« [jp] 「プータロー」の正確な意味? | トップページ | [jp] 赤旗「ゆうPRESS」へインタビュー掲載 »

[jp] 合う映像探しに難航

9月28日は、第4回目の「女たちの一票一揆」集会に、再び撮影スタッフとして参加しました。今回の集会は、福島原発被災避難者からの要望報告を中心に、後半はそう遠くない総選挙に向け、反原発を実現するための選挙対策が話し合われました。

約3時間に及んだ今回の集会で、私が一番印象に残ったのは、原発いらない福島の女たち・鈴木絹江さんによる「女風呂のすすめ」の朗読でした。鈴木さん自身が書かれた詩だそうです。

私はこの詩の朗読を、集会のダイジェスト映像とは別に編集したいと考えました。しかし、詩の持つあたたかでしなやかな雰囲気は、集会の会場である殺風景な参議院議員会館の風景とは合わないように感じました。

女風呂のわいわい、ガヤガヤした雰囲気を伝えるにはどんな映像を使えば良いか? 実際に銭湯の女風呂を撮影させてもらうというのはかなりハードルが高いと思いますし、実際に市内の銭湯を調べもしましたが、銭湯自体どんどん潰れていっているということが分かりました。(23区内は、家賃を少しでも安くするために、今でも風呂ナシアパート物件は結構あると思いますが、23区外で風呂ナシアパートは、なかなか需要もないと思います)

アヒルのビニールのオモチャでも買って、桶(木製の桶が望ましい)に浮かべるとか・・・も考えましたが、撮影後にオモチャと桶無駄になってしまうので、断念。さて、どうするか・・・

結局、お風呂や水とは関係ありませんが、以前友達の家のホームパーティーでお邪魔した時に灯されていたキャンドルの映像を使うことにしました。暖かみ、ぬくもりみたいなイメージは伝わるかな、と。

キャンドルの映像を探してみると、見つかりましたが1分弱ほどしか静止で撮影していません。朗読は3分ほどあるので、手抜きではありますが、同じ映像を数回繰り返してビデオの中で使うことにしました。

どこでどんな風に使うか分からないですから、今後何かいいな~と思う風景やちょっとした小物などがあったら、できるだけ長めに、カメラをぶれさせずにきれいに撮っておくことが必要だと思いました。

「女風呂のすすめ」映像はこちらです。是非ご覧ください。(約3分)

また、集会全体のダイジェスト映像はこちらです。福島原発被災避難者の要望報告のみ抜粋してまとめました。こちらは約57分。

|

« [jp] 「プータロー」の正確な意味? | トップページ | [jp] 赤旗「ゆうPRESS」へインタビュー掲載 »

新作制作状況」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« [jp] 「プータロー」の正確な意味? | トップページ | [jp] 赤旗「ゆうPRESS」へインタビュー掲載 »