« [jp] 住まいるチャンネル・仙台生放送 報告 | トップページ | [jp] ブライアン追悼上映会 参加していただいた方の感想 »

[jp] ブライアン追悼上映会+イギリススカイプ!

10月2日は、ブライアンが亡くなって以降初めて、わたし主催で開催した追悼上映会でした。三鷹で半世紀以上平和・社会活動をされている谷島さん、そしてこれまでの東京近辺の上映会などでお世話になった方々の協力を得て、「さようならUR」、「ブライアン~」の2本立て上映、そしてイギリスとのスカイプトークという、盛りだくさんな企画を計画しました。

映画の上映とトークだけなら、時間が長くなるだけで普段の上映会と変わらないのですが、今回はスカイプでつなぐというのが目玉で、そしてそれは悩みの種でもありました。

ジャーナリストの寺澤有さんに、誰かWiFi接続の設備と知識のある人で、当日のスカイプをやってくれる人を紹介してもらえないか?とお願いしていました。人を探すにも、10月2日に予定を空けられる人でないと意味がないので、あまり早くから動き出すことは出来ず、1週間ほど前になって、兼業ジャーナリストの田中昭さんを紹介していただきました。

田中さんは東京電力の記者会見に出席し、生中継をしているのだそうです。なので、ユーストやネット中継に詳しく、装備一式も自分で持っているとのことでした。

会場である武蔵野公会堂で一度接続テストをすることになり、9月24日に田中さんと初めて会い、武蔵野公会堂で接続テストをしました。当日、イギリス側でスカイプを担当してくれるポールにもスタンバイをしてもらい、接続をします!

幸い、武蔵野公会堂の会議室の造りは片側全面が窓(学校の教室のような感じ)で、建物の中だと普通は届きにくいWiFiの接続はバッチリとのこと!

・・・しかし、イギリス側のポールから送られてくる映像と音声をみて、田中さんは「悪すぎる」とびっくりしていました。画面はほとんど真っ暗で、うっすら人の影が見える程度、音は小さくて聞こえない・・・。

これまで私はポールとスカイプを何度もやっているので、画面は見慣れたものでしたが、普段は画面をほとんど見ないで会話をしているので(ネットサーフィンしながらとかcoldsweats01)、私は全く気にしていなかったのでした!! 音声については、私はイヤホンしてきいているから家では普通に聴こえましたが、田中さんのノートパソコンのスピーカーだとほとんど聴こえない状態です・・・

接続テストをする前は、日本側のWiFi状態だけを心配していた私ですが、思いがけずイギリス側のウェブカメラと音声が問題になると知ってびっくりでした。

カメラの解像度が低すぎるのか?? 家に帰ってもう一度ポールとスカイプをしましたが、相変わらず画像の輪郭はぼやけているものの、明るさはだいぶ明るくなっていました。

というのも、接続テストをした時は、イギリスは朝の9時でまだかなり暗く(イギリスは緯度が高いので)、部屋のカーテンを閉めて、部屋の明かりだけでしていたそうなのです。しかもイギリスの場合、一般家庭では蛍光灯はほとんど使われておらず、もともと部屋の明るさが日本に比べてはるかに暗いのです。

うーーーん、どうするか。カメラを新しく買うにも、彼のカメラ自体2年ほど前に購入したものなので、そんなに古いわけではありません。新しいものを買っても、画質が劇的に向上する保障はないのです。そしてHDタイプのウェブカムも販売されていますが、HDではパソコン側に要求するスペックも高くなるので、普通のパソコンで使っては、画像処理が追いつかずに、かえってフリーズしてしまう危険性もあります。人からウェブカメラを借りる場合は、インストールCDなども一緒に借りないと、パソコンで動作しない可能性もあるし・・・

私たちに残された時間は1週間弱・・・

当日の会場として使用する女性センター側でウェブカメラ、スピーカーを貸してもらえるかどうか、そして事前に接続テストをしてもらえるかどうかをお願いしようという話になりました。女性センターは少人数でいつも忙しくしているということは知っていたので、この1週間という短期間(しかも、田中さん、女性センター、私の予定を合わせなくてはならない。イギリスとの時差もある)で、本当にこれらをクリアできるのか、すごく心配でした。

女性センターから連絡が来て、木曜日の日本時間6時(イギリスの朝10時)に接続テストをすることになりました。私はその日は仙台に向かう日でしたが、4時ごろには仙台に到着する予定だったので、メディアテークでパソコンを借りてスカイプに加わることに。

さて、パソコンを借りてスカイプを立ち上げようとしても、なぜか立ち上がりません・・・! あれこれ試すうちに、約束の6時になってしまいました!! イギリスの女性センターのKay(ケイ)と田中さんが英語でコミュニケーションするのに、私が仲介役となっていたので、何とかログインしなければならないんですが・・・!!

