« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »

2015年2月

[jp] 【予告】281_Anti nukeドキュメンタリー『FOUR YEARS ON』、311直前に公開!

先日、経産省前テントひろばでプレミア上映を行い、話題となったドキュメンタリー映画『FOUR YEARS ON』、3月11日直前より、ネットで解禁します! 映画の詳細と、先日のプレミア上映の写真を以下にご紹介します。

『FOUR YEARS ON』(あれから4年)
2015年/日本/HD/20分
出演・Artworks提供:281_Anti nuke
監督・撮影・編集:早川由美子

Four_years_on_20

東日本大震災をきっかけに出現したストリート・アーティスト、281_Anti nuke。福島原発事故、放射能汚染、東京電力、日米政府などをモチーフにした絵を渋谷の街中に貼り付ける、今、最も“過激”なアーティストだ。

Four_years_on_3

Four_years_on_4

巨大なステッカーは、無関心でありたい者にも否応なくメッセージを突きつける。一体彼は何者なのか? グラフィティという“違法”な手段を、リスクを冒してまで選ぶのは何故なのか? 覆面の路上アーティストは、インタビューで自らを語る。

Four_years_on_11

Four_years_on_17

Four_years_on_19

Four_years_on_18

Four_years_on_7

彼が路上に放つメッセージは、私たちの社会の反映とも言える。東日本大震災からまもなく4年。今、私たちはどんな時代を生き、そしてどこに向かおうとしているのか......

Four_years_on_14

Four_years_on_8

Four_years_on_9

Four_years_on_1

281_Anti nuke official website:
http://281antinuke.com/

お楽しみに!!

以下は先日行われた、経産省前テントでのプレミア上映時の写真です。

この日のプレミア上映のため、経産省前テントに巨大なバナーが出現!! 

Dsc_0414_re

Dsc_0425_re

アクティビスト、園良太さんもバナー設置に協力!

Dsc_0430_re

映写のセッティング中。

Dsc_0437_re

Dsc09729

写真撮影・提供:kinopeeさん(上記写真1点)

第1回目の上映は18:30~。今回のプレミア上映企画に尽力していただいたテントひろばの乱鬼龍さんと、映写担当の藤原節男さん。ありがとうございます!!!

Dsc_0486_re

第1回目の上映開始!

Dsc_0442_re

Dsc_0446_re

Dsc09731

写真撮影・提供:kinopeeさん(上記写真1点)

経産省の建物の目の前で上映するという、反原発の映像としては最適かつ最も過激な上映会場ではないでしょうかhappy01

Dsc_0448_re

第2回目の上映は19:30頃より。

Dsc_0467_re

Dsc_0462_re

Dsc_0474_re

フリーランス・ジャーナリストの岩本太郎さんも観に来てくれましたhappy01

Dsc_0478_re

ラスト・第3回目の上映は20時半頃より。

Dsc_0489_re

Dsc_0493_re

Dsc_0496_re

Dsc_0499_re

テントスタッフの方々も、作業の合間に交代で観ていただきました。ありがとうございます!!

Dsc_0502_re

大学でドキュメンタリー映像を学んでいる学生さんも観に来てくれました! 40歳以上は年の離れている2人が、まるでお友だちかのような一枚 coldsweats01

Dsc_0504_re

この日は雨こそ降らなかったものの、2月下旬という1年で最も寒い時期の屋外上映でした。寒い中、観に来ていただいた方々、上映をさせていただいたテント関係者の皆さま、そしてステッカーの提供とバナーを貸していただいた出演アーティストの281_Anti nukeさん、どうもありがとうございました!!!

3月11日直前の公開に向けて、仕上げの準備に取り掛かりますhappy01

| | コメント (0)

[jp] 最新作『FOUR YEARS ON』、2/20(金)プレミア上映@経産省前テントひろば

東日本大震災からまもなく4年、最新作『FOUR YEARS ON』が本日完成しました! プレミア上映会を2月20日(金)夜、経産省前テントひろば(東京メトロ「霞が関駅」A12a出口すぐ)にて行います。映画は20分で、18:30頃~、19時過ぎ~、20時過ぎ~の3回程度上映する予定です。私も会場にいます! 入場無料・予約不要。是非観にいらしてください!! 映画の詳細は以下:

『FOUR YEARS ON』(あれから4年)
2015年/HD/20分
出演・Artworks提供:281_Anti nuke
撮影・編集:早川由美子

Four_years_on_20

東日本大震災をきっかけに出現したストリート・アーティスト、281_Anti nuke。福島原発事故、放射能汚染、東京電力、日本政府などをモチーフにした絵を渋谷の街中に貼り付ける、今、最も“過激”なアーティストだ。

Four_years_on_3

Four_years_on_4

巨大なステッカーは、無関心でありたい者にも否応なくメッセージを突きつける。一体彼は何者なのか? グラフィティという“違法”な手段を、リスクを冒してまで選ぶのは何故なのか? 覆面の路上アーティストは、インタビューで自らを語る。

Four_years_on_11

Four_years_on_17

Four_years_on_19_2

Four_years_on_18_3

Four_years_on_7

彼が路上に放つメッセージは、私たちの社会の反映とも言える。東日本大震災からまもなく4年。今、私たちはどんな時代を生き、そしてどこに向かおうとしているのか......

