« [jp] 2mmの差 | トップページ | [jp] 文字というより記号? »

[jp] かなりのハードスケジュール

昨夜は毎週恒例の73号棟住民の会ミーティングに参加しました。9月13日の証人尋問を控え、裁判はいよいよ大詰めです。

弁護団との会議、証人尋問のリハーサル、意見書を書いてくれる大学の先生の訪問etc、この7~9月にかけて、住民の皆さんのスケジュールはびっしりと埋まっています。一覧表にしてスケジュールが配られているのですが、3日に2回は裁判関連の何かしらの用事があるのです! すごいときには、1日に3回の会合も入っています!(弁護団会議、建築家会議(だったかな?)、証人尋問リハーサルの各2時間X3!)

連日の外出による疲れか、70歳の吉津さんは夏バテをしてしまったそうですし、考えてみたら私より50歳ほど年上(!)の人たちも、会議に出かけ、膨大な資料を読み込んだりしています。URは一方的に契約を解除し、家賃を受け取らないため、住民の皆さんは毎月九段下にある法務局まで家賃を供託に行きます。忙しい中では、家賃を納めに行くのも大変です。(契約が切れる前までは銀行からの自動引き落としでした)。

裁判をたたかうというのは、精神的な負担だけでなく、金銭的にも、体力的にも相当にハードなのだ、と改めて感じます。(84歳の中川さんは、大学の先生が書いた37ページに及ぶ意見書を全て読み、分からないところに線を引き、疲れて目が腫れてしまったとか!)

私は映画作りを通してこの問題に関わったので、この裁判の行方を見守っているともいえますが、それだけではなく、私自身もこういう仕事をしていれば、将来裁判とは無縁とはいえませんので、自分にとっての勉強の機会でもあるのです。特に、弁護団の先生方と住民の人たちが、初めにずいぶん考え方の差があり、距離があり、温度差があり…だったのが、裁判が進むにつれお互いの立場を理解し、共通の目的のために距離を縮めていく過程など、勉強になることが沢山あります。

そんな訳で、予定びっしりの住民の皆さんに、私は山形の映画祭の東京巡回上映(ドキュメンタリー・ドリーム・ショー)に観に来てくださいとは、昨夜は言う事が出来ませんでした(上映の日自体も、住民の皆さんは予定が入っているというのもあるし)。本当は、映画館という音響も画質も良い場所で、映画を観てもらいたいな~と思っていたのですが、でもやはり裁判に集中してほしいので、残念ですが私一人で上映に参加しようと思います。

ドキュメンタリー・ドリーム・ショーの「さようならUR」上映は8月26日(日)15時~と、9月14日(金)12時半~の2回。来られる方は是非いらしてくださいね!

|

« [jp] 2mmの差 | トップページ | [jp] 文字というより記号? »

新作制作状況」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« [jp] 2mmの差 | トップページ | [jp] 文字というより記号? »