携帯のメールを見ると、田中さんからメールが入っていて「無事スカイプテストできた。音声・映像ともにクリアなり。ケイ、ごっつええ女やん!」と書いてあるではありませんか・・・!

私が心配する必要なく、彼ら同士の間でスカイプのチェックが出来て、しかもケイが好みの女性で良かったですね、と一安心。あとは当日のスカイプを待つのみとなりました!!

はぁ~、でも事前のスカイプチェックをセッティングするだけでもう沢山!という感じで、自分に(これは最初で最後)と言い聞かせながら、何とか今回だけは成功してくれ~という気持ちで、インターネット中継ってつくづく大変なんだなぁ、と思ってしまいました。

そんな状態で迎えた10月2日。会場の武蔵野公会堂。
Dsc04353

第2会議室を午後・夜間の通しで借りました。9時間のレンタルです!!
Dsc04356

会場を借りるときに谷島さんが付けてくれたこの日の催しの名前、「早川由美子の映画を観る会」happy01
Dsc04357

さようならURのポスターを掲げました。サイズはちょうどぴったり。
Dsc04355

受付を担当してくれる「にっしぃ劇場」のにっしぃさんと、谷島さんのお友達の白井さんが来てくれました。会場で設営をします。
Dsc04358

第1部「さようならUR」の上映開始!
Dsc04360

途中、DVDの再生に不具合があり、急遽VHSで再生をするというハプニングがありました。大変申し訳ありませんでした。会場にお客さんとして観に来てくれていた小笠原さんにも手伝ってもらい、急いでVHS上映に切り替えました。

上映が終わったあとのトーク
Dsc04364

この日は、寺澤さんも会場に来てくれていたので、挨拶してもらい、直撃取材の時のエピソードなどを話してくれました。
Dsc04373

Dsc04381

この日は2本立てという長丁場でしたから、5時から6時の間は休憩時間でした。「言論・表現の自由を守る会」の垣内つね子さんが、お稲荷さんとかぼちゃの蒸しパン、果物を持ってきてくださり、みんなでいただきました。とてもおいしくて、お客さん同士が自然と会話するきっかけにもなり、大好評でした。
Dsc04383

映画をご家族で観に来てくれた是恒さん。いつもありがとうございます!!
Dsc04386

さて、6時からは第2部「ブライアン~」の上映です。今度は田中さんのパソコンを借り、私が持ってきた卓上スピーカーからの音声に切り替えて上映したところ、第1部よりも格段によい環境で観ることができました。ほんと、私は今後の上映についてどう設備を揃えるのか、真剣に考えないとまずいです。毎回、機材との相性に頼るなんて、運に任せるのはよくないのだから。
Dsc04387

ブライアンの上映が終わり、いよいよイギリスとのスカイプトークです!! 日本の会場のウェブカメラは会場(お客さん)側に向け、カメラの操作は寺澤さんが担当してくれることになりました。ウェブカメラについているマイクは近くで話さないと声を拾わないので、私はスカイプトークの間90分間、ずっとこのような立ち姿勢に!!
Dsc04390

イギリス側は、ウェブカメラの前に4人が納まる状態で映し出されていました。後で聞いたところによると、朝9時にケイが会場に来てスカイプの位置のセッティングをしたそうですが、スカイプが始まる12時ごろになって太陽の位置がずいぶん変わり、最初に設定した位置では暗くなってしまうので、スカイプが始まる直前になってあわてて机やイスを動かし、この位置にしたのだそうです。

写真では良く見えないかもしれませんが、前列向かって左がマリア、右がポール、後列左がケイ、右がディディ。ケイとディディはロンドンのクロスロード女性センターGlobal Women's Strikeのメンバーです。

最初に彼らに自己紹介をしてもらい、そのあとは日本側、イギリス側から色んな質問が出ました。双方の国での反原発の活動、メディアの報道、福島(その他の地域)での住民の健康と対策、そしてイギリスのSOCPA法廃止~新法成立による影響と今後、イギリス総選挙の時に3ヶ月間パーラメント・スクエアで行われた抗議活動Democracy Villageについて、イギリスの表現の自由を守る根拠としているHuman Rights Actについて、イギリスの法務大臣はこの法律自体を廃止しようとしていること(!BBCでの記事はコチラです)、ブライアンの活動を陰で支えてきたマリアの存在、憲法9条、ロンドンでの武器産業見本市で400万ポンドもの税金が警察の1週間の警備で使われたこと、ロンドンオリンピック開催により福祉が削られていること、東京もオリンピックの開催地に名乗り出ていること・・・

本当に沢山の質問と回答が途切れることなく続き、質問が出来ないまま終わってしまう人も出てしまいました。これだけネットが普及しても、積極的に情報収集をしている”活動家”でも、やはりお互い直接話して情報交換することでわかる相手の国・市民の事情というのがあるのだということを痛感した今回のスカイプトーク。(やって良かった!!)と思いました。

