« [jp] Under the radar...! | トップページ | [jp] 反原発、難しい地元事情 »

[jp] インターネットTV出演

先週の木曜日は、インターネットTVの番組にゲスト出演させていただきました。『天真爛漫系映画革命エイガ部』という、比較的最近に始まった映画番組です。『さようならUR」に登場する栗原さん(親子三人で出演している家族)が、偶然MCの方とお友達という縁で、番組で取り上げてもらいました。

事前にメールでやり取りをしていて、いくつか質問を受けました。質問は、本当に基本的なもので、例えば「この映画を作ったきっかけは?」とか、「直撃取材の情熱はどこから?」とか、「この映画を通して訴えたいことは?」などという質問でした。

同じく、これも映画監督に対する質問だったら、よく聞かれるものだと思うのですが、「好きな映画は?」、「さようならURに影響を与えた映画は?」という質問があり、実は私、この質問がとても苦手なのです・・・!

好きな映画、一番印象に残っている映画。。。自分の運命を決定付けるような映画っていったら、何だろう・・・? 

私は、生来の映画好きで幼少時代からずっと映画館に通い詰めた、みたいなエピソードはないし、観る映画を選ぶ基準、映画の見方も、普通の人(?)と変わりません。映画を観る本数に至っては、よっぽど映画好きの人に比べたら数10分の1以下であろうかと思います。

そんなわけで、この質問には、答えるたびにそのときの気分で思いついた映画をあげています。今回は、多分MCの方がミュージシャンだということが潜在意識として働いたのか、「『ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ』や『シカゴ』みたいに、過剰で、ミュージカルの要素がある映画」と答えました。そして、「あ、でもこれらが私の映画作りに影響を及ぼしているかというと、そうではないような気もします」とも付け加えておきました。

う~~~ん、これが良い回答なのかは自信が持てませんでしたし、自分を言い表しているとも思えなかったのですが、でも、好きな映画であることに違いないと。

これ!っていう映画を持っている人は、うらやましい。。。そんなモヤモヤ感を持ちつつ、番組の収録へ向かいました。

我が家の近所には大きな雪だるまが
Dsc03141

事務所兼収録スタジオでは、既に撮影の準備を始めていました。
Dsc03145

番組名をデザインした紙が貼られています。
Dsc03149

カメラテスト。写真向かって左から、MCの上村民輝さんと、江戸川チョヲイチロウさん、そしてこの番組を制作している松田プレゼンツの松田未生(みお)さん。
Dsc03157

この日まで知らなかったのですが、なんと松田プレゼンツは舞台ミュージカルの企画、公演プロデュース、撮影などを主な業務としているのだそうです!! 私が思いつき(?)で挙げた「ミュージカル系の映画が好き」というのとバッチリあって、ミュージカルコメディ集団「山下幼稚宴」のお話や、これまでのパンフ、次回の公演、これまでの作品のDVDなど、色んなお話を伺うことが出来ました!

山下幼稚宴、公演のパンフ。次回公演は、「ザ・高円寺」で開催するそうです。
Dsc03215

打ち合わせやテストの様子
Dsc03162

Dsc03174_2

大体、打ち合わせに2時間、収録が1時間みたいな感じだったと思うのですが、私にとって面白かったのは、打ち合わせ=(本来なら)具体的な進行、テーマの確認など、そういうことをするのが「打ち合わせ」の目的だと思うのですが、この時の打ち合わせは、ムード(ノリ)の確認という感じだったのです!

一応台本(?)を上村さんが書いて持って来てはくれているものの、事前に決めておくべきポイントの”ズレ”が、私には新鮮で面白かったhappy01。前フリみたいなところは熱心にリハーサルするのですが、具体的な番組の中身や質問の柱についてはスルーしたりするのですもの!

でもこれって、ある意味ミュージシャン、芸術分野の人たちのノリなのではないかな?と思いました。ライブで大事なのは、楽譜通り音を奏でるよりも、その場のバイブみたいなほうがよっぽど大事ではないですか。

そんなわけで、私は具体的な番組の進行については、2時間の打ち合わせを経てもなお良く知らされないまま、本番に挑んだのでしたhappy01

でも、実際の番組収録では映画の内容にも触れ、アドリブもあり、映画で使われる音楽の話にも及び、とても楽しかったです。私は普段オーソドックスなQ&A方式の出演しかしたことがなかったので、バラエティー番組的な感じで進められるのが新鮮でした。

収録のあとで
Dsc03185

Dsc03186

番組は編集後、2月7日(木)ネット公開の予定だそうです。公開時にはまたブログ上でお知らせしますが、どんな風に仕上がるのか、今からとても楽しみです! 

『天真爛漫系映画革命エイガ部』の皆さま、ありがとうございました!

追伸:最近の我が家のちょっとしたブーム、それは昔懐かしい「おっとっと」です。しばらく食べていませんでしたが、なんと、同じく昔ブームになった「うちのタマ知りませんか?」と同じ、発売開始30年なのだそうです! それを記念して、現在「おっとっと」と「タマ」がコラボしたバージョンが発売されているのです。
Dsc03188

「おっとっと」の中に、タマの形をしたものが紛れ込んでいるんですって。
Dsc03189

「おっとっと」は、箱の中に個袋が2つ入っているので、私と姉は一袋ずつ食べたのですが、タマ入りバージョンを初めて食べたとき、私が選んだ袋の方に「タマとと丸」が入っていました!

それをとても悔しがった姉が、この間、再び「おっとっと」を購入。なんと、今回も私の選んだ袋の方に「タマとと丸」が!!!
Dsc03142

Dsc03143

姉は3度目の挑戦をするのでしょうか・・・??!! なんか、「おっとっと」の戦略に乗せられているような・・・coldsweats01

|

« [jp] Under the radar...! | トップページ | [jp] 反原発、難しい地元事情 »

その他(日本語)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« [jp] Under the radar...! | トップページ | [jp] 反原発、難しい地元事情 »