« [jp] たぶん初めてのレビュー | トップページ | [jp] 史上最小の上映会 »

[jp] 6月11日集会ビデオ

昨日アップを終えた、6月11日集会のビデオと報告文、今日レイバーネットウェブサイトに紹介してもらいました!! 良かったらぜひビデオをご覧くださいね!

無事、YouTubeへのアップとレイバーネットでの紹介が済み、私は今日から「さようならUR」の英語字幕作業に取り掛かり始めました。3月の雲南省での上映のために急いで英語字幕を作った私ですが、そのときは非ネイティブの人が観る英語字幕ということで、字幕で使う英単語を簡単なものにしたのと、中国での上映ということと字数を抑えるために、固有名詞を漢字表記で使っているのと、完成版ではない古いバージョンについている字幕なので、どの道翻訳作業をやり直さなければならないわけです。

3月のときは、イギリスから帰国して、大震災の中、1週間ぐらいで必死に翻訳&字幕入れ作業をしたのですが、今日そのときの字幕を見返してみても、そんなに悪くないな、と思いました(もちろん修正や変更は必要ですが)。

今日は午前中から作業しているにもかかわらず、古いバージョンの日本語&英語をそれぞれエクセル表にコピーペーストするだけで、まだ半分も終えられていないので、(あの時はすごい集中力だったんだ・・・)とつくづく思いました。今回は、急ぎでない分、自分自身もだらけているような気がします。

とはいえ、私は九州に出張に行く前に私の翻訳を終わらせ、それをイギリスのポールにネイティブチェックしてもらうために送る、ということを終わらせておきたいので、逆算すると1週間ぐらいしか時間がありません。何気に集中してやらないと、終わらないと思います。

日本同様、(というか日本以上に)公共サービスの削減が進められているイギリスでも、私の映画を観たいといってくれている人たちがいるので、英語字幕版が出来たら、イギリスでも上映会を開けるかもしれません。それに、各地の映画祭にも応募が出来るし。

以前、「フツーの仕事がしたい」の土屋トカチ監督が、「英語字幕を作るのに50万円かかった」と言っていました。長編だし、もしかしてそのぐらいはかかってしまうのかもしれません。私は自分で翻訳するし、ポールもボランティアでやってくれるので、ずいぶん費用の節約になっていると思います。50万円って言ったら、私の制作予算に等しいんですから・・・!

でも、ただ単に英語になっていればよいというものではないので、映像制作とともに、翻訳の技術も向上させていかないと!と思います。

|

« [jp] たぶん初めてのレビュー | トップページ | [jp] 史上最小の上映会 »

その他(日本語)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« [jp] たぶん初めてのレビュー | トップページ | [jp] 史上最小の上映会 »