« [jp] だんだん上達 | トップページ | [jp] 9月10日「映像とトーク」イベント@名古屋 »

[jp] ブルーレイはまだまだ

先日、このブログでDVCAMテープの作成をやめ、ブルーレイにすることにしたと書きました。私のパソコン(というか光学ディスクドライブ)は、ブルーレイ書き込みが出来るソフトが付属しているので、ブルーレイを自分で焼くことが出来ます。

しかし、なぜかそのブルーレイを自分のパソコンで再生しようとすると「リージョンが指定されていません」とか「プロダクトキーを入れてください」等のメッセージが表示され、見ることが出来ないのです。なので、これまで自分でブルーレイディスクを作ったことはあるものの、その再生を自分のパソコンでしたことはありませんでした。

でも、今回映画祭にブルーレイを提出するに当たり、自分のパソコンでも再生確認をしなければと思い、これまで未解決のままとしていた「なぜブルーレイの再生が出来ないのか?」に正面から取り組んでみることにしました。

調べてみると、パソコン自作用のパーツを購入したときに、光学ディスクドライブはライティングソフトあり・なしが売られていたのですが、ソフトの有無による値段の差は3000円ほどしかなく、ライティングソフトを自分で購入すると1万円近くかかるのでこれはオトクだと思い、ライティングソフトつきのものを購入したのでした。

ライティングソフトにも各種ありますが、私の購入したものに付属してきたのは「サイバーリンク」社のもの。そのインストールCDを探してきて、付属してきたものの製品名とバージョンを調べました。そして、マニュアルをサイバーリンク社のサイトからダウンロードします。

調べてみると、付属してきたソフトは「Media Suite」のバージョン9というものなのですが、そのバージョン9には、「Ultra」や「Pro」など数種類に分かれており、付属してきたソフトはその最下位で、なんとブルーレイの書き込みは出来るけれども読み込み(再生)が出来ないというソフトなのです!!!

普通に考えたら、「再生」のほうが、「書き込み」よりも簡易な機能なのですから、「書き込みが出来る」と謳われていたら、それはもちろん前提として「再生も出来る」と考えてしまうのではないでしょうか?(少なくとも、私ならそうです)

書き込んだら、普通はそれを再生するのが当たり前。

なのに、再生をするには最上位のUltraにアップグレードをすることが必要で、付属ソフトを持っている人は2~3割のディスカウントで購入が可能・・・

ということは、付属ソフトで3000円を支払い、アップグレードで6000円ほどを支払うということで、結果的にはソフトを普通に購入する(約1万円)と全く同じ・・・

なんて商売なんだ! まったく!!と、驚いてしまいました。

とりあえず、当面は、お試し無料ダウンロード版が1ヶ月使えるので、それで再生したいと思います。(その期限が切れたら、別会社のお試しダウンロードをする)

でも、他の環境でも再生を試してみたいなと思っているので、それをどうしようかと考えました。ネットカフェで、ブルーレイを見れるところはあるのか?と考え、「ネットカフェ ブルーレイ」などのキーワードで探したところ、同じ質問をしている人たちに遭遇。たま~にあるものの、それは行くことができない地方都市だったりして、ほぼゼロという状態。回答者曰く「ネットカフェで、ブルーレイドライブを置いてペイする状況ではない」とのこと。「ブルーレイをネットカフェで見たいなら、PS3を置いてあるところを調べること」と書いてありました。

なるほど! 確かにPS3ではブルーレイの再生も可能です。ネットカフェでPS3を置いている店を調べると、ぽつぽつと置いてある店が検索できました。一番自分に近いお店を見つけ、そこに電話をしてみます。お店の人曰く「PS3は当店では1台しか置いていなく、いつも誰かが借りている状態です。事前に予約は出来ないし、いったん誰かが借りると数時間は空かないし・・・」とかなり難しそうな状態であることがわかりました。でも、それにしても置いてあるお店が少なすぎる!

PS3関連でしばらくネット検索していると、ゲーム機とかゲームソフトを貸し出すというのは、かなり厳しく取り締まられているのだということが分かりました。例えばこんな記事。ゲームソフトの開発には莫大なお金がかかっているのだから、最新のゲームソフトを例えばゲーム・バーやネットカフェなどで遊べるようにしてしまうと、ソフトの売り上げに影響してしまう、というのが厳しく取り締まる理由のようです。

しかし実際には、記事にも書かれているように、せいぜい数時間のプレイでそのゲームを遊びつくせるわけではないし、最近は大人数でわいわい遊ぶ系のソフトも多いのだから、人を家にたくさん呼んで遊ぶのはスペース的にも、騒音的にも結構難しい。カラオケボックスなどでゲームが遊べるようになれば、それはかなりヒットするだろうになぁ、と思います。カラオケ同様、上手にやれるように個人的にソフトを購入して家で練習→みんなの前で披露、という人も多いだろうし。

そんなわけで、この大容量&高画質時代にもかかわらず、ブルーレイを外で観る環境というのは、意外にもまだまだ整っていないのでした。まさかレーザーディスクみたいな道は辿らないですよね・・・? そうなったら悲しい。

|

« [jp] だんだん上達 | トップページ | [jp] 9月10日「映像とトーク」イベント@名古屋 »

新作制作状況」カテゴリの記事