« [jp] 大学での授業 | トップページ | [jp] 6月25日にっしぃ劇場 会場アンケートより »

[jp] 中年男性、参加求む!

こんなタイトルにすると、変なコメントが増えそうですが、あえてこう書いてみました。これは昨夜の「にっしぃ劇場」上映会で、主催者のにっしぃさんとともに話していたことです。

今年の1月に「にっしぃ劇場」で「ブライアンと仲間たち」を上映していただいたときは、思えば「さようならUR」の編集作業の真っ只中でした。それから半年たち、「にっしぃ劇場」で「さようならUR」の上映会となりました。

会場のOHANA入り口
Dsc02215

入り口には今日の上映会についての張り紙が!
Dsc02216

5月に完成披露上映会をした私ですが、自分の個人的な友人たちにはOHANAでの上映会をお知らせしていました。というのも、OHANAのほうがゆっくりと話が出来るし、おいしい食事もあるので、そのほうがアットホームな時間が過ごせると思ったからです。この日は何人か、昔からの友達が来てくれて、とてもうれしかったです。

上映の様子
Dsc02218

上映のあとは、休憩を挟んでにっしぃさんとのトーク。写真は宮崎さんが撮影してくれたもの。
Dsc02222

にっしぃさんからは、つい先日亡くなったブライアンについての質問がまずありました。今年の1月に「にっしぃ劇場」上映会のトークでもブライアンの病状について話していただけに、私たち二人ともその半年後にまさか・・・という気持ちで話していました。

「さようならUR」については、「前作の反戦運動から住宅問題をとろうと思ったきっかけは?」、「人が好きなのか?」、「直撃取材はどうやって行ったのか」などの質問をいただきました。

「人が好きなのか」の質問ですが、これにきちんと答えられなかったように思うので、ここに書いておきたいと思います。映画を撮る、ドキュメンタリーを作る→これは相当人間が好きじゃないと出来ないはずだ!というような見方があるかもしれません。私自身もそうかもしれませんが、例えば他の人と比べて並外れて自分はそういう傾向があるのか?というと、そうでもないような気がします。「好きか嫌いか」だったら、それは「好き」だと思いますけれど。。。

ただ、ひとつ思うのは、ドキュメンタリーを作るということは、その人たちにものすごく濃密に関わる、ということだと思います。インタビューで取り繕っても、それは数時間のうちに壊されることになる(昨日のトークでもこの話題が出ましたが)。それはいわば裸にされるようなものだし、それを受け止める私もそれなりの心構えが必要だと思います。そうやって被写体の人と関わることで、すごく楽しいこともあれば、ものすごく傷つくこともある。でも、それを恐れては(考え込んでは)、そもそもドキュメンタリーを作ることはかなり難しい。それらを全部引き受ける心構えがある=映画作りが出来る、ということでは?と思います。それが「好きなのか?」という言葉に置き換えられるなら、そうだと思います。

会場からの質問では、「映画を作り続ける原動力は何か」(←これまた難しい質問です!)、「住民の人たちがURに陳情などの活動をするような場面は撮影しなかったのか?」などの質問をいただきました。

これまでこのブログ上でも何度か書いていると思いますが、私がこの映画を作ろうと思ったきっかけは「家賃が安くなれば、もっといい社会になると思った」ということ。家賃が安い=働く時間をセーブできる=自分のやりたいことをやる時間が生まれる=社会に対しても、「おかしい」と思うことがあれば声を上げる時間を持てる、と思うからです。

にっしぃさん自身、数年前までは会社と家の往復で、土日は平日の睡眠不足を解消するのがメインの生活だったそうです。あるきっかけで、社会の問題に目覚め、様々な活動を始めたり、「にっしぃ劇場」を開催して、どんどん人とのつながりが増えて行ったそうです。そんな体験を他の人にも・・・と思うそうですが、社会活動の現場では圧倒的に女性が多く、男性、特に働き盛りの世代はにっしぃさん一人、ということも珍しくないのだそう。

昨日映画を観てくれた人も「大抵の人は、がむしゃらに働いて、体を壊して初めてそれに気がつく」と言っていました。それが現実ですが、それでは遅すぎるし、いったん体を壊してしまうとそれを元に戻すのは本当に大変なことです。「どうしたら、一番関心を持ってもらいたい人たちに、声を届けることが出来るのでしょうね?」と話していたのですが、妙案が浮かばず・・・。

「にっしぃ劇場」が働き盛りの中年男性でにぎわう・・・。こんな日が来ることを願っています。

にっしぃさん、OHANAのふじたさん、映画を観に来ていただいた皆様、どうもありがとうございました!

|

« [jp] 大学での授業 | トップページ | [jp] 6月25日にっしぃ劇場 会場アンケートより »

上映会報告(日本語)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« [jp] 大学での授業 | トップページ | [jp] 6月25日にっしぃ劇場 会場アンケートより »