Four_years_on_14_2

Four_years_on_8

Four_years_on_9

Four_years_on_1

281_Anti nuke official website:
http://281antinuke.com/

| | コメント (2)

[jp] 3月12日(木)、『木田さんと原発、そして日本』スイスで上映!

3月12日(木)17:30~、『木田さんと原発、そして日本』が、スイス・チューリッヒで上映されます。原発を特集した映画祭での上映です。

今回の上映のため、映画祭代表のBeatrice Jäggiさんが、映画全編をドイツ語に翻訳してくれました! よって、3月12日はドイツ語字幕付バージョンで上映されます。(※英語字幕はついていません)

数日間にわたって開催される映画祭のプログラムを送っていただきましたので、以下に貼り付けます。

プログラム表面(画像をクリックすると拡大します)
Halbwertszeit2015_programm_01_small

プログラム裏面(画像をクリックすると拡大します)
Halbwertszeit2015_programm_02_small

もしスイスにお住まいのお友だち・お知り合いがいる方は、ぜひ上映についてお知らせいただければうれしいです!

また、今後は、ドイツ語字幕付きバージョンでの上映も可能になりましたので、ドイツ語圏で上映に関心のありそうな方がいらっしゃれば、是非ご紹介くださいませ。

原発の問題を扱ってはいるけれども、基本的には(福島の原発事故をきっかけに表面化した)日本社会のあり方、夫婦や家族の関係を問うことがメインテーマとなっているこの映画が、違う国でも共感を持って受け入れられているのはうれしく思います。

| | コメント (0)

[jp] 本日!(2月8日)シェアハウスがテーマのラジオに出演します!

直前(当日!)のお知らせで失礼します^^;!

本日(2月8日)18:00~19:00、白濱優子さんがパーソナリティーを務める、シェアハウスをテーマにしたラジオ番組に出演します。

こちらのサイトから聴けるそうです。お時間のある方はぜひお聴きくださいね~

| | コメント (0)

[jp] 3月7日(土)東久留米市で住まいを考える講座と『乙女ハウス』上映

3月7日(土)、東久留米市男女平等推進センター主催で、住まいのあり方を考える講座と『乙女ハウス』上映&トークがあります。

以下は、東久留米市男女平等推進センターの案内文です。入場無料ですが、定員24名の事前予約制です。市外にお住まいの方も、どなたでも参加可能。ぜひご来場ください♪

==================

東久留米市男女平等推進センター主催
講座と映画上映「『住まいのカタチ』から暮らし方を考える」

少子高齢化社会を迎える中、家族、仕事のあり方が変化し、ライフスタイルが多様化しています。

「住まいのカタチ」を考えることから、快適で心豊かな暮らし方へのヒン トを探ります。

(1)講座「コレクティブハウスという住まい方」

人と人との新しいかかわり方をつくりながら、より自由に、楽しく安心安全に住み続ける暮らし方についてお話しを伺います。

【日時】3月7日(土)午後1時30分~午後3時

【講師】宮前 眞理子氏
(NPOコレクティブハウジング社 共同代表理事)

(2)映画上映と監督対談「『乙女ハウス』が投げかける、これからの住まいのカタチ」

【上映作品『乙女ハウス』】

今から約30年前に、当時独身・会社員だった一人の女性が、ローンを組んで建てた住宅。親の介護のため、自宅を空き家にせざるを得なくなったとき、彼女はこの家を、住宅に困る女性たちに提供し、固定資産税分を月1万円の家賃として払う、「乙女ハウス」にすることにした。オーナーと住民に取材した、「乙女ハウス」の記録(2013年/43分)。

【日時】3月7日(土)午後3時30分~午後5時30分

【講師】早川 由美子さん(映画監督)、千野 紀美子さん(「乙女ハウス」オーナー)

(1)、(2)とも

【会場】東久留米市男女平等推進センター 会議室
(東久留米市本町3-9-1-102)
【定員】24名(先着、要予約)
【参加費】無料
【申込み】2月16日(月)~3月4日(水)

*2歳~未就学児の保育あり(定員5名)。
2月16日(月)から2月26日(木)に要予約。

申込み・問合せは、電話(042-472-0061)または直接、センターヘ(火曜日休館)。

| | コメント (0)

« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »