« [jp] インコだって言語がある! | トップページ | [jp] ちらほらと秋の予定 »

[jp] 代用品を活用!

今朝は、日野市生活保健センターに行きました。今月末(30日)に、ここで「さようならUR」の上映会をやるのですが、上映会場の機材とDVDの相性を事前に確認するということで、上映会を手伝ってくれる方とともに訪ねました。

生活保健センター自体は、そんなに新しい建物ではなく、「かんぽの宿」に宿泊したときのような、質素でやや古びた建物という佇まいでした。しかし、ここの視聴覚室は、つい最近DVD上映の設備をあとから備え付けたというだけあって、スクリーン、プロジェクター、スピーカー、DVDプレーヤーともに、全て最新式なのです!! ためしでDVDを流したところ、バッチリで、この会場穴場だなと思いました。

生活保健センターからの帰りに、見慣れないお店を見つけたので入ってみました。大工さんたちの作業着などを売るディスカウントショップでした。

大工さんの作業着では自分には無関係だわと思う人もいるかもしれませんが、こういうお店は要チェックです。というのも、私はドキュメンタリーを撮るようになって、特に「ブライアン~」に関しては、被写体や全ての出来事が屋外で行われるということで、アウトドアの装備や経験がものすごく役に立ったからです。

ずっと屋外にいるということは、雨風、寒さなどに耐えなければなりません。そこで私が目を付けたのは登山などのアウトドア用品でした。軽いのに暖かいインナー素材や、UVカットかつ防水加工が施された帽子、雨具etc。しかし、アウトドアメーカーはどれもデザインがかっこよく、高機能を謳っていて、めちゃめちゃ高いのです。

にもかかわらず、「完全防水」といいつつも、長時間の激しい雨ではレインコートがしみてきてしまいます。そんな状況は想定していないようです。

登山系のアウトドアはダメだなと思い、今度はゴルフメーカーの販売しているUVカット&防水加工の帽子を購入しましたが、ゴルフも所詮土砂降りの雨は想定していないようで、UVカット機能には満足しましたが、雨に関してはダメでした。

完全に雨を防げるものはないのか? そう悩み、色んなジャンルの製品を試した私がたどり着いたのは、「レガッタ用防水パンツ」でした。レガッタというのはボートレースのこと。この防水パンツは本当に完全の名に恥じないパンツでした。

その経験を通じて私が思ったことは、アウトドアで行うスポーツの用品に付けられている「防水機能」というのは、所詮一時的な雨をしのぐ程度のもの。完全防水を求めるなら、水につかることを想定したスポーツの用品だ!ということでした。だから例えば、釣りのときに着用するオーバーオールのズボンなどは、あれは完全防水じゃないかと思います(試したことはありませんが)

私がなぜここまで完全防水にこだわるかというと(←これはこだわりの中のひとつに過ぎませんが)、”生理的な不快感”というものが、長時間の集中力の妨げになるからです。靴がぬれて足がぐずぐず湿った状態になる、とか、レインコートの縫い目から雨がしみて、肩がひんやりと冷たくなってきた・・・etc、こんな状態では例えば吹きさらしの風の中、10時間とか外で立って撮影を続けるのは困難で、(もうそろそろ家に帰りたいなぁ)とか思い始めてしまうからです。

レインコートについては、完全防水という点ではコンビニなどで売っているビニール製のものが、完全防水率は高いです。レインコートに関しては、私も後半の撮影ではわざわざロンドンの日本製品を売るお店に行って(←ビニール傘とか、ビニール合羽って、「日本のもの」なんですよ、外国では!)、輸入されたレインコートを買い、それを使っていました。ただ、完全防水ではありますが、引っかき傷に弱くてすぐ破けるのと、湿気を通さないので蒸れるし、結露状態のようになったりすることもあります。

また、カメラ機材の入れ物についても、アイデアがあります。カメラ機材を入れるバッグはいろんな種類がビックカメラとかで販売されています。緩衝材が入っていて、きちんと機材が保護され、小さなポケットとかがいろんなところについていて、バッテリーとか、レンズクリーナー、テープなどを収納できるような感じのもの。”かゆいところに手が届く”のはいいですが、これも結構値が張ります!

値段が高い割には、防水機能はついていないものがほとんどで、雨の降り初めぐらいならまだ大丈夫だけれど、土砂降りの中では内部まで水が入ってしまいます。

私がカメラバックの代用品としてお勧めするのは、ピクニック用などの保冷バッグです。外から見ると普通のトートバッグのような感じで、でもチャックがついていて、中は銀色のシートで覆われ、外の熱を伝えずに水漏れもさせないようになっている薄い緩衝材のようなものが、かばんの内部全面に張られているもの。

こういうものは、結構夏場の懸賞プレゼントとして無料で手に入ったり、まぁ、せいぜい2000円程度で買えたりと、とても安いです。しかも軽い。そして、緩衝材が入っているので機材を守れるし(衝撃、太陽熱、雨などの水分からも守れる!)、いかにもカメラ運んでいます!風なアピールをしないので、普通に持ち運びもしやすいです。

安い割には、かえって専用のカメラバッグより高機能なので、私はこういう代用品を好んで使っています。

カメラ専用用品とか(どんな趣味もそうでしょうけど。登山とか)、マニア向けのアクセサリー類って、高いし、安売りされることもほとんどありませんし。

・・・と前おきが長くなりましたが、そんなわけで「代用品」というのは色々考えてみる余地があるわけで、大工さんの業務用品を売る店についてもチェックしてみることにしました。

大工さんもある意味「アウトドア」な職業ですので、アウトドアとして使える品物がいっぱい! しかも、登山用のお店と違って、ファッション性はなく、実用性重視という感じ。(←ですが、大工さんは大工さん仲間独特のファッションがあるようで、例えばレインコートのズボンがナスのような形に膨らんでいたり、手の甲を守るグローブには龍の刺繍が施されていたりしますcoldsweats01)。そして値段も安い! マスクとかも、粉塵用とか何種類も用意されていて、長靴も重いものが落ちてきても安全なように鉄板が入っていたりして、(これは被災地のボランティア作業や取材にぴったりなのでは?)と思いました。

さらにこのお店では、大工さんだけでなく、板前さんやレストランで働く人たち向けの割烹着やヘアキャップなども売られていました。魚屋さんが身につける、ビニールの前掛けなどは、「水にも油にも強い」と書かれてあったりして、(完全防水は、魚屋系をチェックしてみるのもよいかも?)と思いました。前に築地市場に行ったとき、市場には食べるお店以外にも、水産関係者用のグッズを売る店もいくつかあるのを見ました。(長靴、エプロン、刺身包丁など)。そういうところに行ったら、完全防水のもので、一般に応用が出来るものとかも売られているんじゃないかしら?

探せば色んなものが、ハードなドキュメンタリー撮影にも応用できるグッズとして見つかると思います!

何か「これは便利に使える!」というアイテムがあったら、ぜひ教えてくださいhappy01

|

« [jp] インコだって言語がある! | トップページ | [jp] ちらほらと秋の予定 »

新作制作状況」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« [jp] インコだって言語がある! | トップページ | [jp] ちらほらと秋の予定 »