« [jp] DVDメニュー画面 | トップページ | [jp] DLの実力は? »

[jp] やはりパソコンは2台

先日、このブログでDVDのメニュー画面を作ったら、編集ソフト上ではきれいだったのに、DVDに焼いたら画像が潰れてしまったということを書きました。DVD画質だから潰れてしまうとしたら、ブルーレイならば潰れないのか?という疑問を持ったので、今日は映画本編+5本の特典映像(全部で4時間超、23GB!)をブルーレイのディスクに焼いてみることにしました。

設定を終え、これで作成開始のボタンをクリックすると、タスクバーが現れて、作業の経過時間と、予想残り時間が表示されます。予想残り時間、なんと6時間・・・!!!!

わたしの、このかなりハイスペックなPCを持ってしても、6時間もかかるなんて!!(ちなみにファイルから1時間程度のDVDを作成するのは40分ほどです)。さすがブルーレイ、さすが4時間分のハイビジョン映像・・・

以前ブログにも書きましたが、私の古くて重たいノートパソコンは、とうとう寿命が来てしまったので、私は今パソコンが1台しかありません。でも、そのパソコンが、日中6時間も占領してしまっては、他の作業がその間全く出来なくなってしまうのです。

会社勤めの人もそうだと思いますが、私もパソコンでないと出来ない作業が9割以上、みたいな状態なので、やはり編集パソコン以外にせめてもう1台はないと、仕事に支障が出ますね。

しょうがないので、私の場合はちょっと遠くまで買い物に出かけることにしました。1ヶ月ほど前に自転車を購入し、今あちこちに乗って出かけるのがマイブームなんです。歩きや電車だとなかなか行かないような場所に行くと、面白いお店とか美味しい個性的なレストランが、私の住む町(文化の不毛な町と思っています)でも、色々と息づいているのだということを知りました!

文房具でいうところの「世界堂」レベルで、世界中の豆類や乾物をそろえているお店を見つけたので、今日はそこに買いに行くことにしました。店内を色々みて回ったり、お店の人と世間話をしたりしても、早々時間は潰れるものではなく、家に帰ったらまだ予想残り時間は4時間。。。一体何をしようか。。。

ふと思いついて、たまっていた映画を観ることにしました。なかなか観るタイミングがなく、みたいと思っているものだけで既に30枚以上あるのです。今日はその中から、「あんにょん、サヨナラ」を観ましたが、とても良かったです。

映画を観る時間が強制的に持てることを考えると、パソコンが長時間使えないのも悪くないかなとも思いました(←急いでいたら別ですが)。今後、パソコンが占領されたときには、映画を観る時間に充てたいと思います。

さてさて、朝10時から始めて、ブルーレイが出来上がったのは夕方4時半でした。早速VLCプレーヤーでブルーレイを再生しようとしたら、メニュー画面(特典映像や字幕などを選ぶ画面のことです)が出ずに、しかも順番がめちゃくちゃで再生されました。(・・・えぇっ、こんなことあるの??)とびっくりして、色々といじってみましたが、作ったはずのメニュー画面が見つからず。。。

ネットで調べてみると、フリーのブルーレイ再生ソフトでは、メニュー画面の表示には対応されていないものが多いと言うことが分かりました。メニュー画面って、特殊なんですね・・・?

でも、さらに調べていくと、最新版のVLCではメニュー画面の表示に対応されていると知り、VLCのアップデートをしました。その結果、メニュー画面が最初だけ表示することは出来ました。でも、メニュー画面から何かを選んで、その再生が終了しても、またメニュー画面には戻ってくれないのです・・・

表示されるようになっただけまだマシなのかもしれませんが、フリーのソフトではまだメニュー画面の表示には課題が残っているようです。

でも、一般のブルーレイを視聴するだけなら、これで十分なのですが、私の場合は自分の映画のブルーレイ、しかもマスターディスクを作るわけですから、完璧に動作されなければなりません。今の状態では、ディスクの不備なのか、再生ソフトによるものなのか、判断が付かないのです。

・・・どうしよう・・・

また、どこかの市販のブルーレイ再生ソフトの、1ヶ月無料お試し版をダウンロードして、それできちんと確認するしかないかしら。。。とりあえず、そう思っています。でも、もう何社かダウンロードしてしまったので、まだできるものが残されているかしら・・・

まぁ、ブルーレイの再生ソフトは1万円以下で入手可能なので、買ってしまっても良いのですが、買ったら一生使えるのではなくて、お金を払ってアップグレードし続けないと再生できない仕組みになっており、こういうビジネスのあり方に腹が立つので、買わない方向でいつも悪戦苦闘しているのですが・・・

ちなみに、この前新宿を歩いていたら、新宿南口のインターネットカフェ「マンボー」では、全室ブルーレイ視聴可能と看板に書いてあるのを見つけたので、「マンボー」に持ち込むのもありかもしれませんが、何しろ私の場合、全再生時間が4時間もあるので、そんな長い時間のパック料金にするのも、費用がバカにならないな、と思います。

総合的に考えると、ブルーレイディスク・プレーヤーを買うのが一番安いのでは?と想像するのですが、どうなのでしょうか? ブルーレイ・プレーヤーについては私は無知ですが、プレーヤーなら再生するのが役目なのですから、パソコンの再生ソフトのようにアップグレードしないと再生できない、なんてことはないのでは? 今度店員さんに聞いてみようかと思います。

ちなみに、VLCプレーヤーで最初だけ表示されたメニュー画面は、ブルーレイの場合はDVDより断然画質がきれいで、アイコンに使った写真も潰れていませんでした!(その後デザインを変更し、アイコンを2倍ぐらい大きくしたというのもありますが)。なので、それは良かったです。

ブルーレイ版は販売はしませんが、自分用と、あとは映画の協力者でブルーレイの再生環境を持っている人にはブルーレイで贈呈したいと思い、作っています。だって、せっかく元はハイビジョンの映像なのですから、高解像度で残したいと思って。

そんな一日でした!

|

« [jp] DVDメニュー画面 | トップページ | [jp] DLの実力は? »

新作制作状況」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« [jp] DVDメニュー画面 | トップページ | [jp] DLの実力は? »