« [jp] 『ブライアンと仲間たち』、追悼上映会を開いてくださる方を募集! | トップページ | [jp] これからはどなたも週3で! »

[jp] DVD海外販売、ほぼ完成!

2~3週間で、と思っていたらあっという間に1ヶ月以上経ってしまったのですが、昨夜やっと海外向けDVD販売のページを完成させました!

http://www.petiteadventurefilms.com/

時間がかかりすぎた主な理由は、DVD注文(ONLINE SHOP)のページ。改めて、オンラインショップで無意識に使ってきた様々なことを考えるきっかけになりました。

例えば、注文書。最初は注文書形式ではなく、こちらのメールアドレスを掲載し、このアドレス宛に下記の必要事項を記入して送ってください、という方式にするつもりでいました。

しかし、必要事項が数項目あると、人によっては必要な項目が抜け落ちて送ってくる場合があります。例えば、忘れがちなのはDVDの注文枚数。大抵の人は「1枚」でしょうが、中には複数枚ほしいという人もいます。「1枚」は当たり前すぎて、書き忘れてしまったりするわけです。

また、海外販売で必要な、NTSC、PALの規格も、書いてもらわなければこちらは困りますが、これも抜け落ちやすい項目です。

よって、必要事項を記入してメールで送ってもらう方式は止め、注文フォームをサイト上に用意して、必要項目を埋めて「送信」ボタンを押す、という方式にすることにしました。

この場合、問題になるのが、Eメールアドレスです。メールで送ってもらう場合には、メールアドレスが自動的に表示されるので間違いようがありませんが、自分でアドレスをタイプする場合にはタイプミスが発生する場合があります。

そのために、Eメールアドレスを2回記入するようにし、両方が同一でないとエラーになるように設定しました。(そのほかの記入項目も、任意記入の「コメント」欄以外は空欄のまま送信するとエラーメッセージが出るようにし、オーダーフォームの末尾にもコメント欄以外は全て記入してくださいと書いておきました。

そして、郵便代金についても、再度考えました。当初、地域に関わらずEMSで一律1500円、と考えていました。しかし、ポールから「1500円は高いんじゃない? DVDと同じだけの郵便代金を払うなんて。人によっては、早くなくても良いから安いほうが良いと思う人はいるのでは?」と言われました。

確かに、EMSでなくて航空便の小型包装物ならば300円程度で送れます。しかし、海外の郵便事情は国によって(イギリスも)かなり信用度にばらつきがあります。お金が関わることですし、受け取った・受け取らないでトラブルになるのも嫌なので、EMSではなくても、記録が残り手渡しされる書留はつけることにし、EMSか書留かを選べるようにしました。(日本国内でのDVD販売は普通郵便で送っていますが、日本国内ならもし送付トラブルがあっても、再送や電話でのやり取りなど、トラブルへの対処が海外よりやりやすいと思います)

また、私の姉から、「郵便代金が世界共通にされると、アジアの人は損している気分になるのでは? 日本人の監督なんだし、アジアの人の方が興味を持ってくれるのでは? それにこれからの時代はアジアに軸足を置かないと」と言われました。映画作りには日々反対しつつも、何気に世界進出の野望を持っている(?)姉のアドバイスを受け、郵便代金を「アジア」と「その他」に分けることにしました。

「その他」の料金は実際にはアメリカとヨーロッパの代金で設定したので、例えばアフリカや南米からの注文の場合は、郵送料が高くなるので、その差額は私の方で負担することになります。(って、たいした差額じゃないですが)。

しかし、思わぬ問題が発生。何を持って「アジア」とするのか。よく、国際的なスポーツで(ワールドカップサッカーなど)、アジア予選で日本とアフガニスタンが対戦・・・とかそういうニュースで、(え? アフガニスタンってアジアなの?)といったような感覚を持つのと同様(←私だけ?)、何を持って、どこまでをアジアとするのか、これは大きな問題です。

