« [jp] ソウル国際女性映画祭で「さようならUR」上映! | トップページ | [jp] 超特急の対応で »

[jp] 究極の遠隔共同作業!

予定よりだいぶ遅れてしまいましたが、今日やっと海外販売用のDVDジャケットが両面ともに完成しました!

作業の遅れは、幸いにもこの週末はイギリスがイースターの休暇で、ポールが金曜日から今日(月曜日)まで会社が休みだったことで、取り返すことが出来ました!(っていうか、仕事が休みなら、私の映画関係のことを手伝わされるなんて可哀想ですが・・・)

デザイン関係のことをやり取りするのって、すごく時間がかかりますよね。何度も何度もやり取りをしなければなりません。最初のラフアイデアの時点ならまだしも、最終段階では本当に細かい微調整(ここをあと1ミリ上に!とか、ここの色はほんの少しだけ明るくしたい!とか)のために、相当な連絡をしなければなりません。

言葉でいくら説明しても、色味やレイアウトは、かなり個人的な感覚によるものなので、”私”にとっての「明るい水色」が、相手にとっても同じような「明るい水色」だとは全く限りません。メールで詳しく説明して、出来上がったものが全く私のイメージと違った・・・なんてことはしょっちゅうです。

そんなときに、実際に同じ場所で作業が出来たら・・・と思うでしょう。机を並べて、同じパソコン画面を見ながら、「あ、ここもう少し左!」とか、「こんな風にしてみて」とか。それって断然作業が早いし、確実ですよね。

そんなことを常々思っていたら、ポールがネット上で、そんなことを可能にしてしまうフリーのサイトを見つけてきました!! 「join.me」というサイトなのですが、なんと、自分(もしくは相手)のデスクトップ画面を、他の人と共有することが出来るのです!!!

このサイトを使って、ポールがイギリスのパソコン上でDVDジャケットのデザインをレイアウトしているのを、リアルタイムで日本にいる私が自分のパソコンのモニター上で見て、どこをどのように変更したいかはスカイプで通話。・・・ほんと、すごいですよねぇ・・・。・・・っていうか、デスクトップ上に変なショートカットとか画像をうっかり載せていたりしたら、大変そうですよねぇ・・・。

ちなみに、相手側のデスクトップ画面を眺めるだけではなく、相手側が承認すれば、なんと私のマウスを相手側のデスクトップに表示されることも出来るのです! つまり、イギリスで作業をするポールのデスクトップを、私が、自分のマウスで操作することが出来るのです!!(例えば、色味や影の調整では、「どのくらい」と口で伝えるよりも、私が自分でマウスを操作して、自分の好きな色味まで調整するほうが都合が良かったりします)

ほんと、離れていてもこんなことが出来てしまうってすごいですよね。

ちなみに作業中のパソコン画面をキャプチャしました!(私のデスクトップ上に、ポールのデスクトップ上で作業している画面が表示された状態)Joinme_0409_1

でも、注意事項すべき点もあります。join.meは無料で利用出来るサイトなのですが、無料会員と有料会員ではやれることに差がついています(大抵どんなサービスも、無料会員or有料会員での差別化はあります)。

大抵のサービスは無料会員のもので十分なのですが、唯一の難点は、無料会員の場合、join.meにログインしている赤の他人も、その画面を覗き見することが可能なのです・・・! 今、何人がこの画面を覗いているのかということは画面に表示されるので、自分以外の人数が増えたらさっとやめれば問題ないのですが、時々、作業に集中していると誰かが入室してきても気がつかないこともあります。

まぁ、普通は延々と続くデザインのレイアウト作業に付き合っていても面白くないので、しばらくするとその人たちは消えていきますが・・・。

有料会員になれば他人が覗き見することを防げるのですが、join.meの場合、有料会員の月会費はそれなりにします。なので、今のところ無料会員のまま使い続けています。

離れたところにいる人と共同作業をする人にはお勧めですよhappy01

今日は、1時間前にやっとDVDのジャケットが完成したので、明日はまたコンビニで印刷して最終的な確認をし、いよいよ販売開始です! とりあえず、購入希望者が1名(^^)いますので、早速準備が出来たという連絡をしようと思います。今日調べたら、ペイパルのサイトから英語や日本語での請求書発行について雛形が用意されていて、そこに必要事項を記入すればOKらしいので、そちらについても明日やってみようと思います。

DVDジャケットが完成して、とりあえず一安心しました。

|

« [jp] ソウル国際女性映画祭で「さようならUR」上映! | トップページ | [jp] 超特急の対応で »

新作制作状況」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« [jp] ソウル国際女性映画祭で「さようならUR」上映! | トップページ | [jp] 超特急の対応で »