« [jp] 「Brian 1949-2011」(日本語字幕付版)公開! | トップページ | [jp] 超!短期滞在 »

[jp] すごい偶然で!

現在、絶賛(?!)発売中の「さようならUR」DVDですが、先日、DVDで初めて映画をご覧になった方から、感想のメールをいただきました。映画・特典映像共に見ていただいて、詳しい感想が書かれてあり、とてもうれしかったのですが、メールには写真が1枚添付されていました。

添付されていた写真はこちら
F1002328

えぇっ・・・ この写真は・・・?

メールでは、この写真についての説明が一切ありませんでした。写真に写っているロシア人形、実は私は全く同じものを持っていて、携帯電話のケースとして使っているのです。

私の携帯電話ケース
01

私は説明の書かれていない写真を見て、相当混乱してしまいました。その方は、伊藤芳保さんという方で、本業の傍ら、日本各地を飛び回って様々なジャンルの写真を撮っている人です。(伊藤さんの写真の一部はこちらのHPで見ることができます)。私は経産省前テントひろばで、初めてお会いしました。

経産省前のテントで、私の携帯電話ケースの写真を撮ってもらったことなどあったかしら・・・? そもそも携帯電話のケースを他人に見せて自慢して、写真まで撮ってもらうシチュエーション自体が想像しにくいことですし、もちろんそんな記憶もありません。

だとしたら、この写真は伊藤さんの携帯電話ケースなのか・・・? そうだとしても、なぜ私の携帯ケースと同じだと知っているのか・・・? 

一体どういうこと?!と相当混乱して、メールで聞いてみました。

すると、お返事には:

あのロシア人形は娘のもので、大きさは30センチあり、中には膝掛けが収納されています。畦地さんのインタビュー(特典映像)でテーブルの上にあるのを発見! また、早川さんが自宅からURに電話する場面でも、机の上にありましたね! 寡黙な栗原さんは、栃木か茨城出身の方かな?(方言が出てました)  吉津さんは群馬出身かな? 冷やし中華を作るシーンは、何度見ても笑えますね 絶妙です。 村井さん宅に大平さんを呼ぶシーンも凄いです。内容は違いますが、「ゆきゆきて、神軍」のワンシーンを思い出しました。 住民の皆さんが、心を開いて話してくれたのも、早川さんとの信頼関係の賜物ですね。

と書いてあったのです! メールと共に、ひざ掛けを広げた状態の写真も添付されていました。
F1002330

なるほど、私の映画に携帯電話ケースが映りこんでいたわけですね!! 確かにURに電話をするシーンでは、私の部屋(正確には姉の部屋)が登場するわけですが、あのシーンでは”散らかっている部屋”という印象しか、ほとんどの人には残らないと思います。私自身、携帯電話ケースが映っていたかどうかは覚えていないのです。良く見つけたなぁ!と感心。

そう考えると、果たして映画の中ではどんな風に出ているのか気になって、本編から探して見ました。

・・・すると、ありました! 携帯電話のケース! でも、うつぶせになった状態です。これで分かるんだ・・・??? びっくりです。
_1

映画の感想もうれしいものでした。DVDを注文していただいた人たちから、段々と感想が届き始めているのですが、特典映像の中で、吉津さんの冷やし中華を作るシーンの人気がダントツで高いのです! それは意外なことでした。ワタシ的には、吉津さんの家に10時間以上居座って、散々取材させてもらった挙句に、本編では30秒ぐらいしか使わなかったので、せめて特典映像で取り上げないと、吉津さんがお墓に行くまで文句を言われると思って入れたのでしたが・・・!

また、UR職員を呼び出す村井さんとのやりとりについてもよく感想を頂くのですが、伊藤さんが書かれた、「ゆきゆきて、神軍」のワンシーンを思い出すと言われたのは初めてでしたhappy01 確かに、あのシーンの無茶振りは通ずるものがあるかも!

それにしても、ロシア人形でこんなにびっくりするとは思いませんでしたhappy01

|

« [jp] 「Brian 1949-2011」(日本語字幕付版)公開! | トップページ | [jp] 超!短期滞在 »

新作制作状況」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« [jp] 「Brian 1949-2011」(日本語字幕付版)公開! | トップページ | [jp] 超!短期滞在 »