« [jp] 8月10日藤沢労働会館 参加された人の感想 | トップページ | [jp] 英語仮サイト »

[jp] 写経、亀ゼリー、誰かに会えるかも・・・自由だなぁ

先週末で終わらせたかった字幕入れ作業ですが、今日は朝8時から始めたところ、お昼前に無事終えることが出来ました! 早速DVDを焼いて再生確認をし、OKならマスターディスクにするつもりだったのですが、2箇所、やや再生が不安定なところがあり、不安な気持ちに。一度通しで再生した後、また最初から再生を始めると、今度は大丈夫でしたが、それでもマスターにするのはいかがなものか、と思っています。もう一度焼いて見なければ。

海外の場合、日本のNTSCではなく、PAL版を要求されることもあるので、PALに設定したものも焼きました。こちらもまだ再生の確認はしていません。おいおいやって行こうと思います。

午後からは、「さようならUR」のあらすじを英語で書きました。短いひとことバージョンと、ある程度の長さのバージョンの2タイプです。中国の雲南映画祭のときに、英語によるあらすじを作りましたが、それは海外では馴染みのない、日本の公共住宅政策の背景をずいぶん丁寧に説明した、超ロングバージョンなのです(以前このブログで紹介済み)。大抵、あらすじは100~200ワードぐらいで求められることが多いので、150ワードのバージョンで書きました。(でも、要点をコンパクトにまとめるのに苦心しました)

現在ネイティブチェック中なので、出来上がりをしばし待ちます。

ところで! 8月28日(日)の夜に、高円寺の素人の乱12号店で「さようならUR」の上映会をしていただくのですが、主催者の山口静子さんがブログにそのことを書いてくださっています。その記事をメールでいただいたので、拝見したところ・・・その自由さに驚きましたhappy01

まず、イベントの呼びかけが「誰かに会えるかも!」。そして、3部で構成されるイベントの時間が10時間!!! 3部全て参加した人には、恵比寿ビールorプレミアムビールor(アルコールが)だめな人は亀ゼリーって・・・! さらには、「話べたなので、写経をしているかも」、とか書いてあるし・・・。

すべてが、山口さんのオリジナルな発想で、自由に組み立てられているんだな~というのが伝わってきて、とても面白いなと思いました。だって、普通、イベントを企画するときには、主催者の”これがしたい!”という気持ちよりも、”こうしなきゃ”的な発想や、”面倒なことはやりたくない”的な消極論に、知らずに陥ってしまうことが多々あるではないですか?

なので、ある意味”原点”の香りのする、山口さんの企画に、私は興味津々です。特に中央線沿線の方、この日は高円寺阿波踊りもあるみたいですし、ぜひいらしてください!

|

« [jp] 8月10日藤沢労働会館 参加された人の感想 | トップページ | [jp] 英語仮サイト »

新作制作状況」カテゴリの記事