをして、ベジタリアンのタイ料理の店に行くことになっていました。
Dsc09657

女性センターで活躍する弁護士のセミーナと初めて会いました。彼女は、母親がフィリピン人。弁護士事務所で働いていますが、最近彼女もリストラにあったそうです。ポールの職場もそうですが、こちらのリストラの方式は、部署の人をいったん全て首にして、またその仕事に申込をさせるというもの。彼女の事務所では15人が首になり、5人が再雇用されたそうです。再雇用の場合、給料が減るなど、条件が悪くなっていることも多いです。彼女は再雇用されたそうで、安心していました。

セミーナとマリア
Dsc09658

私とポール
Dsc09659

リッキーとマリア
Dsc09660

このブログでも何度か登場している、ロンドンのフリージャーナリストのリッキー。久しぶりに会えてうれしかったです。SOCPA法について映画を採ったこともあるリッキーですが、最近はビデオから写真に切り替えたとのこと。写真からビデオに進む人は珍しいですが、ビデオから写真に行く人は珍しいですよね?
Dsc09661

でも、彼曰く「ビデオは編集しなければならないから、発表するまでに時間がかかりすぎる」そうで(確かに)、それで写真でどんどん記録して文章と一緒に発表するほうが良いということで、写真でやっているそうです。リッキーはもともと文章もすばらしいし、写真をこまめに撮ることで、時系列的なメモにもなって、書くときに思い出す、とも言っていて(←私のブログもまさにそう!)、今はそれで十分だと思っているそうです。何かあったときは、写真のビデオ機能で撮影をすれば良い訳だし(最新の小型一眼レフの動画とかってすごくきれいですものね!)。

なるほど~と思いながら聞いていました。私も、基本はビデオですが、でも目的に応じて写真とビデオを切り替えて使いこなして行きたいです。ビデオの技術もまだ未熟ですが、写真はもっとひどいので、写真の撮り方を勉強してみたいなぁ。

リッキーの最近の取材はもっぱら福祉の切り捨て反対に関するものです。大学の授業料値上げに反対する学生のデモをはじめ、ロンドンのさまざまな地域で、予算の削減により、福祉サービスが切り捨てられ、図書館もどんどん閉鎖されています。

数日前に、ロンドン北東部(貧しい地域)のデモを取材した彼は、これまでにない人々の怒りの強さに驚いていました。普段はデモに行かないような人々が(つまり、運動家ではないような人たちまでもが)、たまりかねて抗議に出かけているそうで、高齢者、障害者たちが市庁舎を囲み、警察ともみ合いになり、そういう時は普通将棋倒しを避けるために最前列の人たちは「押すな!」と後ろの人たちに向かって叫ぶものですが、逆に「もっと押してくれ! そうすれば警察のバリアを突き抜けられるから!」といって頼み、ものすごい勢いで警察官たちの包囲網を壊し、市庁舎内を占拠したそうです!

インディーメディアで、リッキーが書いたこのときのレポートと写真が見られます。

福祉がどんどん切り捨てられる一方で、4月末のロイヤルウェディングの話題は毎日のように新聞やテレビで取り上げられています。割と高齢者の人たちが好く使うジョークは「あなた、(ウィディングに)招待された?」

タイ料理のあと、エンバンクまで歩きました。テムズ川のほとりでマリアと。
Dsc00752

マリアとポール
Dsc00756

テムズ川の夜景
Dsc00758

Dsc00759

Dsc00764

Dsc00766 

久しぶりに昔の仲間に会えて、楽しいひと時でした。

イギリスの写真その7につづく

|

« [jp] イギリス写真その5 | トップページ | [jp] イギリス写真その7 »

新作制作状況」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« [jp] イギリス写真その5 | トップページ | [jp] イギリス写真その7 »