« [jp] ひっそりと10年目 | トップページ | [jp] 熱いなぁ・・・! »

[jp] あともう少しのところで

再レコーディング後、素材をパソコンに取り込み編集作業をしました。昨夜、(よし、これで完成!)と思ったので、DVDを作りました。

今日、通しで観てみたら、なんとチャプター1の音声トラックのうちの一つが抜けているではありませんか!!! なぜ?と思ったら、カリンバの音を新しく第3音声トラックに載せたときに、もともと入れていたカリンバの音と音声の波形を見ながら合わせていったほうが楽と思ったので、第1トラックの音声をとりあえずオフにして、第3トラックのカリンバの音がなるようにしながら作業をしていました。第1トラックをそのままオフにしたままだったので、第1トラックに載せた音声が全てオフになってしまっていたのです!!

あとから細かい編集作業を加えるときは、こういうことによくよく注意をしなければなりません。一番多いミスは、一部を変えたときに同期モードになっていたりなっていなかったりして、それ以降のデータが全てずれてしまうというもの。

せっかく作ったDVDでしたが、音声トラックが抜けていては話になりません。それは破棄することにして、音声トラックをオンにして、もともとのカリンバ音声を無効の状態にして、再度DVDを作ります。

・・・すると今度は、DVDの大画面で見ることによって&通しで観ることによって気がつくことが沢山あったのです! 例えばカリンバの音と次のシーンの音のクロスフェードのタイミングをもう少しずらしたほうがいいよなぁ、とか、再度録音したナレーション、全編通しで聴いてみるとやっぱり浮いてるなぁと感じたり、最後の方で出てくる字幕の解説文が分かりにくいかもと思ったり・・・etc。全部で5項目くらいありました。

やはり大画面で確認しないと分からないこともいろいろあるんだなぁと思いました。

あと、もうひとつ気になることは、私のパソコンに取り付けているスピーカーはボリュームつまみで音量を調節するタイプなのですが、音量をどこのレベルで聞くのかというのも、毎回一定にしておかないと、編集で音声レベルを調節するときに(ここは後ろの車の音がちょっとうるさいなぁとか、ここのこの人の声は小さすぎる、とか)、スピーカーの音量自体を毎回微妙に違う状態で聞いていては、正確な、一定の基準での音声の統一が出来ません。

スピーカーの音量つまみのところに、つまみはここに合わせて聴く!ことを示すための印のようなものを付けておこうと思います。

・・・そんなわけで、完成上映会から1週間たった今も、未だに完成版を完成できずに編集作業をする日々なのでした。

でも、いよいよという日も近いかなという実感はあります。

|

« [jp] ひっそりと10年目 | トップページ | [jp] 熱いなぁ・・・! »

新作制作状況」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« [jp] ひっそりと10年目 | トップページ | [jp] 熱いなぁ・・・! »