今回の上映会は、これまでに何度も映画を観てくれている人たちも沢山いらしてくれたのですが、やはり今回のスカイプトークは特別だったようで、面白かったとの声を沢山もらいました。会場の熱気を感じましたし、私自身もその日は興奮気味で良く眠れなかったです。

以下、スカイプトーク時の写真です。(横山哲也さんによる撮影。どうもありがとうございます!)
Dsc04392

Dsc04401

Dsc04402

Dsc04405

Dsc04411

Dsc04412

Dsc04413

終盤のほうは、私もくたびれ気味な様子だわcoldsweats01

Dsc04414

今回の反省点としたら、このスカイプトークは、私が司会・進行、そして通訳も兼ねていたので、例えば話題が1つのことに集中しがちになったりするのを軌道修正できないまま進んでしまったり、本来はブライアンの追悼上映会であるのに、ブライアンに関する話がほとんど出てこなかったり、一人の話が長くなりすぎて他のことが話せなかったりすることでした。

やはり、きちんと仕切り、舵取りのためには司会者と通訳者を別に分け、私がどちらかに集中できるようにした方が良いでしょう。でも、英語が出来るだけでは通訳は務まらず、その話題についてよく知っていないと通訳は出来ないので、この場合は私が通訳をやるしかありません。なので、司会者を別に立てる事が必要だったと思います。

ちなみに、私はスカイプトーク中はほかの事は全く眼中に入らないぐらい集中しているので気がつかなかったのですが、後で聞いたところによると寺澤さんがスカイプトークの様子をツイッターでつぶやき、それが場外乱闘騒ぎになっていたそうです!

寺澤さんのツイッターを覗いてみると、「田中昭さんがロンドンとインターネット経由で対談をするために準備中。相手方の女性を”ごっつええオンナやん”と言うから、パソコンのディスプレーをのぞき込んだら、ただの”ごっつい女”でした」とか「インターネット経由でロンドンと対話中。相手方はがたいのいいお姉さま3人とホモっぽい男性1人。もっぱら話題は大震災と原発事故」とか、その他様々な放言(普段どおり?coldsweats01)が飛び交い、フェミニストたちとの間で炎上のような状態にもなっていました。

さて、当初このイベントは9時20分ごろには終了させ、9時半にはここを出て飲み会・・・という段取りだったのですが、気がついたら9時40分ごろになり、谷島さんが「今終わらせないと撤収できない!」と知らせてくれて、最後はあわててスカイプを切る様な状態になりました。

来ていただいた方々に一人ひとりお礼を言いたかったのですが、片付けに追われ、それもままならないまま撤収。この場を借りて来て頂いた皆様にお礼を申し上げます。

打ち上げの様子
Dsc04439

↓明るさ調整したら変な色合いになってしまった・・・

Dsc04437_1 

Dsc04415

Dsc04418

Dsc04420

Dsc04422

Dsc04428

Dsc04432

Dsc04433

Dsc04440

Dsc04442

Dsc04447

11時を過ぎ、この日は日曜日なので大抵の人は次の日仕事があるのでお開きとなりました。最初はどうなるかと思った追悼上映会+スカイプトークでしたが、おかげ様でとても充実した有意義な会となりました。

手伝っていただいた皆さん、会場へ足を運んでくださった皆さん、第1部+第2部と通しで付き合ってくださった皆さん、どうもありがとうございました!!

|

« [jp] 住まいるチャンネル・仙台生放送 報告 | トップページ | [jp] ブライアン追悼上映会 参加していただいた方の感想 »

新作制作状況」カテゴリの記事

コメント

写真にわいのどアップがないのはどういうわけじゃ?こんな辱めを受けたのは初めてじゃ!(カダフィ)

投稿: 田中昭(平等党) | 2011年10月 4日 (火) 18時03分

田中さん~

先日はどうもありがとうございました!
田中さんだけがアップで写っている写真、探してみたんだけど1枚もなかった。残念。
辱めって…coldsweats01

またの機会にぜひ^^

投稿: yumiko | 2011年10月 4日 (火) 22時57分

とても充実し、たのしそうな会でしたね。出席できなくて残念でした。出席者の顔を見ると知り合いばかりで、出席できなかったことがもっと残念でした。早川さんも元気そうで、うれしいですよ。「さよならUR」ぜひ、学校でぜひ上映会やりたいですね。

投稿: 川手 晴雄 | 2011年10月 5日 (水) 08時20分

川手先生

コメントをありがとうございます!
ご無沙汰しています。
そうなんです、谷島さんとか、是恒さんとか、川手先生とも親しい方々がたくさん来てくれました。
「さようならUR」、学校でも上映してくださったらうれしいです!

早川

投稿: yumiko | 2011年10月 5日 (水) 09時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« [jp] 住まいるチャンネル・仙台生放送 報告 | トップページ | [jp] ブライアン追悼上映会 参加していただいた方の感想 »