« [jp] 名古屋でブライアンを上映します! | トップページ | [jp] 『乙女ハウス』作品詳細&豪華漫画本のご案内 »

[jp] 『乙女ハウス』出来ました~!

知る人ぞ知る、横浜に3年間実在した「乙女ハウス」。そのユニークな仕組みと可能性について、オーナーの千野さんと住民の方々に取材したインタビュー映像『乙女ハウス』がついに完成しました!

まだホームページなどの準備が整っていないので、あらすじなどをこのブログにて紹介します。プレミア上映は9月2日(月)名古屋(詳細はこちら)、完成披露上映会は9月29日(日)東京、DVDの販売も9月末頃からを予定しています。是非お楽しみに!

『乙女ハウス』内容紹介

親の介護で空き家となる自宅を生かす方法は?
それが同時に若者の貧困の解消にも繋がる!?

現代日本の住宅・貧困問題の解決に一石を投じる、
「乙女ハウス」オーナーの千野紀美子さんと住人たちのインタビュー集



<あらすじ>
横浜市郊外に佇む、淡いグリーンの一軒家。
今から約30年前に、当時独身・会社員だった千野紀美子さんが、ローンを組んで建てた住宅。

親の介護のため、自宅を空き家にせざるを得なくなったとき、千野さんはこの家を「乙女ハウス」にしようと思いついた。
空き家にすると、火災の心配がある。
住んでいなくても、固定資産税はかかる。
頑張れば家を持てた世代に、重くのしかかる「空き家」問題。

一方、低賃金・不安定な雇用で、高い家賃に苦しむ若者たち。
一日のほとんどの時間を、家賃と生活費のためだけに働く日々。
これでは貯金も出来ず、先の見通しも立てられない。

もし、家賃が月1万円程度なら、もっと自由な生き方が出来る。
自分の時間と能力を、生活のためだけに差し出さなくてもいい…

「乙女ハウス」は、空き家を住宅に困る女性たちに提供し、固定資産税分を月1万円の家賃として払う、ユニークな仕組みの家。「乙女ハウス」は、日本の住宅・貧困問題の解決に一石を投じるのか? オーナーの千野さんと住民に取材した、「乙女ハウス」始まりと終わりの記録。

監督・撮影・編集:早川由美子
2013年/日本/HDビデオ/カラー/43分

|

« [jp] 名古屋でブライアンを上映します! | トップページ | [jp] 『乙女ハウス』作品詳細&豪華漫画本のご案内 »

新作制作状況」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« [jp] 名古屋でブライアンを上映します! | トップページ | [jp] 『乙女ハウス』作品詳細&豪華漫画本のご案内 »