« [jp] ベトナムのティーさんインタビュー 完全バイリンガル版 | トップページ | [jp] 熱心なお客さん »

[jp] はるばる習志野まで

昨日は、「人権NGO 言論・表現の自由を守る会」の垣内さん主催で、千葉県習志野市にて「さようならUR」の上映会を開いていただきました。

会場はサンロード津田沼
Dsc05259

この土日は、習志野の市民団体が集うお祭りが開催されていて、私の上映もそれらの催しの中のひとつとして企画されました。
Dsc05257

「人権NGO 言論・表現の自由を守る会」の活動発表コーナー
Dsc05263

私の受賞についても貼ってくださっていましたhappy01
Dsc05264

ブライアンの追悼上映会の時も、「わくわくクッキング」の出張販売をしていただきましたが、この日もかぼちゃの蒸しパンなどが販売されていました。それにしても安い・・・
Dsc05267

Dsc05268

りんごのパイとお漬物をいただきました!
Dsc05260

習志野方面なんて、私は正直、海外旅行のために成田空港に行く時ぐらいしか行く機会がないのですが、こちらの始発電車で面白い光景が見られるとのお話を聞きました。ぜひ行って見たいのですが、そのためには前日の終電などで来なければなりません。垣内さんのご主人曰く「終電に乗り遅れた人は駅構内で寝させてくれるらしい」という情報もあり、(じゃあ駅の構内で寝れるのかしら?)と思いましたが、さすがに寝袋ないと今の時期は寒いですよね・・・!! いつか行って見たいと思います。

開場時間が近づき、会場のセッティングをしていると、私を呼ぶ声が・・・。なんと、都内に住む私の昔からの友達が、はるばる習志野まで映画を観に来てくれたのでした!! まさか習志野の上映会にきてくれるとは思わなかったので、本当にびっくり!!

きれいなお花もいただきました。ありがとう~
Dsc05273

Dsc05296

上映の様子
Dsc05282

上映の後は、私から制作の経緯や、映画には盛り込まなかったけれど思ったこと、などを話しました。そのあとは、観に来ていただいた方々から、お一人ずつ感想や質問などをいただきました。

家賃が生活費に占める高さについて、裁判で国と闘ったことがあるという人の意見、URの団地で自治会長をされている方のお話、URは国と住民の板ばさみになっているのではないかという意見など、様々な年代や立場の方から1時間半以上にわたり色んなお話を聞くことが出来、とても面白かったです。

イベント終了後は、垣内さんからりんごや蒸しパンをいただきました。
Dsc05290_2

垣内さん
Dsc05291

今回(今回に限らずですが)、URの団地にお住まいの方々などに、この映画は特に興味を持っていただき、「自分の団地でも上映会をしたい」と言ってもらうことが良くあります。私も特に団地にお住まいの方にぜひ観ていただきたいと思っているので、それはとてもありがたい話です。

しかし、実際に団地の自治会役員会議などにこの映画の上映について持ちかけると、役員の人たちはこの映画を観る前に、様々な人間関係(URとの関係や公団自治協との関係)を心配して「自治会が主体となって上映会を開催するのは難しい。映画は個人的には観てみたいけれど」という結論になることが多いです。

よって、今のところ団地での上映会は高幡台団地と、団地の取り壊しと建て替えに自治会自体が反対している海岸通団地でしか、「団地上映会」が実現していません。

私は映画を編集するときに(各団地の自治会がこの映画を広める鍵になる)と思っていたので、自治会批判のことを盛り込むべきかどうか検討しましたが、やはり自治会のことを盛り込まないのはウソになると思い、あえて映画に盛り込んだというのは以前このブログで書いたとおりです。自己批判を受け入れつつ、多様な意見を聞くというオープンな姿勢に自治会や公団自治協がなっていかないと、結局本当の意味で「住民のための、住民の立場に立った自治会」にはなれないと思うからです。

今はまだ自治会主催の上映会を海岸通団地を除いて実現できていませんが、今後これらの課題を乗り越えて自治会主催で上映会を開催してくれる団地が増えることを期待しています。

会場のアンケートに協力していただいた方の感想を掲載します。

=====
つい最近、美竹公園でも耐震うんぬんを理由に野宿者を排除しようとする動きがあったばかりなので、とてもタイムリーな内容の映画だと思いました。裁判で争う前にまず、住民たちとちゃんと話し合うのが先じゃない?
(30代、男性)
=====

どうもありがとうございました!

|

« [jp] ベトナムのティーさんインタビュー 完全バイリンガル版 | トップページ | [jp] 熱心なお客さん »

上映会報告(日本語)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« [jp] ベトナムのティーさんインタビュー 完全バイリンガル版 | トップページ | [jp] 熱心なお客さん »