« [jp] 報道のお春 | トップページ | [jp] 地元にて »

[jp] 事実はドキュメンタリーよりも奇なり?!

先週末は、高幡台団地の夏祭りがありました。私は土曜日は上映会だったので、日曜日だけ夏祭りに参加しました。単身の高齢世帯が増え、子どもも少なくなった高幡台団地では、小学校も統廃合されてしまいましたが、1年に1度、この夏祭りの日だけはとてもにぎやかになるのです。

73号棟
Dsc00161

お祭りの屋台は、雨よけのため、73号棟の1階部分を利用しています。
Dsc00163

6時ごろに行ったのですが、「73号棟に住み続けたい住民の会」のおでんの売れ行きは好調で、2日分として仕入れ、準備していた材料が初日で完売してしまい、急遽買い足したとのことでした。

2日目分ももうなくなり始めているとのこと・・・! お祭りの日はとても涼しかったので、住民の会が用意した「おでん」と「甘酒」はぴったりだったのかもしれません。
Dsc00170

Dsc00179

私も自分の分を急いで買わなくちゃ!と、挨拶もそこそこにおでんをゲット!
Dsc00164

おでん、ビールに漬け物。ほんと、毎年私は何にも手伝わないんだなぁ・・・! 食べるのと写真撮るのだけ!
Dsc00165

Dsc00166_2

おでんを食べ終わってから、屋台の様子を写真に撮ります。
Dsc00181

Dsc00180_2

映画のポスターも貼ってもらいました! ポスターを見て「これ欲しい」って言ってくれた子どもたちも結構いたんですって。沢山持ってくれば良かったなぁ・・・
Dsc00178

畦地さんと中川さんが作ったおむすびの差し入れ
Dsc00183

この日、おでんの屋台には見知らぬ男性がいました。2年以上73号棟問題に関わってきた私ですが、会ったことのない人でした。(誰なんだろう?)と思っていたら、吉津さんが「俺の息子なの。今日うちに泊まりに来てるんだ」と言いました。

・・・吉津さんの息子さん・・・!

これは吉津さん自身がほうぼうで話していることですが、吉津さんはずいぶん前に離婚され、奥さんがお子さんたちを連れて73号棟から出て行きました。それ以来、全く会っていないと聞いていました。半年ほど前に、息子さんのうちの一人が20年ぶりぐらいに73号棟の吉津さんを訪ねてきたと言っていましたが、その男性が吉津さんを訪ねた息子さんだったわけです。

息子さんと話してみると、なんと、インターネットで私の映画のことを見つけ、それで73号棟で起こっている問題を知り、お父さんを訪ねてきたんですって!!! 

この映画がきっかけで、20年会っていなかった親子が再会したなんて。。。こんなことってあるんだ。。。私はとても驚き、そしてとてもうれしく思ったのでした。

私は、息子さんにひとつだけ言いたいことがありました。それは、吉津さんの昔のアルバムを見て欲しいということ。吉津さんの家にインタビューで押しかけたとき、私は吉津さんの戸棚を色々漁って(!)、古いアルバムを見つけたのでした。満州で生まれ、終戦時に命からがら日本へ引き上げてきた吉津さんの、ご両親の写真や満州の頃の吉津さんの写真など、とても貴重な写真が1冊のアルバムに収められていたのです。

インタビューの時に「吉津さん、これ絶対大切にした方がいいですよ。代々お子さんたちに引き継いでください」と言ったのですが、吉津さんは「こんなもの、俺以外の人には興味ないよ。俺が死んだら捨てられるだろ」と言っていたのです。

私はそのことがずっと心に引っかかっていたので、この日幸運にも息子さんに会えたので、「お父さんに頼んでアルバムを見てください」と言ったのでした。

ちなみに、私はインタビュー撮影の後、吉津さんのアルバムから写真を何枚か借り、スキャンしたものを持っています。その中のいくつかを紹介します。

吉津さんのご両親(お母さんはいわゆる「写真花嫁」として満州へ渡り、お父さんと結婚しました)
Kitsusan_3

満州での吉津さん
Kitsusan_1

Kitsusan_2

ちなみにこちらの写真は、映画のエンディングで使っている吉津さんの写真。生まれたばかりの長男を抱いた写真。若いなぁ・・・happy01
Kitsusan_5

息子さんがアルバムを見てくれたら良いですが!

吉津さんの息子さんは私と同い年で独身だそうで、吉津さんは「うちの息子、いまだに独身なの。もらってくんない?」と冗談交じりに言っていました。自主制作の女性ドキュメンタリストは、いわゆる婚活マーケットでは対象外だと思うのですが、そんな私にまで声を掛けるなんて、相当困っているのかしら・・・happy01

私の親だったら、本当に”うんざり”って表情でこういうことを言うと思うのですが、息子さんの心配をする吉津さんの顔は本当にうれしそうでした。子供のことを心配できるっていうのも、幸せなんだなぁ・・・と思ってしまいました。

さてさて、夏祭りの「おでん」ですが、なんと、祭りが本格的に始まる7時に完売してしまいました!
Dsc00189

「完売しました」の表示をして、急いで片付け・・・と思いきや、宴会の準備です!
Dsc00205

こんなに早く完売しているのは、ここの屋台だけかも・・・!
Dsc00206

7時過ぎには乾杯してるし!
Dsc00212

記念撮影
Dsc00221

73号棟裁判の担当弁護士さんから、立派なメロンの差し入れが!
Dsc00224

Dsc00225

7時から盆踊りスタートということで、盆踊りの写真も撮りました。残念ながら雨がパラパラと降り出していましたが、踊っている人はいました。
Dsc00243

Dsc00247

73号棟の向かいの中層棟・41号棟から撮った73号棟+盆踊りのやぐら
Dsc00265

Dsc00266

お祭りは最高潮に盛り上がっていました。沢山の子どもたちで溢れていましたが、団地の人によると、高幡台団地以外の地域から遊びに来ている子どもたちも多いとのこと。
Dsc00269

7時までに完売した住民の会のおでんの横では、「高幡台団地を考える会」のバザーがありました。こちらは50円という破格の値段にもかかわらず販売に苦戦。

中央の赤いボトルは「酸素スプレー」だそうで、考える会の女性によると「買ったけど使い方が分からなくて一度も使ってない」とのことで、「映画撮る時、酸素いるでしょ? 酸素。タダでいいからもらって」と押し付けられそうになったんですが、平地で撮っている限り、別に酸素スプレーはいらないですよねぇ・・・coldsweats01 私が要りませんと答えると「じゃぁ、文鎮は?」と、次々に勧められました。う~~~ん。。。
Dsc00272

吉津さんと津覇さん。おでんの材料買出しなどは、ほとんどこの2人で担当。お疲れ様でした!
Dsc00277

宴会もほぼお開きで、食べ物もほとんどなくなった時点で、高幡台団地に住む松本さん登場。かわいそうに、お仕事の後で晩御飯を食べていなかったそうですが、ここにはもう漬け物ぐらいしか残っておらず。。。やっぱり、こういうのは早く来ないとだめですね!
Dsc00278

1日だけの参加でしたが、今年もまた楽しい夏祭りでした。

|

« [jp] 報道のお春 | トップページ | [jp] 地元にて »

新作制作状況」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« [jp] 報道のお春 | トップページ | [jp] 地元にて »