さて、どうするのか・・・。考えましたが、結局は郵便料金のアジア設定ということですので、日本郵便のウェブサイトから、「アジア」のページを探してきて表示し、それに基づくことにしました。なので、政治的・社会的な思惑・定義とかは、このDVDの販売地域の区分けでは関係ないわけですcatface

その、国、地域の表記についても悩みました。「Country」欄を設け、そこはドロップダウン・メニュータイプにすることにしたのですが、その「Country」データをどこから持ってくるか、どこに準拠するか。

ポールが、データベースのサイトから国名一覧を持ってきたのですが、よくよく見ると、国の英語表記は、国によってはかなりのバリエーションがあるわけです。よく知っている国でも、探すのに一苦労する国もありました。そして、台湾とかパレスチナとか、微妙な立場におかれている国の表記が(う~~~ん、これってどうなの?)と思うようなものだったり。

国の表記について、どこに準拠するかと考えて、結局は「アマゾン」のサイトと同じものを使うことにしました。アマゾンが世界標準というわけでは全然ないですが、単に一番良く使われていてなじみがあるもの、ということで。

・・・はっきり言って、DVDの注文書を作るのに、ここまで色んな事柄が絡んでくるとは、想像だにしていませんでしたcrying

また、DVDの注文枚数には制限を設けました。例えば、間違いやいたずらで1000枚とか入力する人がいるかもしれません。本当にそれだけ頼むつもりならいいですが(まぁ、1枚ずつ手焼きだからかなり大変ですが)、普通はそんな注文はありえません。そこで、50枚(これも多いけど)以上の数字を入力するとエラーになるようにしました。

そして、オーダーフォームの末尾には、注文枚数と郵送国(アジアかその他か)、郵送方式(EMSか書留か)によって、自動的に合計金額が計算され、表示されるようにしました。

表示金額と、実際にPAYPALで送金してもらうときの通貨は日本円です。以前にもこのブログで少し書いたことがあると思いますが、日本に旅行したことがあるか、もしくは為替相場に関心を持っている人でもない限り、即座に日本円が自国通貨とどのようなレートで交換されているのか、想像しにくいですよね? なので、合計金額のそばに自国の通貨に換算できる機能もつけました。

オンラインショップのページが完成したあとは、オンラインショップのページに飛ぶためのバナーを作成。以前アイデアについてこのブログで紹介したことがありますが、そのときのアイデアを踏襲して、やや変更を加えたものに。

これで一応ウェブサイトに載せるべき情報は終了しました。もう既に注文書は注文が出来る状態になっています。あとはDVDのジャケット裏だけだわ、と思っていたら、ウェブサイトを更新した直後に、以前DVDを購入したいとメールをくれたイギリス人から「注文できるようになったら知らせてください」とメールが!!!

もしかして、ちょくちょくサイトを覗いてくれていたのでしょうか?? だとしたら、お待たせしすぎて申し訳ない・・・。

なんとか、今度の週末ぐらいまでにはDVDのジャケット裏も完成させたいです!

追伸:
このブログを書く直前(30分ぐらい前)に、イギリスの人に「ウェブサイトからオーダーできるようになりました。ウェブサイトの情報を見て、購入したい場合は、ウェブサイトより注文してください。まだDVDのジャケット裏が完成していないので、今週末ぐらいには完成できるようがんばります。注文を受け、ジャケット裏が完成した時に、支払い方法について連絡します」とメールをしました。今さっきメールを確認したら、その人から注文が!!! かなり楽しみにしてくれているみたいです。期待しすぎて、映画を観てがっかりなんてことにならないと良いけどhappy02

|

« [jp] 『ブライアンと仲間たち』、追悼上映会を開いてくださる方を募集! | トップページ | [jp] これからはどなたも週3で! »

新作制作状況」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« [jp] 『ブライアンと仲間たち』、追悼上映会を開いてくださる方を募集! | トップページ | [jp] これからはどなたも週3で! »