« [jp] 今年初の「ブライアン~」上映会 | トップページ | [jp] ティさんのインディペンデント魂! »

[jp] ニュース番組がストライキ?!

3月1日は、お昼からオーディトリウム渋谷で「木村英文レトロスペクティブ」を観にいきました。平日の昼間にもかかわらず、会場で知っている人たちがたくさんいてびっくり! まるで同窓会?ぐらいの勢いでした。私は3本しか観ていませんが、特に「アイラブ優ちゃん」、すごく良かったです!

夜は、アワープラネットTVのワンコインサロンへ行きました。アワプラの白石さんがメーリングリストで流されたイベント情報に興味を持ったからでした。

そのイベントの情報は以下。(白石さんの案内を引用)

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
    ~メディアの今を考える報告&ワークショップ~
    韓国テレビ局・記者たちの抵抗運動から学ぶ
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

韓国の大手放送局MBCでは、今、大きなストが起きている。
記者たちの要求は李大統領が送り込んできた社長の退陣。社長交代以降、政権に批判的な放送ができない状況が起きているとして、記者たちは、スト突入と同時に「公共性を失った『公営放送』のMBCを取り戻す」とのスローガンを掲げ、視聴者の間からも支持を得ているという。

ユニークなのは、ストの最中にも人気報道番組「ニュースデスク」を制作し、上層部の圧力によって放送されなかった内容をYouTubeで配信。1週間で約50万回視聴された。また、同じく上層部の指示でつぶされた「PD手帳」という検証報道番組もインターネット番組の形で「パワーアップPD手帳」として制作しているという。

今、韓国のテレビ局で何が起きているのか。
YouTubeで公開されている番組などを見ながら、学ぶとともに、では日本ではどうなのか?比較しながら一緒に考えたいと思います。

日時:3月1日(木)19時~
会場:OurPlanetTVメディアカフェ
報告:安田幸弘さん(レイバーネット)
*もしかすると、MBCの記者とスカイプでつなげるかも?
*YouTubeの映像も沢山みます。
定員:20人
参加費:500円(会場費/ワンドリンク込み)

・・・というものでした。

イベントの参加者は10人ほど。めちゃ韓国事情に詳しく、韓国語にも堪能な安田さんの解説で、韓国のメディア事情の特殊性(民主化の歴史、政治によるメディア支配、型破りで熱い労働運動、ジャーナリストたちの報道にかける思い、市民たちの公正な報道を求める強い願い)がよ~~~く分かりました。

安田さんから1時間ほど解説があった後で、後半は白石さんとのトーク、会場の参加者との質疑応答がありました。民放のテレビ局に勤務した経験のある白石さんは、日本のテレビ局のストとの違いを話していました。韓国のストは①社長の退任と②公正な報道を要求事項として経営陣に訴えていますが、日本のテレビ局では公正な報道が要求項目のトップにされることは無く、「賃上げ」や「労働環境の改善」なのだそうです。(賃上げって言っても、テレビ局の人は1000万円以上稼いでいる人もざらですが・・・)

日本のテレビ局が「賃上げ」を要求項目のトップにすえるのは、そうしないと組合員を多く巻き込むことが出来ないからだ、と説明する人もいました。(一部の組合員しか関心を持たない要求項目では、ストライキの規模が小さくなってしまうので)

でも、日本のテレビ局でもストライキをやることはあるそうですが、大抵は技術部の人たちによるストで、しかもその不足分は社外の戦力で補われてしまうため、番組は通常通り放送され、視聴者からはストライキ中であることは全く分からないそうです。

それに対し韓国では、ストライキに加わる人たちがあらゆる部門に及び、夜のメインニュース番組のアンカーまでストに加わり(ニュースキャスターは人気商売のため、普通はストの対象外とされるそうですが、アンカー自らストに加わることを希望!)、ニュース番組中にスト突入を宣言するという事態に!!! 通常45分間のニュース番組は、今では15分程度になってしまい、局側はドラマの再放送などを流して、視聴率はかなり下がってきているようです。

また、ストの要求項目に関しても、日本ではトップに挙げられる「賃上げ」は、韓国のメディアのストでは要求項目として挙げられていないそうです。安田さん曰く「賃上げを求めるストでは、視聴者(=国民)の支持を得られない」とか。メディアに携わる人たちが、その本来の役割(=公正な報道)のために闘っているからこそ、国民もそれを支持して、YouTube上にアップされたスト中に作られた番組が、すごいダウンロード数となっているわけです。

ストはまだまだ続きそうな勢いで、安田さん曰く4月に行われる総選挙がひとつの山場となるだろう、とのこと。私は4月に10日間ほど韓国に行くので、これはもうMBCのスト現場に行かなければ!!と盛り上がったのですが、残念ながら私が韓国に行くのは総選挙の後なのでした。残念!! でも、総選挙後もストをやっていたならば、私も是非MBCスト現場を訪ねてみたいです。

隣の国ですが、メディアに関する人々の意識は全然違うと、改めて思った夜でした。

|

« [jp] 今年初の「ブライアン~」上映会 | トップページ | [jp] ティさんのインディペンデント魂! »

新作制作状況」カテゴリの記事

コメント

その後、朝日ニュースター「ContAct」に、レイバーネット日本の安田幸弘さんが登場し、このMBCストについて解説されました! 番組はこちらにアップされています。http://youtu.be/2gNymW6iaCA

投稿: yumiko | 2012年3月 9日 (金) 23時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« [jp] 今年初の「ブライアン~」上映会 | トップページ | [jp] ティさんのインディペンデント魂! »